未来へのバトンタッチ

主にポケモンの記事を書いていこうかと思います

【シンプルシンフォニー】3Z不完全交響曲【最高1816】

おはこんこん、皆さんお疲れ様でした!
早速ですがパーティ紹介へ↓↓



〈使用構築〉



〈コンセプト〉
⚪︎毒を絡めて受けから攻めの切り返し(目標はなごしパ)
⚪︎ギミックに負けない



〈個体紹介〉

チラチーノ

持ち物:きあいのタスキ
特性:スキルリンク
性格:陽気
配分:151(4)-147(252)-80(0)-×-80(0)-138(252)
技:スイープビンタ / 叩き落とす / 電磁波 / アンコール

場を荒らすことで崩しの補佐、電磁波+アンコールでの起点回避、襷+電磁波での切り返し、削りなど多くの役割をこなす。

ブシンがいない対面構築や受けよりの相手、相手のエース(オノノクスなど)を誤魔化さないといけないときによく出すので活躍してくれた。

久しぶりにスイピンを使ったが思っていたよりダメージが出て驚いたが、命中85%はさすがだと感じた。




トルネロス

持ち物:ヒコウZ
特性:再生力
性格:臆病
配分:169(116)-108(0)-101(4)-152(172)-111(4)-184(212)
技:暴風 / 蜻蛉 / 毒々 / 身代わり
HD…眼鏡ニンフのハイボ ~102%
C…余り
S…最速115族抜き

受け攻めの基点、特性と蜻蛉よるサイクル性能、初手身代わりでの有利展開、ヒコウZでの処理性能などパーティの軸となるポケモン

初手身代わりの安定感がすごく、出てきやすいジャロへの安定行動となり、引かれても身代わりを盾に毒を入れて蜻蛉で逃げる動きがとても強かった。

後述の火炎玉ミロカロスを後投げする際に毒を回避するための中継役としても機能した。




カビゴン

持ち物:フィラのみ
特性:食いしん坊
性格:慎重
配分:254(148)-133(20)-117(252)-×-155(84)-51(4)
技:すてみタックル / 鈍い/ 欠伸 / リサイクル
よくある意地個体の調整を慎重で使っただけ
HD…臆病ジュモクの+1デンキZ ~99%

クッション、流し、詰め、削りなど役割が多いかつ安定感あるMVP枠。

数値があり弱点が少ないのが偉大でこのパーティの数少ない命中安定ポケなので1番信用していた。

例え毒を貰っても捨て身でHP調整しながら欠伸連打で退場することができ、裏で展開する動きに切り返すことができるのが偉かった。
欠伸での流しは特にテクスチャーZポリゴンZに対して機能したがラムのみオノノクスがストレスだったので一考の余地がある。




ミロカロス

持ち物:火炎玉
特性:不思議な鱗
性格:ずぶとい
配分:201(244)-×-144(252)-120(0)-147(12)-101(0)
技:熱湯 / 毒々/ 黒い霧 / 自己再生
毒が効かない受け、詰ませ性能、対バトンなど。

このルールではイーブイバトンを割り切るのは賢くないと考え、黒い霧を覚えた中で1番使えそうだと考え採用。

火傷のダメは毒が効かないと考えれば然程気にならなかったが、叩かれるとブシンに勝てなくなる(叩かれてなくても火炎玉ブシンだと突破できない)のとHP管理が大切であった。

また自覚がありえないほどなく、焼いてほしい相手には1割ほどしか焼かないくせに毒を入れたい相手には8割は焼いてたので毎回お前ならできると語りかけてた。結局直してくれなかった。悲しい。。




デンジュモク

持ち物:デンキZ
特性:ビーストブースト
性格:控えめ
配分:159(4)-×-93(12)-238(188)-105(108)-128(196)
技:10万ボルト / エナジーボール / 蛍火 / エレキフィールド
HD…控えめポリZのさわぐ ~99%
C…余り
S…+1で最速120族抜き

崩し枠として他に龍舞ZオノノクスポリゴンZ、草笛爪研ぎジュカインなどが候補だが、低速相手を考えると1舞でのパワーが他より1つ抜けているジュモクを採用した。

エレキフィールドがあることによってデンキZの使い分けで対応範囲をあげることができ、また瞑想ピクシー相手にも勝つことができるのが偉かった。





ギギギアル

持ち物:ノーマルZ
特性:クリアボディ
性格:意地っ張り
配分:163(220)-167(252)-136(4)-×-106(4)-114(28)
技:ギアソーサー / ギアチェンジ / 身代わり / 毒々→ギガインパクト
H…余り
A…火力が足りないので振り切り
S…+2で準速オノノクス抜き

対ゴーリ軸、対毒びしなど。意外とジュモクよりもこいつで崩したい相手もいたため第二の崩し枠として活躍した。

また、こいつをジュモクで見ている相手に対してギガインパクトで飛ばして詰ませれる場面が多い感じたためサブロムでは毒から変更した。

こいつのおかげでゴーリを一度も出されることはなくストレスを感じることがなかったが、その分こちら視点からするとそれでもゴーリが重いため選出せざるを得なく、きつい対戦が強いられた。





〈選出〉
相手に合わせて組み替える。攻撃2+受け1が多め。
トルネロス+カビゴン+ミロカロスがすんなり選出できるのが1番強く勝率も高い。




〈結果〉

本ロム
最高1816(29勝4敗) 最終1740
残り6戦あったがノーマル統一にギアソーサー3連外しからの勝ち確回線切れ×2が続いたので萎えて解除した( ´△`) 今考えると絶対最後までやるべきだった…

サブロム
最高1746 最終170*
残り8戦あったが萎えたので寝た。スヤッスヤだった



〈反省会〉
⚪︎命中不安が多い!
1番の反省点なので次のルールは命中安定を徹底する

⚪︎電気の一環!!
適当にボルチェン+ブシン投げされるだけで終わる
このルールは電気タイプが強いということに確信を持てたのが大会が始まってからだったので考察不足

⚪︎そもそも欠陥構築!!!
これが全て




悔しいので敗北の味を噛み締めて次のインターネット大会はさらに考察に励みます!
ここまで読んでいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )
何かあれば連絡ください