未来へのバトンタッチ

主にポケモンのシングルバトルやインターネット大会の構築記事を書いていきます。

【環境メタ】アッキの実オンバーン【剣盾シングル】

使用感がとてもよく環境メタとしてうまく機能していた自慢のオンバーン

DLCで環境が変わっても生きていけるスペックを持っていると思っていたので構築が無い時用に最終兵器として残しておこうと考えていたが、公開することにした。

夢御三家解禁から今日まで100戦ほどして選出率8割程度で50~300位うろうろ、レートは1900にギリ届かないくらい。

 

〈個体詳細〉

f:id:shigumaaa:20200616231236j:image

性 格:ずぶとい

特 性:おみとおし

実数値:191(244)-*-143(236)-117-100-147(28)

持ち物:アッキのみ

技構成:エアスラッシュ / 怒りの前歯 / 挑発 / 羽休め

 

[HB]

陽気夢エースバーンの珠ダイジェット59~70%
陽気夢エースバーンのA1↑ダイジェット67~80%

陽気ギャラドスの珠ダイジェット 61~73%

陽気ギャラドスのA1↑ダイジェット 71~84%
陽気ドリュウズのダイロック 67~79%
[アッキ発動時]

陽気夢エースバーンの珠ダイジェット 39~47%

陽気夢エースバーンのA1↑ダイジェット45~54%

陽気ギャラドスの珠ダイジェット 41~49.7%

陽気ギャラドスのA1↑ダイジェット 47~56%

陽気ドリュウズのダイロック 45~53%

意地ミミッキュのじゃれつく 38~47%

無振りナットレイのジャイロボール 20~28%
無振りカビゴンのヘビーボンバー 17~21%


[HD]

臆病水ロトムの10万ボルト 42~50%
控えめトゲキッスのエアスラ 42%~50%

[S]

最速ギャラドス抜き

 

※わかりにくいですがステロが撒かれていてもエースバーンやギャラドスダイマを切らなくても対面で勝てるってことがわかってもらえれば大丈夫です

 

〈要点〉

・挑発+飛行による対カバ入り性能

夢エースバーンの解禁によりカバルドンの増加に刺さる。裏にいるギャラドスやエースバーン、ナットレイ等も見ることができるため単体でダイマを枯らすなど荒らすことができる。

 

・高い対エースバーン性能

抜群を突かれることが無いため受けることができ、こちら視点だとカモなのにほいほいでてくる。

CSオンバーンに対して珠ダイジェットが100%~なので相手は必ずダイジェットから入ってくるため、次のターンのダイナックルダイジェットもアッキ込みで耐えることができる。

こちらの襷枠に対して死に出し珠エースバーンのダイナックルだけ注意。

 

・挑発+怒りの前歯による崩し性能

夢ゴリランダーの解禁によりドヒドイデの増加に刺さる。7世代の挑発レヒレのようか感覚。ナットレイのジャイロボールなら余裕で枯らせるし最悪TODでも勝てる。

 

・お見通しによる高い先発性能

出し勝ちした場合は交代先に怒りの前歯で削りを入れることでダイマックスを切らしにくくして裏に引くことで有利なサイクルが可能。

出し負けしても適切に対応することができる。

 

・環境に増えてる並び、型に強い

並び:エースバーン、カバギャラナット、ドヒドイデゴリランダー

型:アッキミミッキュ(珠がエースバーンに取られるため。じゃれつく持ちも増えているが択と怯み次第では勝てる)、アッキトゲキッス(マジシャ切り、勝てないが…)

 

・読まれにくさ、一般的知識とのずれ

挑発と前歯だけ見て、じゃあ挑発に合わせてエスバやギャラ投げてダイジェットで処理できるでしょ?って感じの相手が多かった。挑発が入ると積まれる心配がないのもあり羽から入るとほとんど決まる。

 

勝率上位に明確に苦手なポケモンが多い

ドラパルト、アシレーヌトゲキッスミミッキュラプラスヒヒダルマギルガルド、パッチラゴンなど苦手なポケモンが大体2体以上は相手に入ってるため注意が必要。

 

・特殊方面はそれほど高くないため等倍相手だと受からない。

C172ロトムの10万がちょうど半分くらい。

特殊は遅いポケモンが多いため最悪前歯で削れる。

 

・飛び跳ねるの麻痺が負けに繋がる

エスバギャラのダイマを枯らした後裏で詰めれそうならオンバーンダイマを切って試行回数1回で抑えることができる。

 

〈技候補〉

確定

・怒りの前歯

有利対面で安定して削れる点を評価。単体で受けを荒らすことだったり裏を通すポケモンを考えて削るのが強い。

自然の怒りとは違ってドラパやミミッキュなど主要なポケモンに通らないのが本当に痛い。

 

・挑発

起点回避や宿木などの小細工の対策として必須。何をしてくるかわからないからとりあえず耐久高いポケモンを投げられることがあるためよく機能する。

 

・羽休め

相手のダイマを枯らしたり受け構築を詰ませたりするため必須。

 

選択

エアスラッシュ

ミミッキュの皮を剥がせる点、ドヒドナットに(見た目)一貫している点、使用頻度は少ないがダイジェットの元となる点を評価して使用していた。

 

・竜の波動

ダイドラグーンで1積み珠ギャラドスやエースバーンを処理できるのが偉そう。他には祟り目ワンウェポンドラパルトに勝てそうだったりする。

 

・爆音波

ロトムがよく出てくるので前歯後の削りとして

あり。一貫しやすい高ダメージは偉いがゴーストタイプに隙を見せるのは心配すぎる。

 

〈使用感〉

ラプラスドラパルトミミッキュの3体が同居している相手以外には基本選出することができる。先発の適性があるのは勿論、後発に置いてエースバーンやギャラドスを止める動きもできる。

使用していたパーティがエースバーンやドヒドイデゴリランダーを誘っていたため毎試合活躍したし1体で詰ませることも少なくはなかった。

非常に使いやすいので是非使ってみてほしい。

 

鎧の孤島も楽しみましょう!!