未来へのバトンタッチ

何者でもなかった自分を、何者かにしてくれるブログ。ポケモン関連。

【S31最終8位】CrossFireバドレックス♪【剣盾シングル】

シグマです。

今回は密かに企んでいた白バドと共に最終1桁という目標をなんとか達成することができました!

 

f:id:shigumaaa:20220701153256p:image

f:id:shigumaaa:20220702090951j:image

(最終的に使用した白バドのS0個体)


構築経緯

詳細は省くがポケ徹にハリーセンの育成論を投稿する事になった&このルールも折り返しを迎えてそろそろ白バドを使いたいなと考えていたので白バド+ハリーセンホワイトハリセーンの並びからスタート。完全に言いたいだけ。育成論はこちら

 

これまでにいくつもの白バドの形を考えてきたが、個人的には初手ダイマ+後発f:id:shigumaaa:20220701182654j:imagef:id:shigumaaa:20220701182657j:imageミミッキュ白バドが一番強い形だと確信していたのでそれを目指す事にした。この形の強みとして、

・白バド自身は当然ダイマしても強いがダイマに依存せず初速から高火力で殴ることが強みであり、抜群をつけないとダイマ相手には勝てないことがあるが、初手のダイマで相手にダイマを切らせるとミミッキュで容易に枯らした後に通すことができる。

・トリル化の3ターンで倒しきるのが理想であるが、相手が3体いる状態で一度でも一撃で倒せないとトリルターンがその時点で枯れてしまうため、ミミ白バドの形にするなら残数を減らすことを最優先したい。

ステルスロックが抜群なのでサイクル戦をしかけても途中で消耗してしまい耐久を生かしきれない。特に今期はどの並びにもラッキーがいたため撒かれる頻度が高い環境だった。また、トリル化ではないと基本的に下から殴るので追加効果を引きやすい。

ここで、もう一体の禁止伝説を決める際に欲しい要素として

ダイマを切ってこないザシアンやウーラオスにHPを半分程度残して勝てる、ダイマ込みでサンダーや霊獣ランドロスに強い。ガオガエンポリゴン2ナットレイヌケニンに強いと尚良い。

・ダイジェットができる。またダイマが切れても相手にダイマックスを強制させるだけの高火力を放てる。

・白バドを通すことが厳しい日食ネクロズマ軸相手に強く戦える。

これらが求められる。ホウオウ→カイオーガパルキアディアルガ→と試して最終的にf:id:shigumaaa:20220701182751j:imageレシラムが一番使用感が良かったため使用した。

(6月下旬に行われた金字塔オフでは決勝トーナメントがBO3ということで物理レシラムが最大限に活かされないと判断してディアルガを使用。)

 

初手のレシラムでは霊獣ランドロスカバルドンが嫌なので、それらを見ても臆せずに選出できてザシアンやウーラオスにも強いポケモンとしてf:id:shigumaaa:20220701182756j:imageサンダーを採用した。

「禁止伝説サンダー+ミミ白バド+ザシアンに仕事できそうな起点作成ハリーセン+補完」の形をシーズン通して試行錯誤していて実際にオフでも準優勝という結果を得ることができたりハリーセンを選出した試合の勝率がだいぶ高かったりと順調だったが、ハリーセンが最も出せるホウオウサイクルに対してホウオウが身代わりを持っていた際に択次第では普通に負けることや日ネクやイベルタルが増えてきたことにより、吹き飛ばしを使えて同様の活躍を見込めるカバルドンの方がよくね?と気づいてしまったので、中旬から最終日前日まで使用しており軸の一角であったハリーセンを泣く泣くf:id:shigumaaa:20220701182759j:imageカバルドンに変更。

最後一枠はミミ白バドが通せない相手に別の対面的な選出を組み込めつつ日ネクや一貫している黒バドに動きやすいf:id:shigumaaa:20220701182754j:image悪ウーラオスを採用して完成した。

 

f:id:shigumaaa:20220701182657j:imagef:id:shigumaaa:20220701182751j:imagef:id:shigumaaa:20220701182654j:imagef:id:shigumaaa:20220701182756j:imagef:id:shigumaaa:20220701182759j:imagef:id:shigumaaa:20220701182754j:image

 

単体解説

白バドレックス

f:id:shigumaaa:20220701092353j:image

性 格:勇敢
特 性:人馬一体
実数値:207(252)-238(252+)-171(4)-*-150-49
持ち物:達人の帯
技構成:ブリザードランス / 十万馬力 / 身代わり / トリックルーム

〈調整〉

A…+1馬力、ダイアース、ブリラン+馬力でH252B4ザシアンをそれぞれ確定

 ダイアイスでB4イベルタルを13/16

 ダイアース+珠ダメでダイマエースバーンを確定

HB…陽気エースバーンの珠火炎ボールを確定耐え

  無振りナットレイのジャイロを身代わりが15/16耐え(S実数値51だと10/16耐えまで落ちてしまう)

HD…臆病黒バドレックスのアストラルビットを5/16耐え

S…最遅ラッキーと同速、トリル化で最遅に確定負けなの嫌なので同速以上の勝負にした方がいいと最終日に変更

※オフ含めて最終日の夕方まではS2個体を使用

白い馬。

盤面さえ作れば日食ネクロズマ入り以外の全てに構築に通すことができる。このポケモンを通すためには「トリルしてからの着地方」と「トリル化での殴り方」の2点である。着地の問題は後述のミミッキュを信用していたため特に問題はなかったが、殴り方に関しては択や殴る回数を減らすべく他のポケモンで残数を減らしたり呪いで起点を作ったりすることを構築段階で意識した。これに関してはトリル残り1ターンでザシアンの前で十万馬力で縛れる状況を作るとザシアン以外の前でトリルを再展開できる、ダイアースで耐久を底上げして黒バドの前でトリルを再展開する等、練度の問題でもあると感じた。

またこのポケモン「身代わり」が予想を遥か上回るほど強力であった。簡単に説明すると、

・相手がトリルを枯らす策としては氷半減↔︎地面半減で受けるかダイウォールを屈指するかのどちらかだが、そのどちらにも対応できる見えづらい安定択として機能する。特にザシアン対面で地面技を透かす際に一度身代わりを張れてしまうと身代わり状態のまま縛りの継続ができるため、トリルターンが終わっても再展開できる。

・基本的にミミッキュの呪い切りから展開するため、それに合わせて立ち回りの幅が広がる。

・低速の欠伸、甘える、宿木の種等の状態異常を透かせる。

等この技無しでは考えられないほど打つ場面があり、ここ最近では一番強い技を見つけ出せた自信がある(正直性能だけならラスカゼルネ以上)。ステロの削りもそうだが、この戦い方だと上から縛るorザシアンや黒バドを始めとした禁伝に上からワンパンされることが殆どなので、身代わり分のダメージはそこまで気にならなかった。草技はカイオーガや水ウーラオスくらいにしか無くて困る相手はいないので優先度は落ちると感じた。

持ち物に関して、白バドは等倍高耐久相手にはまだ絶妙に火力が足りないためずっと溶けない氷を使用していたが、A+1白バドとラス一ザシアンが対面して無限に落としきれない(62.5%)のがこの構築の唯一のストレス要素だったので最終日深夜に達人の帯に変更した。当然ブリザードランスの方が打つことが多いためどちらを重視するべきが悩んだが、ザシアンを確定で落とるという事実が立ち回りの安定に繋がった、はず。他の有力候補としてあるのがリリバの実だが、守りの持ち物は構築の穴埋めとなり攻めの持ち物はシーズン通して勝率を上げるものだと認識しており、今回は上から殴り続ける戦術なのでその勝率を上げる性能をより引き出せる火力upアイテムを評価していた。

 

レシラム

f:id:shigumaaa:20220701092425j:image

性 格:意地っ張り
特 性:ターボブレイズ
実数値:185(76)-184(220+)-121(4)-*-141(4)-136(204)
持ち物:命の珠
技構成:フレアドライブ / 逆鱗 / ダブルウィング / 龍の舞

〈調整〉

A…ダイジェット+ダイバーンで図太いラッキーに329~389
  ダイドラグーンでB4カイオーガを14/16
  ダイドラグーンでB4レシラムに312~(メタモン確定)

HB…意地ザシアンの+1じゃれつくを確定耐え

HD…控えめサンダーの珠ダイジェット2回+珠ダメ2回をほぼ耐え(~372)

S…90族や遅いゼルネ抜けてたら嬉しいくらい

ミミ白バドを通す際のメインエース。ダイジェットは縛れている相手や余裕がある時にするくらいで基本的には目の前に通る一致技を押して倒し切ったり相手に渋々切らせる状況にして残数を減らすことが第一目標である。それだけでなく、ダイマメインで初手に投げても裏の白バドにダイマ権を残すことができるため、盤面次第では持ち前の耐性を活かしてローリスクハイリターンの龍の舞を押せる点もこのポケモンの、この構築の強みである。サンダーと並べることでバンギラスやラッキーの被選出率が高い点でも物理型は強力だった。

中速+構築にトリルを採用しているため、トリル化でタイプ一致技を押しつつトリル最終ターンにダイジェットを押す動きが頭にあるだけで試合プランを立てやすくなるため覚えておきたい。

初手ダイマエースだけに止まらず、ミミ白バドを使う上で通せない日ネク系統には積みエースとして強く動けたので、白バドの弱点である対日ネクの勝率の低さを克服することができた。

 

ミミッキュ
f:id:shigumaaa:20220701092447j:image

性 格:図太い
特 性:化けの皮
実数値:161(244)-*-145(252+)-*-127(12)-104
持ち物:ジャポの実
技構成:身代わり / トリックルーム / 呪い / 痛み分け

〈調整〉

H…ステロ+皮ダメ+身代わり3回で残りHP1
HB…陽気ランドの珠ダイジェット+皮ダメを8/16耐え
  陽気エスバの珠キョダイカキュウを15/16耐え、意地だと7/16耐え
  タイプ一致イカサマを身代わりが確定耐え
HD…控えめレシラムの140ダイバーンを15/16耐え
  トレースポリ2の無振り冷ビを身代わりが15/16耐え
S…個体値6~7,無振り85族抜かれ

※A0且つそれっぽいSのレイド産色違いがいたため使用

白バドの最高の相方。このポケモン無しで白バドは考えられない。

動かし方は2番目に投げて身代わり→身代わり→トリックルーム→呪いで自主退場して白バドに3ターン残して繋ぐのが基本的な動きである。この3つの技は確定であり、S24ではシャドークローを使っていたが、結局目の前を安直に殴って透かされることを考えると白バドに繋ぐ方が安定するため無くても本当に問題が無さそうだったため痛み分けに変更。これにより、従来の呪い型のように誘うラッキーやポリゴン2等の耐久ポケモンの前で好き放題荒らすことができ、頃合いを見てから白バドに繋ぐことができるため、この技一つのお陰で出来ることが広がった。

ジャポの実はジャポダメ+呪い一回+帯ではない十万馬力でB4ザシアンに200~と処理が美しすぎるだけでなく、初手レシラムでダイマを切るのが拒まれる地面タイプ相手に素引きすることで襷を削りつつ展開できたりと役に立った(この動きは意外とやったため立ち回り欄に記述)

 

サンダー

f:id:shigumaaa:20220701092556j:image

性 格:臆病
特 性:静電気
実数値:165-*-106(4)-177(252)-110-167(252+)
持ち物:鋭い嘴
技構成:ライジングボルト / 暴風 / 熱風 / 身代わり

〈調整〉

S…霊獣ランドロス意識で最速

採用理由としてランドとカバルドンを最重視していたため臆病で採用しオフまではラムの実を持たせていたが、身代わりを屈指すれば何とかなりそうだと感じたのとランドとのダイマの打ち合いやオボンカバ相手に火力が足りなかったので鋭い嘴に変更した。初手ダイマ以外の幅が狭く、レシラムが地面タイプと対面してもミミッキュに引く動きを取り入れるようになったのもあり選出率は低かったが、終盤イベルタルが爆増したため選出した際には活躍していた。

 

カバルドン
f:id:shigumaaa:20220701092559j:image

性 格:腕白
特 性:砂起こし
実数値:215(252)-*-167(108+)-*-111(148)-67
持ち物:メンタルハーブ
技構成:地震 / 欠伸 / ステルスロック / 吹き飛ばし

〈調整〉

HD…控えめサンダーの珠ダイジェットを確定耐え

ハリーセンの意思を引き継ぎし者。当然だが行動保障と起点回避力が段違いだったし、やれることが多いだけで強みだった。

持ち物に関して、環境にラッキーやルギアの増加に伴い挑発の需要が高くなったのに加えてイベルタルが爆増したので、メンタルハーブを持たせたがこれが大正解だった。イベルタルやオーロンゲ始め黒バドやガオガエン意識しづらい挑発を防いだだけでなく、イベルダイナ×ヌケニンゴチルゼルに対してゴチルにキャッチされても一度までなら吹き飛ばしで無効化できるため、怯えることなく選出できた点でも生きた。

ホウオウ以外のザシアン入りには投げないこともあり、オボンの実ではないせいで窮屈だと感じることは少なかった。

 

一撃ウーラオス
f:id:shigumaaa:20220701092554j:image

性 格:意地っ張り
特 性:不可視の拳
実数値:175-200(252+)-121(4)-*-80-149(252)
持ち物:気合いの襷
技構成:暗黒強打 / インファイト / 不意打ち / ストーンエッジ

補完対面枠。

日ネクやホウオウ絡みに投げるだけでなく、白バドとウーラオス共に刺さっている相手には初手ウーラ裏ミミ白バドみたいなダイマを残せる選出をすることもあった。白バドが溶けない氷ではなく帯に変更したと共にホウオウを重くみてカウンターからストーンエッジに変更した。

 

基本選出

・対ザシアン系統全般(オーガ黒バドイベル)

初手f:id:shigumaaa:20220701171144j:imageorf:id:shigumaaa:20220701171201j:image後発f:id:shigumaaa:20220701171215j:imagef:id:shigumaaa:20220701171217j:image

※体感選出率はレシラム:サンダー=8:2

プラン①…初手ダイマで一体持っていきつつ相手にダイマを切らせてミミ白バドで切り返す。

正規ルート。ここまで触れた通り、残数を減らしてテンプレ通りにミミッキュを動かして白バドの身代わりを効果的に活かすかが全てである。対面の動きだが意外とやれることが多いため、最初は初手ダイマで動かし方を慣れると良い。

プラン②…初手地面タイプにダイマを切りたくない場合にミミに引いてトリルを展開して白バドを非ダイマで動かして暴れた後にダイマレシラムを通す。

オフ以降練度が高まってきた際に確立してきた動き。白バドの段階では相手がまだ消耗しきっていないため通すことはほぼ無理だが、非ダイマの削り・荒らし性能は尋常ではないためそこからレシラムのダイジェットの起点にすることを目標にする。

 

 

・対ホウオウザシアン、日ネク全般

初手f:id:shigumaaa:20220701172033j:image後発f:id:shigumaaa:20220701171144j:image@1(サンダー以外)

この手の並びはカバルドン対策を抜群打点ではなく挑発や定数ダメージでしてくることが多かったため、メンタルハーブが生きて安定した起点作りを行うことができる。メタモンがいるだけで選出が歪んでしまうがなんとかなった。

 

・対ムゲンダイナイベルタル

初手f:id:shigumaaa:20220701172033j:image後発f:id:shigumaaa:20220701171215j:imagef:id:shigumaaa:20220701171217j:image

この手の並びはヌケニンメタモン以外で氷の一貫が切れてないことが殆どなので、白バドを通すことだけを考えていた(レシラムではイベルタルに勝てないため)。構築段階でできる限りヌケニンを呼ばないように全力を尽くしたが普通に出されていたので、初手珠ダイアークで飛ばされた後裏にヌケニンがいるだけで即降参の流れが3回はあった。

 

主にこれくらいだが、選出幅は見た目以上にあったので、そのうち追記予定。

 

基本選出をしていれば問題ないが、最終日動画を見てもらえるとわかりやすいはず。

https://youtu.be/duHvdJt4ITU

 

結果

TN バルバドス 最終8位最終レート2061

TN cross*fire     最終3桁

f:id:shigumaaa:20220701174344j:image

f:id:shigumaaa:20220701174432j:image

 

 

 

S15で初めて白バドを使っていた際、魅力的な性能に惹かれつつも最後溶かして終わってしまい、これまで中々日の目を浴びることがなかったこともあり今期か或いはこのルールが終わるまでには1桁に立たせてあげたいと臨んで今月は取り組んでいました。

過程で見るとずっと最前線で戦えていたわけではありませんでしたが、最後の最後で上振れて1桁に滑り込むことができました。S15、S24と逃し続けてきましたが、今回でようやく自分の手で初の1桁を与えてあげることができました!白バドおめでとう、そしてありがとう。

あとレシラムも期待以上に活躍してくれました。白バド×レシラムのホワイトコンビは自分も気に入っており、カッコいいと褒めてもらえて嬉しいね。

 

あと、氷×炎ということでcross*fireで潜っていました。イナイレの必殺技は少年心を擽る要素が多くていいですよね〜

それはそうと(確定演出)、9月にクロスファイアと呼ばれる7世代×8世代の2人ペアのオフが開催されます。僕も運営として参加するので興味がある方は是非一読してみてください!!こっちのロムで結果残したらよかったけど仕方なし。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました(о´∀`о)

何か質問等ありましたら@zenchino115 まで!

 

-special thanks-

・バドレックスや色ハリーセンを初め毎回個体を貸してくれるきりまさん

・リプしてくれる皆