未来へのバトンタッチ

主にポケモンのシングルバトルやインターネット大会の構築記事を書いていきます。

記録

〈8世代〉

シングル

S1~S3…未購入

S4f:id:shigumaaa:20210317165304j:imagef:id:shigumaaa:20210317165314j:imagef:id:shigumaaa:20210317165307j:imagef:id:shigumaaa:20210317165451j:imagef:id:shigumaaa:20210317165521j:imagef:id:shigumaaa:20210317165311j:image最終267位最終レート2029、3日間前に撤退

S5…ネット環境なかった為エアプ

S6f:id:shigumaaa:20210317142700j:imagef:id:shigumaaa:20210317142715j:imagef:id:shigumaaa:20210317142705g:imagef:id:shigumaaa:20210317142721g:imagef:id:shigumaaa:20210317142717g:imagef:id:shigumaaa:20210317142709g:image最終62位最終レート2124

S7f:id:shigumaaa:20210317142922j:imagef:id:shigumaaa:20210317142929j:imagef:id:shigumaaa:20210317145620j:imagef:id:shigumaaa:20210317145957j:imagef:id:shigumaaa:20210317150155j:imagef:id:shigumaaa:20210317150200j:image最終30位最終レート2087
S8
f:id:shigumaaa:20210317150208j:imagef:id:shigumaaa:20210317150211j:imagef:id:shigumaaa:20210317151059j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151102j:imagef:id:shigumaaa:20210317151107j:image最終77位最終レート2111

S9f:id:shigumaaa:20210317151206j:imagef:id:shigumaaa:20210317151204j:imagef:id:shigumaaa:20210317151209j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151201j:imagef:id:shigumaaa:20210317151211g:image最終58位最終レート2084

S10f:id:shigumaaa:20210317151945j:imagef:id:shigumaaa:20210317151952g:imagef:id:shigumaaa:20210317151956j:imagef:id:shigumaaa:20210317152507j:imagef:id:shigumaaa:20210317152005j:imagef:id:shigumaaa:20210317152501j:image最終74位最終レート2081

S11…カンムリビギニング考察の為エアプ

S12f:id:shigumaaa:20210317163129g:imagef:id:shigumaaa:20210317163123j:imagef:id:shigumaaa:20210317163132j:imagef:id:shigumaaa:20210317163126j:imagef:id:shigumaaa:20210317163136j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最高レート2086最終3桁

S13竜王戦考察+帰省予定の為エアプ

S14f:id:shigumaaa:20210317153438j:imagef:id:shigumaaa:20210317153451g:imagef:id:shigumaaa:20210317153500j:imagef:id:shigumaaa:20210317161746j:imagef:id:shigumaaa:20210317161751j:imagef:id:shigumaaa:20210317161754j:image最終28位最終レート2084

S15f:id:shigumaaa:20210317162715j:imagef:id:shigumaaa:20210317162601j:imagef:id:shigumaaa:20210317162603j:imagef:id:shigumaaa:20210317162558j:imagef:id:shigumaaa:20210317162932j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最終43位最終レート2099

S16f:id:shigumaaa:20210401232022j:imagef:id:shigumaaa:20210401232032j:imagef:id:shigumaaa:20210401232029j:imagef:id:shigumaaa:20210401232025j:imagef:id:shigumaaa:20210401232037j:imagef:id:shigumaaa:20210401232035j:image最終86位最終レート2044

S17f:id:shigumaaa:20210605215402j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215405j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image最終70位最終レート2018

S18竜王戦本戦考察のためエアプ

S19f:id:shigumaaa:20210704045828j:imagef:id:shigumaaa:20210704045842j:imagef:id:shigumaaa:20210704045831j:imagef:id:shigumaaa:20210704045833j:imagef:id:shigumaaa:20210704045838j:imagef:id:shigumaaa:20210704045836j:image最終6位最終レート2088

S20…最終3桁

S21…最終3桁

S22…エアプ

S23…最終64位

S24…最終17位,27位

S25…最終7位

 

 

 

インターネット大会

しんそくシングル!!f:id:shigumaaa:20210317163846j:imagef:id:shigumaaa:20210317163849j:image最終1位最終レート1861

ヨロイビギニングf:id:shigumaaa:20210317164120j:imagef:id:shigumaaa:20210317164124j:imagef:id:shigumaaa:20210317164128j:imagef:id:shigumaaa:20210317164131j:imagef:id:shigumaaa:20210317164739j:imagef:id:shigumaaa:20210317164743j:image最終69位最終レート1755

バトルレジェンド(ダブル)f:id:shigumaaa:20210317164809j:imagef:id:shigumaaa:20210317164825j:imagef:id:shigumaaa:20210317164817j:imagef:id:shigumaaa:20210317164821j:imagef:id:shigumaaa:20210317164814j:imagef:id:shigumaaa:20210317164812j:image最終5位最終レート1821

カンムリビギニングf:id:shigumaaa:20210317164936j:imagef:id:shigumaaa:20210317164929j:imagef:id:shigumaaa:20210317164946j:imagef:id:shigumaaa:20210317164931g:imagef:id:shigumaaa:20210317164923g:imagef:id:shigumaaa:20210317164926j:image最終1位,10位最終レート1856

竜王戦予選f:id:shigumaaa:20210317165048j:imagef:id:shigumaaa:20210317165036j:imagef:id:shigumaaa:20210317165039j:imagef:id:shigumaaa:20210317165042j:imagef:id:shigumaaa:20210317165051j:imagef:id:shigumaaa:20210317165044j:image最終7位最終レート1851

スパイクチャレンジf:id:shigumaaa:20210323021233j:imagef:id:shigumaaa:20210323021224j:imagef:id:shigumaaa:20210323021229j:imagef:id:shigumaaa:20210323021222j:imagef:id:shigumaaa:20210323021227j:imagef:id:shigumaaa:20210323021219j:image 最終4位,8位最終レート1839

JCS予選(ダブル)f:id:shigumaaa:20210414001446j:imagef:id:shigumaaa:20210414001444j:imagef:id:shigumaaa:20210414001438j:imagef:id:shigumaaa:20210414001441j:imagef:id:shigumaaa:20210414001709j:imagef:id:shigumaaa:20210414001706j:image

最終128位,最終レート1738

ポケモン竜王戦2020f:id:shigumaaa:20210605215241j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215251j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image ベスト8

セイムビートf:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191807j:imagef:id:shigumaaa:20210621191801j:imagef:id:shigumaaa:20210621191758j:imagef:id:shigumaaa:20210621191804j:image 最終4位,最終レート1820

ウォーターパラダイス…最終31位最終レート1782

レジェンド・オブ・ラウンドf:id:shigumaaa:20210915134650j:imagef:id:shigumaaa:20210915134640j:imagef:id:shigumaaa:20210915134644j:imagef:id:shigumaaa:20210915134648j:imagef:id:shigumaaa:20210915134646j:imagef:id:shigumaaa:20210915134642j:image最終1位最終レート1857

トリックリリック…最終33位?

ジムチャレンジ…最終8位

 

 

〈7世代〉

シングル

S7最高2106

S14最高2022最終1939(チラチーノ入り)

ダブル

最高1877、最高最終26位バシャキザンジャローダ(記事は無い)

スペレ

シングル61最高1982最終爆死

ゆびをふる61最終1902最終3位

インターネット大会

メガランブル最高1807最終1769 最終16位

トリックホリック最終1861,1857 最終2位,4位 

ピカブイ1on1最終1759最終11位

InternationalChallengeNovember最終1813最終80位

シンプルシンフォニー最高1816最終1738 最終18位

 

〈その他〉

スマブラ…vip30キャラくらい、エンジョイ兼動画勢

マリオカート8dx…動画よく見る

ぷよぷよ…動画よく見る

動物タワーバトル…流行った時期に最高1位レート2440(103勝14敗)、有志の大会優勝2回

GolfBlitz(スマホアプリ)…シーズン16最終1位

Vtuberにじさんじ箱推し。特に推してるのは笹木、童田、あまみゃ、不破。暇な時間の7割は配信見てる。

【新春!おみくじバトル最終10位】構築名思いつかないの俺悪くなくね

どうもーシグマです

新年早々お疲れ様でした!

今大会はシステム上どこまでいっても運に左右されるルールでしたが、運ゲで済ませるのは一ゲームプレイヤーとして許せなかったのでちゃんと考察しました。このルールはどこまでリスクリターンを意識して選出・指を振るかが面白いポイントなので、この記事でそこを感じ取ってもらえると嬉しいです(*´ー`*)

とは言っても多分動画で見てもらうのが1番早いため、最終日の試合を貼っておきます。一応声ありで試合展開等をリアルタイムで話してます。

https://youtu.be/JccU7GIfu4o

 

f:id:shigumaaa:20220110100335p:image

前提知識

概要

シングル63、試合時間20分、持ち時間7分、ダイマックス可能。

・1on1とは違い、PPを消費しない交代の行動が存在する→呪われボディ、PP枯らしが従来ほど特別強いわけではない。また、基本的に相手を倒しきれないためTOD環境。

・1ターン辺りにかかる時間が残飯回復2回込みで30秒前後→推定25~40ターンで20分消費。

・指を振るで出る技の確率は物理40.1%(接触技は33%)、特殊26.3%、補助技33.6%。

・自主退場技が出る確率は1.26%(命懸けはゴーストタイプに効かないが込み)

TOD周り

・シングルランクマ同様自分が有利な展開になってから時間を使う方が良いため、序盤はなるべく即決。ヨノワロンゲ絡みで読み合いをしてる感を出すために10秒程度時間使うのはあり。

・9割以上はTODになってしまうため、色違い、証(あのころがんばった)、キョダイマックス個体にして消費時間を伸ばす。(サブロムは色カビゴンを用意できませんでした…)

・HPが高いポケモンほど残りHPが大切→HPが高いポケモンはできる限り盤面に出したくない。

 

ダイマックス周り

ダイマ技はダイウォール。

ダイマックスのエフェクトにより稼げる時間は約20秒

・通称ダイマックスよりもキョダイマックスの方が~0.1秒ほど長い

・積まれることを考えるとできる限りダイマ3ターン目で対戦が終わるように合わせて使いたい。

ダイマックスアメの調整

例:最大HP152、現在HP120でダイマ
ダイマレベル0の場合
120/152→180/228
残飯回復…189/228 試合時間終了…126/152

残飯回復…198/228 試合時間終了…132/152

残飯回復…207/228 試合時間終了…138/152

ダイマレベル10の場合
120/152→240/304
残飯回復…249/304 試合時間終了…125/152

残飯回復…258/304 試合時間終了…129/152

残飯回復…267/304 試合時間終了…134/152

ダイウォール失敗時に被弾しない前提ならばダイマレベル0の方が残飯回復効率が良いことがわかる。

どちらにするべきか悩むが、ダイマを切るのはほぼ勝ちが見込めるTOD有利状況時であり、その状況で得られる数%単位でのアドよりも大ダメージを食らうリスクの方が大きいと感じたため、ノワール・ゲンガー共にダイマレベル10で使用した。結果論ではあるが、状態異常祟り目をダイマレベル10のお陰で耐えて勝った対戦があり、ダイマレベル0だと拾えた試合は恐らくなかったため正解を踏むことができた。どなたか結論を教えてほしい。

 

役割別使えるポケモン

三種の神器

f:id:shigumaaa:20220110092140j:imagef:id:shigumaaa:20220110092142j:imagef:id:shigumaaa:20220110092138j:image

それぞれどのように優れているかは単体解説で説明するが、総合的に見て明らかに抜けている。採用しない理由はない。

黒ヘドf:id:shigumaaa:20220111153812j:image⇦残飯f:id:shigumaaa:20220111153815j:image⇦ジャポf:id:shigumaaa:20220111153853j:image⇦黒ヘドf:id:shigumaaa:20220111153812j:image…といった三竦みになっている。

高火力ポケ

f:id:shigumaaa:20220110093042j:imagef:id:shigumaaa:20220110093052j:imagef:id:shigumaaa:20220110093047j:imagef:id:shigumaaa:20220110093044j:imagef:id:shigumaaa:20220110093046j:imagef:id:shigumaaa:20220110093050j:image

初手に投げてアドを稼ぎにいき裏で逃げ切りを図る。それぞれ性能が大きく異なり、コンセプトに沿って採用するポケモンを変える。初手から指を振って殴り合う行動が安定するとは思わないので積極的に投げたいポケモンではないが、見せポケモンとしては1,2体必要。

クッション

f:id:shigumaaa:20220110092142j:imagef:id:shigumaaa:20220110092140j:imagef:id:shigumaaa:20220110093328j:image

サマヨール+ヨノワールでプレッシャーループをする層は一定数いたが、どちらも負荷をかけづらい上に総HPも低いため、ゲンガーヨノワールでクルクル時間を使えばよいことが多い。そのためサマヨールは全く評価していない。

その他

f:id:shigumaaa:20220110093642j:imagef:id:shigumaaa:20220110093640j:imagef:id:shigumaaa:20220110093645j:image

雨降し+雨受け皿+乾燥肌で実質残飯3体みたいな顔ができる。火力も耐久も低い+耐性も弱いためネタ寄り。トノルンパ+三種の神器から一体みたいな出し方の方がまだワンチャンありそう。

 

考察

ゲンガー、ヨノワール、オーロンゲがトップメタであるこの環境には主に以下の3つの戦術があることがわかった。

戦術①

初手に攻撃や特攻が高いポケモンを置いて対面で削りつつ裏のクッションポケでTODを狙う

→初手に回復ソース持ちが置けないため、全然削れないと逆にTODで負ける

選出

初手高火力ポケ 裏f:id:shigumaaa:20220111153812j:imagef:id:shigumaaa:20220111153815j:image

 

戦術②

ゲンガーヨノワールで体力管理しながらTODを狙う。ラスト1枠は相手のヨノワールを盤面に置かせないためにオーロンゲ見せるか、次点で数値が高いカビゴンを裏に置くかの選択。

選出

初手f:id:shigumaaa:20220111153812j:image 裏f:id:shigumaaa:20220111153815j:image+f:id:shigumaaa:20220111153853j:imageorf:id:shigumaaa:20220111153905j:image

 

戦術③

三種の神器ミラーを避けるために、裏にハピナスを入れてHP総量・割合で有利を狙う。

選出

初手f:id:shigumaaa:20220111153812j:image 裏f:id:shigumaaa:20220111153815j:image+f:id:shigumaaa:20220111153947j:image(カビゴンでも多少成り立つ)


上位を目指すための選択肢はこの3つくらいしかないと判断したため、纏めてみたところ

戦術①⇦戦術②⇦戦術③⇦戦術①…といった三竦みになることがわかった。それぞれの戦術の中でもオーロンゲを選出するか否かで立ち回りの強さが変わってくるが、ミラーにおいて相手がカビゴンの強みを知っている人間かどうかに関わらず、この三竦みを相手視点で選出段階で発生させることが必要だと感じたため、f:id:shigumaaa:20220110164333j:imagef:id:shigumaaa:20220110164335j:imagef:id:shigumaaa:20220110164326j:image+f:id:shigumaaa:20220110164328j:imagef:id:shigumaaa:20220110164330j:image+パワーポケに構築は決まった。

 

次に決めるのは最も大事であるどの戦術を基本選出として心中するかだが、1月6日時点では以下のような考えだった。

ゲンガーはフリーに動ける且つ低リスクで指を振ることができ、耐性、特性、回復ソース持ちと全てにおいて優秀であり絶対選出レベル

ノワールはオーロンゲの圧力で指を振れないにしても選出するべき…TODを狙う上で遅延、高耐久、嫌がらせ(特性)を全てトップレベルで熟す。特に遅延性能はTODの成立を安定させることに繋がる。

オーロンゲは他の人と比べて珍しく評価低め→残飯を奪う際にヨノワールに後投げするが、早い段階で特殊技を受けてしまうと相手がTODの意思を見せてくるため、自ら指を振らざるを得ない追う展開になりやすい。

 

これと前述の三竦みを軸に考えた結果、

ゲンガーヨノワール+ゴツメカビゴン>=ハピナスが良いと纏まった(戦術②ベース)。カビゴンは高耐久且つ高火力であるのは当然であるが、何よりHPが高いのが魅力的である。ゲンガーヨノワールでお互いにクルクルして時間を使う際にハピナスほどではないが裏に添えるポケモンとして生きるだけでなく、裏にパワーを出せるポケモンを控えるだけで仮にHP不利で指を振らざるを得ない序盤の不利展開を残り10分時点からでもHBオーロンゲ、HBハピナスと比べてひっくり返せる可能性が高く拾える試合を増やすのがハピナスとの差別化点であると感じた。

また、対ミラーにおいて、ゲンガーヨノワールを軸にする場合、前述の通りヨノワールが指を振るゲームではないためゲンガーで削りを狙う必要がある→ただしゲンガーのPPだけでは充分に削りきれずに相手のHP回復が間に合う→最初5分程度無駄にクルクルすることでゲンガーのPPを使い切ることができることに気づいたため、ミラーでは時間を都合よく消費してから試合を動かすことを意識するように決めた。

 

この考察のまま大会初日を迎えたが、ミラーでハピナスを出した試合に限ってよく事故り巻き返せないことが多かった。

相手のプレイヤーレベルがわからない初日に潜ったことにより機能しなかっただけでレートが高くなるに連れて機能していくかもしれないが(実際にハピナスを組み込んで結果を残している人もいた)、このままやっても勝てないと判断してサブロムではカビゴンを信用するようになった。

 

追記:ここまで努力値振りについて触れていなかったが、物理技が出る確率が高いため基本HBに張り切っている。しかし、物理技の多くを占めるノーマル及び格闘技はゴーストタイプに無効なため、振り切るのが正解ではないかもしれない。数学的に結論を出している方がいたら教えてください。

 

単体解説

ゲンガー

f:id:shigumaaa:20220110072841j:image

性 格:呑気
特 性:呪われボディ
実数値:167(252)-85-123(252+)-150-96(4)-117
持ち物:くろいヘドロ
技構成:ゆびをふる

ルール発表初日から大会を終えた今まで変わることなく1番評価しているポケモン。唯一の毒タイプ、呪われボディによるHP管理のしやすさ、毒・バインド耐性、オーロンゲ選出に立ち回り有利を取れる、高水準の特殊火力等により絶対選出するべきであると同時に初手に置きたいいポケモン

戦術の軸をゲンガーヨノワールに決めたため、ゲンガーのHP・PP管理を徹底する必要がある。そのため、ダイマするためにヨノワールに引く残り5分前程度でゲンガーのPPを使い切れるように、序盤は不用意にPPを消費しないことを心がけた。

また、ゲンガーを初手に置く都合上、相手が戦術①を選んでいた場合に高火力ポケと対面することがあるが、相手の指を振る回数を稼がせないのと一度ヨノワールに引いてもロンゲ引き読みゲンガー引きorそれ読みで高火力ポケ居座りのローリターンの択になるだけである。そのため、ゲンガーと高火力ポケの殴り合いは微不利ではあるが、大会後半は踏ん張りどころと決めてゲンガーで居座るようにしていた。

 

ノワール

f:id:shigumaaa:20220110072827j:image

性 格:呑気
特 性:プレッシャー
実数値:152(252)-120-205(252+)-85-156(4)-58
持ち物:食べ残し
技構成:ゆびをふる

高耐久・耐性、特性と最強のクッションであり、オーロンゲ絡みの択を避けられないとはいえ信用して選出していた。1on1ほどプレッシャーが特別強くはないとはいえ、積み技等で居座る姿勢を見せてきたポケモンに対して行動回数を抑えたり、TODを知らないプレイヤーに対して安定したりと充分に機能していた。(冷静に考えて初手5分消費した上で試合を始めるみたいな戦術を作ってる時点で壊れ)

前述の通りオーロンゲに残飯を奪われると立ち回り・展開共に不利になるため、裏でのHP不利状況を除き、相手のオーロンゲを特殊技で削れることを踏まえてでもノワールは可能な限り指を振ってはいけないポケモンであり、それを理解していないプレイヤーが多かった。

やった方ならわかると思うが、ヨノワール周りでの択は豊富である。例えば相手のヨノワールに対してヨノワールを投げる→ロンゲの確認+PP温存でゲンガー引きの釣り…に対していないと思わせるためにすぐにオーロンゲを見せずに居座るorゲンガー引きでお茶を濁すなどの読み合いだったり、早い段階でオーロンゲを見せることで相手のヨノワールに指を振らせないようにしてヨノワールを削ってリソース有利を狙う動きだったりと大会の中で様々な使い方がわかってきた。

 

 

オーロンゲ

f:id:shigumaaa:20220110072815j:image

性 格:呑気
特 性:悪い出癖
実数値:202(252)-140-128(252+)-115-96(4)-72
持ち物:ジャポのみ
技構成:ゆびをふる

「相手の接触技を受けることで相手の持ち物(残飯)を奪う」と書いてあることの理解に苦しむ壊れ性能を持つ。その反面、残飯を奪うために後投げした際に特殊技で削られるとその時点で攻めを強いられることを重く捉えて上二体ほどは評価していなかった。しかし、ヨノワールの欄で書いただけでなく、最悪こちらの残飯が相手のオーロンゲに取られた際に逆にこちらのオーロンゲで取り返しにいける等、オーロンゲを選出していること自体は立ち回りの幅を広げるため、ラスト5戦くらいは出すようにしていた。

持ち物についてだが、オーロンゲで持ち物を奪った相手は回復ソースがなくなるため1/8与えるのが大きい+オーロンゲも長く居座るポケモンではない(拘束耐性なし、相手のロンゲにパクられる等)ためアッキのB上昇が生きにくい点によりジャポのみ一択。一応特性マジックガード相手だとジャポの消費は無効化するがアッキは普通に消費するためアッキだとピクシーの持ち物を奪えるみたいな差別化点はあるが、それを踏まえてでもジャポ一択。

 

カビゴン

f:id:shigumaaa:20220110072802j:image

性 格:勇敢
特 性:厚い脂肪
実数値:238(20)-176(236+)-117(252)-85-130-45
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:ゆびをふる

特性についてだが、多くのプレイヤーは安定性を重視して免疫だと思うが、

・初手で回復ソースがない相手と撃ち合う試合展開を自ら仕掛ける場合、HP有利を取ることが最重要なので可能な限り軽減したい。

・今回このポケモンの採用理由上、盤面に長く置くわけではない。

・仮に毒になってもその時点で即引きすればよい(1/8or1/16喰らうが)。

等の理由で厚い脂肪に選択した。

高耐久高火力を実現するためにABにしてミラー意識でHに20振った。特性と持ち物に関してだが、1番ダメージ効率が良いのはA補正且つゴツメだと聞いたのでそのまま採用した。細かいところは正直完全にわかっていないので突っ込みは受け付けておりません。。

 

ハピナス

f:id:shigumaaa:20220110072751j:image

性 格:呑気
特 性:自然回復
実数値:362(252)-30-68(252+)-95-156(4)-67
持ち物:光の粉
技構成:ゆびをふる

これだけHPが高いと前2体での削り合いになった際にHP割合が大きく影響を受けるため裏に置く分には偉いが、45戦単位で考えた場合に、前2体のどちらかが事故ってしまうとハピナス込みで巻き返す必要があり、ハピナスのキャラパワーがどうしても劣ってしまうため安定性に欠けると判断して終盤は選出しなくなった。

極力盤面に着地させないが、非常事態で投げなければならなくなった際に1番働く光の粉を採用した。

 

トゲキッス

f:id:shigumaaa:20220110072739j:image

性 格:冷静
特 性:てんのめぐみ
実数値:192(252)-70-128(100)-176(156+)-135-90
持ち物:拘りメガネ
技構成:ゆびをふる

初手で殴り合う見せポケモン枠として誰を採用するかだが、初手で指を振るに当たり後続の立ち回りにも影響を及ぼす状態異常を引きやすい天野の恵みを評価してトゲキッスを採用した。

終わってみて、相手にいて選出段階で考えが歪むのはサマヨールだったため、サマヨールだったかもしれない。地味に本ロムで何回か出してしまった。

 

立ち回り

展開が目まぐるしく変わるので主に意識していたことだけ

・対ミラーにおいて、最初4分はゲンガーヨノワールでクルクルするのを狙う。相手が付き合ってくれるならば残り15分の段階でゲンガー引きに合わせて先に指を振る。相手が先に指を振ってきたのであればそれに対応する。

・初手でゲンガーと高火力ポケモンが対面してしまった場合は、前述の通りゲンガーで居座りHPアドを少しでも稼いでからヨノワールに引く。

・普通に試合をしていると残り8分前後から毎ターン45秒使うと丁度良く使い切れるため、8分辺りからこれ以上指を振るべきか判断する。相手との総HPの差が1/6以上(ポケモン1体分のHP割合が5割勝っている目安)あると有利だと判断して自主退場技を引くことをケアして交代するが、例えHP差があってもそれ以下(ポケモン1体分のHP割合で3~4割勝ってる)だと簡単に数ターンで捲られるため時間を使いながら指を振る。HP不利ならば当然即決で指を振る。

終戦である1位チャレンジでHP1/10くらいで有利を取れている状況で指を振り跳び膝蹴りを引いてしまったが、45戦単位で見ると間違いではなかったと信じたい。

 

結果

TNじめつするな 34勝11敗 最高レート1816最終レート1794

最終10位

(バルバドスロムは凶でした)

f:id:shigumaaa:20220111162952j:image

 

このルールでも自分が1位取ったらおもしろくねwくらいの軽い気持ちで大会に臨みました。運良く45戦目にして1位チャレまでいきましたが、チャレ負けて終わったことは今までなかったのでこんなルールでも普通に悔しかったですね。総合的には中吉といったところですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば @zenchino115まで

 

【S25最終7位】二者選一ゼルネアス【剣盾シングル】

シグマで〜す

皆さん年越しランクマお疲れ様でした!年越しランクマは今回が初めてでしたが全く年越した実感がないですね。

今回はインターネット環境がない場所に帰省していたためテザリングを使って潜っていましたが、その状況を踏まえて満足する結果を残すことができました!

今までない形のゼルネアス構築に仕上げることができたため、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

f:id:shigumaaa:20220101082812p:image

f:id:shigumaaa:20220101082501j:image

〈使用構築〉

 

 

構築経緯

シーズン24の環境の中心がイベルタルカイオーガ、ザシアンだった。特にイベルタルに関しては今期も減ることなく存在すると予想できた。これにより、イベルタルカイオーガに強く、ザシアン軸に強いゼルネアス構築を目指すことにした。

ただ、竜王戦環境を長いこと戦ってきたが、ゼルネアスはほとんど使ったことがないに等しかった。

最も主流であるゼルネアス構築は壁始動の積み展開であるが、

イベルタル軸は裏にラッキードヒドイデヌケニンメタモン等がいることが多く、壁に1枠割いた後積んで崩すにしても数的不利により対応される点(一方通行になりやすい)。

・ここまで竜王戦環境が続くと対壁ゼルネの対処をわかってきたプレイヤーが増えていることも考えられる。

・別に自分である必要がない

と複数の問題を抱えている。

そこで、シーズン17でるどるふさんが使用していたゼルネアス+ラッキーヌオーの受けの並びを思い出し、上記の問題を解決できると判断したため序盤から煮詰めることにした。

https://twitter.com/copycatpoke/status/1378706404098199553?s=21 ←これ

受けゼルネは参考記事が無く、言語化が難しいため想像がつきにくいが、当時るどるふさんから論理を聞いていたため、半年以上前の記憶を頼りに自分の言葉で纏めてみた。

 

ゼルネアスが受け駒と相性が優れている点

・ゼルネアスを止めるためにダイマを切ると受けを崩す手段が減る↔︎受けを崩すためにダイマを切るとゼルネアスを止める手段が減る

・サイクル化で削り、不利対面での引き先を自然と用意できる→従来のように一方通行にならない。対ザシアンでも○。

・ラキヌオーを使う上で重くなりがちなのが一般枠であるが、その中でもサンダーを初めウーラオスやドラパルトに対してゼルネアスが強い

メタモンやゼルネ受けの強制→禁伝屈指の誘導力。

・ゼルネアスがヌケニンを誘うため、対受け相手にTODで有利になりやすい。

・前期物理ゼルネアスが結果を残したため、初手ダイマ裏受けの形に見えやすい。

 

(当然構築記事だから強そうに書いているとはいえ)ここまで見てもらえたら偉い要素が揃っているとわかってもらえるはず。実際軽く試しても手応えを感じたため、今期はこれを軸に使うことに決めた。

原案の残り3体は襷ドラパルト、ゴツメサンダー、スカーフメタモンである。襷ドラパルトは積極的に出していなかった記憶があったのと単体で起点を作る枠に割くのが弱いと感じたため保留。サンダーはゼルネアスが不利な鋼に強く出せ、受け攻め詰ませの選択を取りやすいため候補。メタモンは選出強制を始めザシアンに強く見え、受けと相性が良いことが自明なため候補。

中旬から試行錯誤の末、珠ドラパルト、HBテッカグヤ、スカーフメタモンをそれぞれ採用した。珠ドラパルトはゼルネアスが通し辛いエスバ入りザシアン軸やウツロナット入り等に強く刺すことができる。

主にこの6体で最終日前日まで使用したが、ここまで対オーガナット系統が窮屈で、一般枠でもガラルヒヒダルマカプ・レヒレ等が重い問題を抱えていた。そこでスカーフメタモンが環境に少ない黒バド軸とゼクロム軸くらいにしか出さなかったので変更することにした。ダルマより早いスカーフ枠が無難だったが最低限のサポート性能も欲しかったため、対オーガと黒バドに対面的な選出ができる襷化身ボルトロスに変更した。

 

当初のコンセプトは「ラッキーのステルスロック+ヌオーの欠伸を絡めてサイクル化でゼルネアスを通す又は受けで詰ませる」であったが、試行錯誤する中でステロと欠伸が消えてしまった。この二つを組み込むのも強いはずなので、是非試してほしい。

 

コンセプト

・サイクル化でゼルネアス(又はドラパルト)を通すか受けで詰ませるかを選択できる構築。

・ザシアン軸全般に強いゼルネアス構築。

 

単体解説

ゼルネアス

f:id:shigumaaa:20220101072419j:image

性 格:控えめ
特 性:フェアリーオーラ
実数値:221(156)-*-118(20)-201(252+)-119(4)-128(76)
持ち物:パワフルハーブ
技構成:ムーンフォース / ドレインキッス / 雷 / ジオコントロール
〈調整〉

HB…陽気イベルタルの珠ダイスチルを確定耐え

  意地ウオノラゴンのエラがみを87.5%耐え

C…H252D4ザシアンを+2ダイサンダー+ゴツメダメで10/16、ゴツメダメの変わりに±0ムンフォで確定

 H252D4ダイマ日ネクを+2ダイサンダー+フィールド+2ダイサンダーで50%

S…ジオコン時に+1準速エスバ抜き

構築の軸であり勝ち筋の一角。2サイクル目以降にジオコントロールをして通すことが目標である。

原案では「ドレキ+雷+気合玉」で出せる範囲を最大限まで広げて裏の受けポケモンを絡めて積極的にこいつを通すことが第一目標だと認識していた。しかし、試すうちにムーンフォースが欲しい場面が高頻度で起こる一方、気合玉はナットレイを始めドリュウズヒードランにしか打たず、メタモンにコピーされた際に自分のラッキーで止まらないことが嫌だったためムーンフォースに変更した。この変更によりナットレイ入りのカイオーガ軸やイベルタル軸には投げ難くなったが、後発のドラパルトに頑張ってもらった。

ゼルネアスはジオコントロール頼りではなくても想像以上にダイマの殴り合いができるため、遅い相手には無理にダメージを受けてジオコンするよりもダイフェリーで殴る回数を増やす方が良いことが多々あった。

他の禁伝と比較してもサンダーや悪ラオス、ドラパルトやカイリュー等の一般枠全般に強いのが隠れた魅力であり、壁構築以外のスタンパに入っても想像しているよりも遥かに活躍してくれるはずである。

 

ヌオー

f:id:shigumaaa:20220101074509j:image

性 格:呑気
特 性:天然
実数値:202(252)-105-150(252+)-*-86(4)-48
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:地震 / 毒々 / 守る / 自己再生
〈調整〉

S…最遅ラッキー抜かれ

ザシアンに定数ダメを入れながら絶対流すマン。

ザシアン以外の高火力ダイマックス技には簡単に押し切られてしまうため、持ち物はゴツメだが最低限のダイマ枯らしの役割を持たせるために守るを採用した。例えばエースバーンのダイマターンが無くなればドラパルトで起点にしやすくなるため、ダイマターンを2ターンしか消化できないか3ターン消化できるかは重要であった。また、欠伸で引き先を流したり起点を作ったりする動きも強力だが、ザシアン軸によくいる水ロトムカイリューがラキヌオーだときついため、処理ルートを増やすべくサイクル化で優位に保てる毒々を採用した。

「ザシアンにゴツメダメージを与えて流す」が最大の役割であるため、引きの安定行動且つ自己再生での体力管理を徹底した。初手やじゃれ外し等でHP満タンのヌオーとザシアンが対面した際は一度居座られてもゴツメダメが入ればそれで良いため一貫して毒を押していた。

カイリューのダイジェット等のダイマ技を不用意に守ると崩されるため注意が必要である。

 

 

ラッキー

f:id:shigumaaa:20220101074503j:image

性 格:図太い
特 性:自然回復
実数値:333(60)-*-62(252)-*-134(68)-86(124)
持ち物:進化の軌跡
技構成:地球投げ / 電磁波 / 甘える / 卵産み
〈調整〉

HB…陽気ミミッキュの珠ダイフェアリーを86%でニ耐え(目安)

HD…控えめゼルネアスの+2ムーンフォースを98.9%でニ耐え

S…麻痺した準速エースバーン抜き

ゼルネアスのストッパーとして必ず後発に控える珠ミミッキュが起点にしようと後投げしてくるため、逆に止めるために電磁波+甘えるで採用した。イバンミミッキュも一定数いるが、終盤は殴るタイプのミミッキュが増えていたので何度も止めてくれた。ザシアン軸の特殊ポケモンがサンダーのみでも甘えるのお陰で役割を持たせることができ、それ以外にもシンプルに起点作成技としても機能するため重宝した。

ステルスロックはザシアン等への乱数を変えるだけでなく、イベルドヒドヌケニンを後続のテッカグヤと合わせて有利にできたりとこれはこれで機能すると考えられる。

サンダーやミトムのボルチェン程度なら何サイクルもできるため、対戦序盤は体力管理よりも電磁波や地球投げでアドバンテージを取ることを意識した。

 

ドラパルト

f:id:shigumaaa:20220101072532j:image

性 格:意地っ張り
特 性:擦り抜け
実数値:163-189(252+)-96(4)-*-95-194(252)
持ち物:命の珠
技構成:ドラゴンアロー / ゴーストダイブ / 大文字 / 龍の舞
〈調整〉

A…+1珠ダイホロウでH252D4ザシアンを確定

S…準速スカーフウオノラゴンを抜くために振り切り

上3体で重いエースバーンやウオノラゴンに強く、ゼルネアスと攻めの補完が優れているエースとして文字持ちの珠龍舞型で採用した。

構築の味である「ゼルネ対策の駒と受け崩し対策の駒の選出強制」を擦り抜けて通すことができるため、異常なほど動きやすかった。また、構築上初手ダイマで荒らす動きも弱くはないため、必要に応じて取り入れていた。

 

テッカグヤ

f:id:shigumaaa:20220101072558j:image

性 格:腕白
特 性:ビーストブースト
実数値:204(252)-122(4)-162(196+)-114-122(4)-88(52)
持ち物:食べ残し
技構成:ヘビーボンバー / 火炎放射 / 宿木の種 / 身代わり
〈調整〉

HB…陽気ミミッキュの+2珠ダイホロウを確定耐え

S…同速意識(偶にいた無振りアーマーガア抜き)

ドヒドイデ相手にゼルネアスを先に展開できない(又は裏にヌケニンがいる)場合にラッキーだけだと毒で崩されるため、ゼルネアスが苦手なナットレイドリュウズ等の鋼に強い鋼枠として採用した。主にドヒドイデヌケニン絡みや対日ネクで選出する。

ヌオーにも言えるが単体では日ネクを流すことができても倒すことは厳しいため、相手の積み技に合わせて対応することが求められる(後述)。

 

ボルトロス(化身)

f:id:shigumaaa:20220101074208j:image
性 格:無邪気

特 性:悪戯心
実数値:154-148(100)-90-170(196)-90-173(212+)
持ち物:気合の襷
技構成:10万ボルト / 馬鹿力 / イカサマ / 電磁波
〈調整〉

A…無振りヒヒダルマを馬鹿力で確定

S…準速エースバーン抜き抜き

補完枠。対カイオーガと黒バドに出せて、同居しがちなヒヒダルマやウーラオス、エースバーンに一仕事できる初手のポケモンとして採用した。

選出した試合はほとんど役割を果たしたが、単体の圧力は低く構築とのシナジーも特別良い訳ではないため、要検討枠である。

 

基本選出

・対ザシアン軸全般

f:id:shigumaaa:20220102173235j:imageorf:id:shigumaaa:20220102173311j:image+f:id:shigumaaa:20220102173318j:imagef:id:shigumaaa:20220102173322j:image

ゼルネ>>ドラパルト

ヌオーがザシアンを流し、特殊に対してはラッキーがアクションを起こしながらゼルネアスの起点にできる。この時点でザシアンに対してゴツメを一度入れておけば最悪ゼルネアスで舞えば最低限の勝率は出せるが、出来る限りザシアンを削ることが求められる。初手ゼルネアスから入るのが基本だが、終盤初手ゼルネザシアン対面ヌオー引き一点読みされて引かれて不利になることが多々あった。

また、エースバーンやウオノラゴンがいる場合はゼルネアス、特殊ポケモンの数次第ではラッキーの代わりにドラパルトを選出することもあった。

 

・対イベルラキドヒドヌケニン

f:id:shigumaaa:20220102173440j:imagef:id:shigumaaa:20220102173447j:imagef:id:shigumaaa:20220102173444j:image

ゼルネアスでイベルタルを流してラキカグヤでTODする。イベルタルダイマで何としてでも数的不利を取らないことがポイント。

(下の対イベルナットウツロの選出でいいかもしれない)

 

・対イベルナットウツロ

f:id:shigumaaa:20220102173447j:imagef:id:shigumaaa:20220102173444j:imagef:id:shigumaaa:20220102173531j:imageorf:id:shigumaaa:20220102173440j:image

ラッキーカグヤで頑張ってイベルを消耗させてドラパルトを通すorドラパルトで先にウツロナットを倒してイベルタルをどうにかする。ぶっちゃけ対イベルタルは雰囲気とTODでなんとかなる。

 

・対オーガナットサンダーカバエス

f:id:shigumaaa:20220102173615j:imagef:id:shigumaaa:20220102173531j:imagef:id:shigumaaa:20220102173447j:image(ガラルヒヒダルマがいる場合)

f:id:shigumaaa:20220102173531j:imagef:id:shigumaaa:20220102173440j:imagef:id:shigumaaa:20220102173447j:image(ナットレイがいない場合)

ナットレイの前で龍舞した後ダイバーンしたりいきなりダイバーンしたりでナットレイを処理できたらほぼ勝てる。最初にドラパルトをチラ見せすることでラッキーエスバ対面が出来た際に膝を打てないため、甘える電磁波で上手い具合に荒らしてドラパを倒しやすくする。珠ミミッキュ入りも増えていたためラッキーが暴れがち。

 

・対黒バドラグバンギ系統

f:id:shigumaaa:20220102173615j:imagef:id:shigumaaa:20220102173440j:image@1

黒バドの通りが良いため初手から出されるので、電磁波を入れてから荒らして裏に繋ぐ。ナットレイがいる場合はドラパルトを持っていき対面的な選出になってしまうが、数自体も少ないことと何故か意外と勝てた。本来不利構築なのでボルトロスの枠で工夫が必要。

 

・対日ネク軸全般

プランA…f:id:shigumaaa:20220102173440j:imagef:id:shigumaaa:20220102173444j:imagef:id:shigumaaa:20220102173447j:image

日ネク以外へのゼルネアスの通りが非常に良いため、日ネクにドレインキッス等再生技を押すほどではない微ダメを与えて裏で流し、2サイクル目にジオコンゼルネを通す。瞑想アシパで終わる。

プランB…f:id:shigumaaa:20220102173440j:imagef:id:shigumaaa:20220102173444j:imagef:id:shigumaaa:20220102173531j:image

初手ゼルネでジオコン後に即カグヤ引きして日ネクのダイマを往なした後、裏のダイマドラパルトとゼルネでシンプルに殴り勝つ。最終日にこのプレイングを思いついて試したがうまく決まったので使い分けると良い。これを自然とできるのが身代わりの強みでもあると書いていて気づいたが、技スペがない。

両プランで言えるが、初手から日ネクを出されるだけで結構しんどい。

 

・対ダイナバンギカグヤ

f:id:shigumaaa:20220102173440j:imageorf:id:shigumaaa:20220102173531j:image+f:id:shigumaaa:20220102173447j:imagef:id:shigumaaa:20220102173444j:image

ラッキーカグヤで時間使いながらドラパルトを通すか素直にゼルネアスを通すか。ドラパルトが擦り抜けなので、ムゲンダイナの身代わりのタイミングでうまく着地させて揺さぶりたい。

 

・対ジガルデ

f:id:shigumaaa:20220113002202j:imagef:id:shigumaaa:20220113002159j:image@1

ヌケニンがいるならテッカグヤ、いないならゼルネアスを選出する。

基本的にドラパルトの通りが良いため、ドラパルトの動きを制限されないようにドラパルトの行動回数を稼ぐことを意識する。

 

対ホウオウウツロナット

後発f:id:shigumaaa:20220102173531j:image@2

ホウオウをうまく退けつつできればダイマを切らせた後にドラパルトを通したいが、選出が全く纏まらない。ボルトロスナットレイに麻痺を入れて死に出しドラパで強引に舞うか、ラッキーでホウオウとイチャイチャしながら身代わりのタイミングでドラパルトを投げて揺さぶるかしていた。

 

・対壁ゼルネアス

f:id:shigumaaa:20220102174147j:imagef:id:shigumaaa:20220102173447j:image@1

恐らく最不利構築。メタモンを回電波もないボルトロスにしてしまったため相当ゼルネアスが重い。相手にエースバーンがいる場合はこちらのゼルネアスを止めるために初手から出てくることが多いため、ヌオーを合わせて毒を入れる。ゼルネにもなんとか毒を入れてラッキーで誤魔化す。身代わりは無理。

何故か最終日3/4は勝てた。

 

結果

TN バルバドス…最終7位、最終レート2086

TN Amamya♪…最終150位、最終レート1983

f:id:shigumaaa:20220101163949j:image

 

 

長いこと考察してきた竜王戦環境で1桁を達成することができて嬉しいです!2ロム用意且つ最終日通して20位前後キープ(停滞)を3シーズン連続でできているので流石に自信ついてきましたo(`ω´ )b

今度はもっと優れた環境で1位を目指します。

 

2月以降のルールがエグいですが、引き続きやっていきます〜

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115 まで

【シロナ王決定戦1位】私がシロナでスタン

クリスマスイブに仲間大会参加された方お疲れ様でした!

クリスマスイブにも関わらず今日ポケチャンネルさん主催で仲間大会が開かれるということで、悲しいことに暇だったのもあり参加しましたがなんとか1位を取ることができました〜

https://youtube.com/channel/UCmnZL4tFRl4sm-uJOxTLHmg

↑今日ポケチャンネルさんのチャンネル

旬を逃さまいと急いで書きましたが読んでいただけると嬉しいです👍

 

f:id:shigumaaa:20211225004621j:image

〈使用構築〉

結果

f:id:shigumaaa:20211225031457j:image

TNバルバドス 13勝1敗 最終レート1666

 

考察

※ネット大会発表の時期と被ったため考察時間が全然取れませんでしたので多めに見てください。

初めに大会ルール概要を簡単に

・DPでシロナが使用しているポケモンのみ使用可能(f:id:shigumaaa:20211225001154j:imagef:id:shigumaaa:20211225001044j:imagef:id:shigumaaa:20211225001051j:imagef:id:shigumaaa:20211225001042j:imagef:id:shigumaaa:20211225001053j:imagef:id:shigumaaa:20211225001046j:imagef:id:shigumaaa:20211225001317j:imagef:id:shigumaaa:20211225001224j:image)

・総合時間15分、持ち時間5分、対戦数15戦

・クリスマスイブに開催

 

f:id:shigumaaa:20211225063452j:image

使用可能ポケモンを見てまず第一に、HD巧みポリゴンZが強そうだと目をつけた。ルカリオガブリアスミカルゲ以外が特殊であり、狭いプールなため耐久調整をしがちなのも相まりどれも中途半端な火力なので、簡単に起点にできると思った。事前の動画等でポリゴンZメタと言われていたミカルゲも起点にできるため、ルカリオ以外には無双できると感じた。こういった狭いプールでの特殊ルールは、単体で最強になり得るポケモンをまず見つけてそこから補完を組むのがオススメである。

f:id:shigumaaa:20211225063503j:imagef:id:shigumaaa:20211225063506j:imagef:id:shigumaaa:20211225063510j:image

このポケモンを軸にする上で次にルカリオの対策を考えた。HBミロカロスがメジャーな対策であるが、誰でも行き着く且つミラーが不毛なので残飯HSミロカロスを考えた。守る込みで陽気インファイトを2耐えできるため、かなりギリギリであるが問題ないと判断した。どこまでSを削ってBに振るかはとりあえず保留にした。

ここでこのミロカロスも軸にするだけの高いスペックがあるように感じた。それと同時に浮いているポケモンがキッスしかいないことに気づいたため、前述のポリゴンZとも相性が良い毒菱ロズレイドを組み込もうと決めた。ロズレイド自体は物理ポケモンに弱く、役割が被っているがとりあえず使ってみることにした。

ここまで相手のトゲキッスと若干ガブリアスが重いため、上から殴れるスカーフ枠を考えた結果、1番強そうなスカーフトゲキッスを採用した(思考停止)。ロズレイドガブリアス対面で剣舞されると世界が終わるため、+2毒づきを耐えるようにHBで採用した。

この4体の中から毒菱との兼ね合いを見て基本選出にしようと決めた。

(はずだった)

f:id:shigumaaa:20211225063020j:imagef:id:shigumaaa:20211225063016j:image

ここまでルカリオがまだ重いためガブリアスを採用した。この環境で1番素早く高い数値から行動保証があるため普通に採用し得だった。

あとはノーマルの一貫を切りたかったので、キッスにも強めでまだ選出する機会がありそうなルカリオを採用して6体が決まった。

 

この環境は素早さラインが横並びであるため、どこまで素早さに振るか妥協するかを考えていたら仲間大会開始20分前になっていたので、ドーピングアイテムで済みやすい振り方でいいやって投げ出したW

 

単体解説

ミロカロス

f:id:shigumaaa:20211225022414j:image

性 格:臆病
特 性:メロメロボディ
実数値:202(252)-*-112(100)-120-145-133(156+)
持ち物:食べ残し
技構成:熱湯 / 身代わり / 守る / 自己再生
〈調整〉

HB…陽気ルカリオインファイトを食べ残し2回込みで90.7%耐え

S…準速トゲキッス抜き、ちょっと振った90族抜ける程度

(ブロムヘキシン10振り)

ミロカロスルカリオ、その他有利不利はっきりしないポケモンの削り担当。

ルカリオ意識で特性はメロメロボディにした。本来はルカリオの性別比率が♂:♀=7:1なので性別はメスにしなければならないが、ミロカロスの性別がオスであることにパーティ登録してから気づいた(ガバ)。そのせいで発動回数0。

試合時間が15分であるためTODで誤魔化しやすく、3試合はこいつで誤魔化して勝った。

相手のガブリアスに対面で剣舞を許すとスケショ読みで後続のトゲキッスに引くかの択になってしまうため、守るは冷ビでも良かったかもしれない。

選出率14/14

 

ロズレイド

f:id:shigumaaa:20211225022424j:image

性 格:穏やか
特 性:自然回復
実数値:167(252)-*-86(4)-146(4)-157(140+)-124(108)
持ち物:黒いヘドロ
技構成:ギガドレイン / 神通力 / 宿木の種 / 毒菱
〈調整〉

D…キトサン14個

S…インドメタシン10個意識で108

何故か色違いが産まれた。毒菱を軸にするはずだったが、役割範囲が被ってるのが思いの外痛く、単体としてのパワーが低いため選出の優先度が低くなり結局1戦も出すことなく終わった。悲しい。

選出率0/14

 

ポリゴンZ

f:id:shigumaaa:20211225022433j:image

性 格:穏やか
特 性:適応力
実数値:191(244)-*-91(4)-156(4)-132(196+)-118(60)
持ち物:タラプのみ
技構成:トライアタック / 冷凍ビーム / 悪巧み / 自己再生
〈調整〉

インドメタシン6個

最強だと思っていたが相手のパーティにほぼルカリオがいるためそれに怯えてあまり出せなかった。タラプを食べてもルカリオに引かれると数サイクル後になんだかんだトゲキッス等に押し切られるためなかなか思うようにはいかなかった。

ガブリアスピンポで冷ビを採用したが、エアスラ運ゲを回避できる高速移動でよかったかもしれない。

寧ろミカルゲで1枠潰れてるからポリゴンZ選出する!みたいな気持ちだった。

選出率5/14

 

トゲキッス

f:id:shigumaaa:20211225022441j:image

性 格:控えめ
特 性:天の恵み
実数値:179(148)-*-146(244)-155(4+)-136(4)-114(108)
持ち物:拘りスカーフ
技構成:エアスラッシュ / マジカルシャイン / 火炎放射 / トリック
〈調整〉

HB…陽気ガブリアスの+2毒づきを確定耐え

ガブリアスに受け出したり上から誤魔化すために採用。初手ミカルゲの尻尾トリックに対してもトリックで返せるため安心して出せる。初手トゲキッスと対面したら気まずいなぁって言いながらエアスラで様子見してた。

選出率14/14

 

ガブリアス

f:id:shigumaaa:20211225063020j:image

性 格:陽気
特 性:鮫肌
実数値:183-177(212)-115-*-111(44)-169(252+)
持ち物:オボンのみ
技構成:スケイルショット / 地震 / アイアンヘッド / 剣の舞

〈調整〉

HD…控えめトゲキッスマジカルシャインを確定耐え

あまり出さないつもりだったが、ロズレイドが機能しなかったため結構選出した。

オボンのみはルカリオの先制技圏外にしたりガブリアスのスケショを耐えやすくなったり結構生きたと思う。

こいつ単体で不利展開を捲った対戦が2試合あったため後半は信頼していた。

選出率9/14

 

ルカリオ

f:id:shigumaaa:20211225063016j:image

性 格:陽気
特 性:精神力
実数値:145-162(252)-90-*-91(4)-156(252+)
持ち物:突撃チョッキ
技構成:インファイト / コメットパンチ / グロウパンチ / 神速

見せポケモン。環境単位でトゲキッスが刺さっているが、多くのミロカロス絡みにサイクル不利を取ってしまうため、このポケモンを基本選出に組み込むかどうかが結果に直結したのかもしれない。

選出率0/14

 

実際の環境

1580以上と4回当たったが、全て同じミラーだったためこの形が結論なのかなと思った。オンミョーン;;

シンプルにトゲキッスが重いため、全部プレイングとエアスラで誤魔化した気がする。

1敗は喉スプレー騒ぐ高速移動ポリゴンZに3タテされました。。

選出自体はこんな感じです。

f:id:shigumaaa:20211225112823j:image

 

実況者の方と当たれませんでしたが、1位を取れたので満足です(*´ー`*)

ここまで読んでいただいた方、対戦してくれた方、そして主催の方々、皆さんありがとうございました!

次のゆびふりシングルでは理論値まで詰めるつもりです〜

何かあれば@zenchino115 まで

 

 

 

 

【S24最終17位】白バドリベンジ改【剣盾シングル】

どうも、最近ウイルスが話題になっていますがいつかシグマウイルスが出現して虐められないかと不安で震えている者です。ここ2週間で冷えすぎだろ

S15で1桁に乗せてあげることができなかった白バドを再び舞わせようと頑張りました!結果としては1桁は無理でしたが満足しています〜

f:id:shigumaaa:20211201102611j:image

 

 

結果

TN バルバドス…最終17位,最終レート2056

TN TSM*Tweek…最終27位,最終レート2033

f:id:shigumaaa:20211201173534j:image
f:id:shigumaaa:20211201173540j:image

 

構築経緯

f:id:shigumaaa:20211201100719j:image

シーズン中盤にふともう一度白バドを使いたくなったので考えることにした。私がよくやる環境に合わせて構築を選ぶやり方ではないけれど、そういうシーズンが偶にはあってもいいと思う(適当)。

竜王戦環境で私がS15の時に使用していた壁トリルの白バド軸を使用している方をちょくちょく見かけることがあったが、今でも全然戦えるんじゃね?というのとS15のノウハウがあったので今期使うしかないということで軸はこれにすることにした。

https://shigumaaa.hatenablog.com/entry/2021/03/01/175722

↑S15の記事

f:id:shigumaaa:20211201155017j:image

バシャの枠がエスバならなーとかミミッキュ活躍してたっけなーとか古き記憶をなんとなく思い出していた。そんな時に突然、

初手レジエレキの珠ダイサンダーでザシアン飛ばせばイージーwinでは??他にもダイマ合わせられないだろうしダイアタックや壁で裏に繋げられるし天才現るwwwwwww

と天から降ってきた(ザシアン確定で落とせないのはこの時目を瞑った)。

これを生かすべく、なるべく元の並びに寄せつつ全体的に型の誤認を狙うことをコンセプトにした。

やることが初見殺しなため最終日にぶっつけ本番で使おうと決め、ポケモン及び型をそれぞれ考えることにした。

f:id:shigumaaa:20211201155037j:imagef:id:shigumaaa:20211201155039j:imagef:id:shigumaaa:20211201155125j:image

レジエレキから繋ぐ予定の白バドはS操作が必須だと考えていたためトリルorスカーフと仮定した。既存のバトンに見せたいためバシャーモの採用は必須であり、対面的な動きが求められるため襷で確定とした。

鈍いド忘れヌオーはラプザシ以外のザシアン軸に強くなったり日ネク軸を容易に見れたりと対応範囲が思いの外広いため採用を考えたが、初手エレキザシアン対面で剣舞をせずにじゃれを押されるのが大問題であるため見送った。代わりの水枠として、バトンっぽく見えて初手展開として白バドと共に結果を残していた尻尾カプ・レヒレを採用した。

ここまでの並びを見て白バドはスカーフではないなと感じたのでトリルの方向で考えた。まだ白バドが自由に動けなさそうなので、切り返しトリル要員としてミミッキュを採用した。

f:id:shigumaaa:20211201155202j:image

ラスト1枠に求められるのは対日食ネクロズマだったため、トリルとも相性が良い鉄壁ナットレイを採用した。

バシャの技や白バド周りをどうするか考えつつ他の構築を触りながら最終日を迎えた。

 

〜最終日〜

数戦やったところ、

・壁がない場合、白バド自身がトリルを貼れる展開がほとんどないこと

・持ち物の弱保が機能しないこと

・相変わらず攻め方向は強いが受け方面が不安定であること

・そもそも地面がいるだけでエレキ始動を選出画面で躊躇すること

がわかった。改善するために持ち物をオッカのみやヨロギのみに変えて数戦回したが、どちらも発動機会は当然ある中でたらればの世界になるため、何も解決しないことに気づいた。そこで別の視点でS操作の術として急遽トリルを堪えるに変更してイバンのみを持たせたところ、想像以上に噛み合ったため最後まで使用した。

 

単体解説

バドレックス(白馬)

f:id:shigumaaa:20211201103516j:image

性 格:意地っ張り
特 性:人馬一体
実数値:207(252)-238(252+)-171(4)-*-159-70
持ち物:イバンのみ
技構成:ブリザードランス / 十万馬力 / タネマシンガン / 堪える

S15では地面の前でトリルするだけで好き放題暴れることができたが、対処がわかってきたプレイヤーが増えてきた故に変化を求められ生まれた堪えるイバン。

トリルターンでダイマ同士の殴り合いを制する→ラス1に対して堪えるイバンで勝ちのムーブだったり、対ザシアンを始め見え辛く且つ強い勝ち筋が増えたりと様々な場面で機能した。堪えるはミミッキュの呪いと合わせておしゃれに詰ませるのにも使える。

トリル型は白バドが2体目に出して荒らして裏に繋ぐイメージに対して、この型は2体目3体目どちらに出しても強くその上でもうひと仕事できるイメージ。サイクルに組み込むならばより繊細な体力管理やイバン圏内で引くなどの動きが比較的容易にできるため、そちらもありだと感じた。

今期はカイオーガイベルタルが多く、環境的にも追い風だった様に感じた。

相手が残数を減らさざるを得ない盤面を作ることで、白バドの行動回数を減らすこと、ブリザードランスと十万馬力の択を減らすこと等に繋がるため、白バドを使う上では取り巻きで相手の残数を減らすのことは意識しておきたい点である。

 

レジエレキ

f:id:shigumaaa:20211201154836j:image

性 格:控えめ
特 性:トランジスタ
実数値:159(28)-*-74(28)-167(252+)-71(4)-245(196)
持ち物:命の珠
技構成:ライジングボルト / 破壊光線 / リフレクター / 光の壁

〈調整〉

C…H252D4ザシアンをダイサンダーで12/16

S…スカーフウーラオス抜き

構想段階では最強だったため最終日が楽しみで仕方なかったが、蓋を開けてみれば対日ネクに圧力をかけるくらいしか選出しなくなった残念なポケモン。コンセプトは悪くなかったはず…。

ダイサンダーの火力がバカ故にダイアタックの火力が想像以上に出ない(カバラグ引き読んでも確2ならなかったりオボン食われたりで欠伸で流される)。

ただ型の誤認在り処の性能ではあるものの、並大抵のダイジェットじゃ切り返されない+ほぼダイマを合わされない+ダイマ後の補助技を入れるスペースが取れると書いてあることは強いためもう少し活躍させてあげれたかもしれない。強力な選出誘導力も踏まえて無くてはならない存在なのだが期待していただけに悔いが残る。

 

カプ・レヒレ

f:id:shigumaaa:20211201154806j:image

性 格:図太い
特 性:ミストメイカ
実数値:177(252)-*-168(140+)-115-165(124)-105
持ち物:後攻の尻尾
技構成:ムーンフォース / 自然の怒り / 挑発 / トリック

〈調整〉

HB…意地エスバのダストシュートを確定耐え

※最終日の朝6時に性格が穏やかであることに気づき変更、2試合落とした(1回目で気づけ)

レジエレキが思いの外選出できないことがわかったため、ザシアン以外ほとんど選出していた。

今まで尻尾レヒレの性能を疑っていたが、相手の展開阻害+裏の起点を作れるため非常に安定感があり、使ってみてようやく理解できたし、トリルに頼らず白バドを倒したければ是非入れたいポケモンだと感じた。

初手にエレキが呼んできたカバラグに上からステロを撒かれるのだけが悲しいポイント。

 

バシャーモ

f:id:shigumaaa:20211201154645j:image

性 格:意地っ張り
特 性:加速
実数値:157(12)-189(252+)-90-*-91(4)--130(236)
持ち物:きあいのタスキ
技構成:インファイト / 鬼火 / カウンター / 堪える

〈調整〉

H…珠ダメ+カウンターでH4ダイマランドロスを落とせる(カウンターダメが156なので落とせないことに書いてて気づきましたASでいいです)

ヒレが出せないザシアン軸に対して積極的に出したいポケモン

レジエレキが初手にザシアンや地面等の物理を誘ってくれるため、カウンターで持っていった後もうひと仕事するのが役割。鬼火は不意打ち択を避けたり起点を作ったりと採用して正解だった。堪えるはミミッキュダイマを止めれるため特別必要な展開がなかったので炎技にしてもよかったかもしれない。

 

 

ミミッキュ

f:id:shigumaaa:20211201154358j:image

性 格:勇敢
特 性:化けの皮
実数値:159(244)-156(252+)-104(28)-*-125-90(S個体値0)
持ち物:ジャポのみ
技構成:シャドークロー / 身代わり / 呪い / トリックルーム

〈調整〉

HB…意地エスバの火炎ボールを14/16耐え

物理に厚くしてより耐えてもらうことも考えたが、身代わりからスムーズに裏に繋げることが多いのとシャドクロで取りこぼすと崩れてしまうため攻撃に振り切った。

身代わりトリル+呪いで白バドを着地させるのが基本的な動きだが、尻尾トリック後に死に出しで白バドを出して暴れた後にラスイチを切り返せるなど思い通りの展開ができなくても腐ることはなかった。

ジャポのみはヌケニン対策で採用したが、襷マンムーエスバの襷を潰すだけでなく、相手の襷発動後に物理技を受けて相手倒れる→身代わりで白バドの行動回数を減らす動きが機能した。ちなみにゼルネとは違い、白バドヌケニン対面鬼火は普通に押されるため結局ジャポを食わせることはできなかった。悲しい。

 

 

ナットレイ

f:id:shigumaaa:20211201154633j:image

性 格:呑気
特 性:鉄の棘
実数値:181(252)-124-201(252+)-*-137(4)-22(S個体値0)
持ち物:食べ残し
技構成:ジャイロボール / ボディプレス / 宿木の種 / 鉄壁

見た目カイオーガやゼルネアスにもいけるが、ミミ白バドでどちらも有利を取れるためほとんど対日ネクを担当してもらった。

最終日に当たった日ネクがほとんどメテドラアシパ瞑想でこちらが初手展開の都合上TODで不利を取ってしまうため、初手からボタンを早く押すように心がけた。熱風持ちのサンダーはどう頑張ってもきつい。

 

選出

・対ザシアン

初手バシャ裏白バドミミ

バシャで荒らして死に出しでミミッキュを出して展開する。削れたバシャと死に出しエースバーンが対面したらまずいが、ミミッキュを犠牲にウォール等挟むなりして白バドがイバン圏内のままエスバを倒し、ダイアースでラス1ザシアンを倒すのが目標。S15と比べてポリ2が増えたのが向かい風だが、ミミッキュを残すことを意識して呪いと合わせて頑張る。

 

[追記]

初手エレキ裏白バドミミ

初手白バド裏ミミナット

初手ミミ裏白バドバシャ

等も候補である。

 

・対日食ネクロズマ

初手レヒレ裏ナット+@1

初手エレキ裏レヒレナット

先にナットを展開することを目標として、レヒレサンダー対面一度流せたり強引なダイマで数的優位を取れたりできるエレキを出すことが多い。

 

・それ以外

初手レヒレ裏白バドミミッキュ

終わってみればこの選出が大半だった。

ヒレで雑に起点を作成した後、白バドを出してブリザードランスの起点にするのかミミッキュを出してシャドクロで倒して2vs2を始めるのか状況に応じて選択する。

エスバが重く先に展開しておきたいが、白バドエスバ対面はナックルかカキュウの択(そもそも白バドがA+1で無ければ試合が終わる)ためきつい戦いを強いられた。それ以外に重いのはザシアン+浮いてるポケモンやポリ2等だが、持ち前のパワーで割となんとかなる。

対ムゲンダイナ受けはほとんど勝てなかった。数自体少なかったため助かったものの一番の課題だと思う。

 

 

 

やっぱりどの白バドの記事にも書いてあるけど、雰囲気以上のポテンシャルはあるので一度触れてみるのもいいかもしれません!

あとあと、最終日深夜の対戦を垂れ流しですが撮っておいたのでよければ見てください!長いですが一応どういうマッチングしてるのか記載してますので(。-_-。)

https://www.youtube.com/watch?v=Roqz746ZXnQ

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115 まで

【ジムチャレンジ最終8位】陰湿ジムリーダーもどき

はいどうも、シグマです。

お疲れ様でした!過去一レベルでデフレしたため何故か一桁に残って困惑しました

33~45戦目の対戦は録画したので、明日にでも垂れ流し動画を上げるツイートをするのでよければ見てください(唐突な宣伝) 自分自身上位帯での垂れ流しを見るの好きなので、今後もランクマや公式大会の最終日垂れ流し動画を上げるかもしれません!

f:id:shigumaaa:20211115180121p:image

f:id:shigumaaa:20211115042927j:image

 

構築経緯

f:id:shigumaaa:20211115051441j:imagef:id:shigumaaa:20211115051437j:image+f:id:shigumaaa:20211115051439j:imageorf:id:shigumaaa:20211115051436j:image〈基本選出〉

ドヒドイデいるじゃん!

ドヒドイデは誤魔化し、TOD性能、対ギミックと欲しい要素を詰め込んでおりネット大会においては信用可能であるため軸が決定した。

ドヒドイデが厳しいトゲキッスラプラスストリンダー、あわよくばジュラルドンを見てもらうHDポケモンを探した結果HDバンギラスが該当したため試したところ使用感が良かったため決定した。

ここまで地面が一貫しているため、初手性能が高い浮いているポケモンとしてトゲキッスフライゴンをそれぞれ採用した。この4体を基本選出として構築を進めた。

 

f:id:shigumaaa:20211115093929j:imagef:id:shigumaaa:20211115093931j:imagef:id:shigumaaa:20211115110705j:imagef:id:shigumaaa:20211115110707j:image

ゴーストの一貫が凄まじく対面構築が多いこの環境なら流石に入れ得だろということでとりあえずアッキASミミッキュを、この環境最強のダイマポケモンであり、ここまで重いロンゲに強いポケモンとして珠ジュラルドンを採用した。この6体を主に試運転していたが、基本選出であるドヒドバンギを変える必要がないくらい強く、ここにミミッキュを入れるのは攻守共に悪くなると感じた(選出が歪むのも含む)ので変えることにした。なんとミミッキュは入れ得ポケモンではなかった!

欲しい要素として、初手性能が高く、初手ジュラルドンとギガイアスに最低限殴り合えてダイマルチャブルを切り返すことができる…そんな奴いるか?と思ったが、カマスジョーがいけそうや顔をしていたので金曜日にミミッキュと急遽入れ替わって完成した。

 

単体解説

ドヒドイデ

f:id:shigumaaa:20211115054925j:image

性 格:図太い
特 性:再生力
実数値:157(252)-*-224(252+)-73-163(4)-55
持ち物:くろいヘドロ
技構成:トーチカ / 黒い霧 / 毒々 / 自己再生

選出率45/45の軸であり準レギュラー枠。

トーチカはダルマの技を見たり砂ターンの管理をしたりとあるだけでプレイングの幅が広がるので欲しい。黒霧は対ミミッキュが安定したりギミック耐性を付けるために欲しい。毒はラプラス引きやトゲキッス引きに当ててバンギと合わせてスリップで倒しきるパターンが増えるので欲しい。再生はこの構成だと抜けない。ということで初めて攻撃技を切ったドヒドを使用した。欲張りセットなのでそこのところは当然強かったし嫌らしかったが、ジュラルドンを削れずに面倒くさくなる場面が多く、バンギの身代わりが割れなかったりダイマでの誤魔化しが効かなくなったりと弊害も多かった。結果としては毒が1番いらなかったのかもしれない。

沢山TODで誤魔化してくれた。

 

 

バンギラス

f:id:shigumaaa:20211115054933j:image

性 格:慎重
特 性:砂起こし
実数値:207(252)-154-130-*-167(252+)-82(4)
持ち物:食べ残し
技構成:ロクブラ / 地震 / ステロ / 守る

特殊全般を見てもらうHDポケモン。選出率はドヒドイデに次いで9割前後。

地震はジュラルドンへの打点。守るはダルマの技を見たりターン管理したり巧みキッスに後投げした際に択の様子見として押せたりと用途が多いので必須。ステロは龍舞を押さなかったので入れてみた。

この枠はギガイアスとの選択である。ギガイアスにすることでトゲキッスの抜群打点を減らしたり不意の格闘技(ジュラルドンのボディプレ等)に困らなくなったりと数値以上のメリットがある。にも関わらず、ギガイアスはバンギが使えない環境で渋々使われるポケモン固定観念が働き試すことすらしなかったのが己の甘さを感じた。

 

 

トゲキッス

f:id:shigumaaa:20211115055011j:image

性 格:臆病
特 性:天の恵み
実数値:191(244)-*-116(4)-176(156+)-136(4)-113(100)
持ち物:ラムの実
技構成:エアスラッシュ / 波動弾 / 悪巧み / 朝の日差し

〈調整〉

HB…陽気ルチャブルの珠ダイスチルを確定耐えステロ+陽気ヒヒダルマの氷柱落としをダイマ時に確定耐

C…D4ダイマルチャブルをダイジェットで確定
S…準速80族抜き、最速コオリッポ抜き

先発で圧をかけながら裏に引いていくポケモンヒヒダルマ入りに選出すると基本裏に引いてそのまま地震に受け出す要因と化するので、攻撃してるイメージがそんなにない。

後続のフライゴンの補完が取れているためエスパー打点は必要ないと判断して波動弾だけにしたが、朝の日差しを押した記憶がないのでガッツリCSベースのアタッカーにしても良かったかもしれない。

1番の役割は構築上重い対ルチャブルだったが、前評判以上に剣舞ルチャブルと当たることが少なかったので助かった。

 

フライゴン

f:id:shigumaaa:20211115055023j:image

性 格:陽気
特 性:浮遊
実数値:155-152(252)-101(4)-*-100-167(252+)
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:地震 / 蜻蛉返り / 馬鹿力 / 雷パンチ

トゲキッスが苦手なストリンダーバンギラスギガイアス等に強い浮いてるポケモン。ダルマモードヒヒダルマを切り返せるのがアピールポイントらしい。

ヒヒダルマへの打点として馬鹿力、トゲキッスルチャブル両方への打点となる雷パンチをそれぞれ採用。

初手のヒヒダルマに対して一貫して馬鹿力を押すようにしていた。その結果は引き0回、そのまま倒す2/5、襷で氷柱当てられるが3/5となんとも悲しい結果になった(1800チャレも襷ダルマだった)。蜻蛉をしてもトゲキッスの場合と同じ展開なので決して悪くはないため、もう少し試行錯誤するべきだった。

見た目以上に頑張ってて楽しかった。

 

ジュラルドン

f:id:shigumaaa:20211115055056j:image

性 格:臆病
特 性:ライトメタル
実数値:145-*-135-172(252)-71(4)-150(252+)
持ち物:命の珠
技構成:流星群 / ラスターカノン / 10万ボルト / ソーラービーム

ダイマ界最強のポケモンダイマ化で強いポケモンなんて当然であるので、初速からパワーが出せたりダイマしなくても流れたりといった性能がこの環境では求められると感じた(強運キッス等)。

本構築で重いカジリガメを見てもらうためにソラビを採用した。カジリガメがいると選出せざるを得ないが、カメ+ダルマ相手にジュラドヒドバンギと選出してしまうと地面の一貫が凄まじいため困る(2敗)。そのため後半はカジリガメとマッチングしなくなると同時に全く選出しなくなった。ダイマ最強さん(笑)

 

 

カマスジョー

f:id:shigumaaa:20211115055637j:image

性 格:意地っ張り
特 性:すいすい
実数値:136-192(252+)-81(4)-*-70-188(252)
持ち物:気合の襷
技構成:アクアブレイク / インファイト / サイコファング / クイックターン

何故か入れ得(諸説)のミミッキュと当日変わることになったポケモンダイマする度にテンション上がる。当然浮いていないためヒヒダルマ入りには出さないが、それ以外には基本いける。

・環境に存在するポケモンダイマせず幅広く撃ち合える。

・素早いSからの交代技(クイックターン)

・引いても襷+すいすいでルチャブルトゲキッスを切り返せる(初手ステロポケに強いため襷が残りやすい)(バンギの砂だけ面倒)

と求められた要素を持ち合わせていた。

ドヒドバンギで消耗させた相手をダイサイコでミミッキュの影を防ぎつつ3タテすることも多々あったので、使っていて気持ちいいポケモンだった。

 

 

結果

f:id:shigumaaa:20211115175410j:image

↑1800超えてないのに1桁なのもう終わりです

TNバルバドス…最高1793最終1789最終8位

TNヤーコンポケ…登録忘れ(???)

 

大会登録した後にロムリセするとそのロムでは潜れなくなるようです。登録忘れのやらかしが実に4年ぶりとかなのでここでハズレクジ引いたかーwと最初は笑っていたけど、結構自信あっただけに内心効いてた。まだまだ学びがある公式大会最高!!(ヤケクソ)

何故ヤーコンかというと好きなジムリーダーランキングを検索したところ最下位だったからです。普通に可哀想だったので救おうと思っていましたがやはり最下位は駄目でした。ランクマでこのTNを使うのもモチベが駄々下がりなので大人しく変えます。。

 

今大会は自信がある受けよりの並びに仕上げただけに満足できない結果で終わってしまい残念。1600前半で負けすぎたため上で対戦数を稼げなかったのが敗因かな。公式大会は受けが強いと自分の中で結論を出しているけど、自慢のポケモンにやられることも少なくは無かったので見直す必要があるかもしれないね〜

 

あと今週から4ヶ月間毎週土曜日に行われるfrontierというシングルプレイヤーを集めた招待性の大会に参加することになりましたのでよければ見てください( ´ ▽ ` ) 熱い勝負が見れるはず!

https://youtu.be/FoyG-ihIdXc

↑frontierのカッコいい参戦PV的なの

 

ここまで見ていただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115まで

【S23最終64位】陽キャホウオウと音ゲーオタク

はいどうもーシグマです!Youtubeやれって友達に言われたけどまずは挨拶の練習からですかね?最終日6時間くらい20位前後の対戦を録画したけど、あまりにも運が良すぎて「お前毎回これやってんのかよ」って思われたくないので次に持ち越しですW 今月のジムチャレンジの自分に期待…あまり動画上げる気湧かないので上げる確率多分10%くらいです。

 

改めましてシーズン23お疲れ様でした〜 最後勝ちきれなかったのと最終シーズンというのもあって記事書くつもりはなかったのですが、何故か3限5分前に3、4限がバグって休みになっていることを知ったので軽く書くことにしました。

f:id:shigumaaa:20211101141428j:image

 

結果

TNバルバドス…最高2100最終2040(64位)

サブロム…スパボ9(本当は今期ダブルに力入れるつもりだったから触れてなかった)

 

構築経緯

f:id:shigumaaa:20211101155630j:imagef:id:shigumaaa:20211101155632j:imagef:id:shigumaaa:20211101155654j:image

残飯HS身代わりサンダー+トリトドン+ザシアンに強い禁止伝説の形が最も強いと感じたところからスタート。前期以前に触感がよかったザシアンとゴツメ日ネクから試したが、ザシアンはHSにする必要がありザシアンに後投げできるわけでもなく全然強みを活かせなかったので没。日ネクはHBほぼ振り切っていたにも関わらず普通に剣舞ザシアンに勝率半分くらいしかなかったので没。

そこで、3ヶ月前に「このルールで一番何が強そうだと思う?」といった話題になった時に毎回挙げていた「スカーフホウオウ」の存在をふと思い出して試してみたところ、想像通り上から押し付けて優位にサイクルできるのが強かったので信じてみることにした。


f:id:shigumaaa:20211101155722j:imagef:id:shigumaaa:20211101155724j:image

スカーフホウオウがきつい…カバラドガブ等の地面タイプ、サンダーポリ2等の数値受け、ドヒドヌオー等のタイプ受け。

対地面と対黒バド→HBポリ2

対数値受けとドヒドと対ダイナへのクッション→ガラキン

にそれぞれ決まった。途中型は変わることもあったが、変えが効かないと感じていたので最後までこの2体は固定だった。


f:id:shigumaaa:20211101155733j:imagef:id:shigumaaa:20211101155654j:imagef:id:shigumaaa:20211101155812j:image

@1でここまで重いバンギ、ダルマ、初手ウーラ、ワイボザシアン、ドヒドイデ等を誤魔化す必要がある(東大王チームも頭を抱える無理難題)。試すうちにこの環境最強の一般枠だと思っていた残飯サンダーがなんか違うことに気づき変更することにした。役割が一般枠有象無象と対オーガ、対イベルだったので、ここまで重いポケモンと照らし合わせた結果カプ・レヒレに変更した。

結局ラスト1枠は鉢巻ガラルダルマや鉢巻水ラオス剣舞ガブ等を試した後に環境にダイナカグヤバンギが多すぎたので残飯霊獣ランドロスに行き着いた。残飯が取られたので残飯渦潮レヒレをチョッキレヒレに変更して最終日に構築が完成した。

 

単体解説

ホウオウ@こだわりスカーフ

f:id:shigumaaa:20211101145403j:image

(この記事はこれ以降もスクショ一枚の手抜きだけど許して)

上からリスクが一切ない運を押し付ける姿は俺たちのメガメタグロスだった。有利対面挨拶代わりの肩パン聖炎は悪そのもの。

再生がなくても特性のおかげで毎試合安定した仕事量を誇る。

初手で地面と対面した際の聖炎居座りは絶対にゲームを放棄しているため徹底して引いていたが、状況が微不利〜不利だと判断した場合は3サイクル目以降は割り切って焼きにいくことが必要だと感じた。

攻撃技3つは確定で電磁波や自己再生も試したが、想定通りに生きる場面がなかったので重いコスパ日ネクやちいラキを退かせてなんとかできそうな吹き飛ばしを最終的に使用した。1回ラッキーに打ったけどその試合負けた。

初手ウーラやダルマのスカーフケアを構築単位でどうするかが課題であり、ウーラは多少なんとかなったがダルマは最後までどうにもならなかった(初手ホウオウダルマ対面ポリ2引きしていたが鉢巻氷柱で飛ばされて虚無なのが三回)。

H振りザシアンを聖炎で確定二発なのは仕方がない宿命だが、スカーフ+再生力+聖なる炎+見えにくい勝ち筋は文字だけで伝わるほどとても強力だった。

ステロが絡むと当然きついが、サイクルはしない対戦だと決めて死に出しからザシアンを処理して裏で詰める動きに切り替えていた。レヒレやポリ、トドンなど地面に圧をかけていたのでステロを撒かれる試合は15戦に1度レベルで少なかった(環境にカバザシが少なかったのもある)のでそこまで気にならなかった。

 

トリトドン@メトロノーム

f:id:shigumaaa:20211101145421j:image

通称音ゲーオタク。海っぽいのでイナイレ2の沖縄の選手と重ねて対戦中トゥントゥクトゥントゥク言ってた(伝われ)。

トドン自体は強いが欠伸の性能込みでもこいつに残飯を譲るのは優先度が低いと感じてメトロノームを持たせたが、

・サンザシポリに対して能動的に動かすことができる

ヤドキングやダイナで誤魔化してくる相手を崩せる(ダイナは先に削っておく必要があるが)

テッカグヤ、サンダーの身代わりを割りつつ圧をかけれる

・クリスモと合わせてコスパゴチルをカモにできる

等様々な恩恵があって非常に強かった。特にゴチルを逆に倒して降参させたり相手がいきなり長考し出したりした時は毎回気持ちいいいいいいいってなってた。また、ホウオウとの補完も優れており、ウーラや拘りレヒレの水技を何度も吸い取ったり逆にこいつの圧を利用してホウオウを強気に動かしたりと活躍してくれた。1ヶ月使い続けたが最高のポケモンだった。

 

ポリゴン2@しんかのきせき

f:id:shigumaaa:20211101145704j:image

特に触れることがないHBアナライズ。初手ホウオウにランドやサンダーを合わせられることが多く、ホウオウの殴る回数を増やす対戦でのクッションとなるのもあり初手率、選出率共に高め。ウーラオス引きにトラアタを合わせれた場合は居座ってウーラ処理を優先する。

 

ガラルヤドキング@くろいヘドロ

f:id:shigumaaa:20211101145806j:image

メテビダイナやゼルネ、あと有象無象を誤魔化せる欠伸で飯を食べていた。イベルドヒドに対しても選出する必要があるが、イベル引きに欠伸→相手引き瞑想→欠伸……の繰り返し+裏のランドで崩すことができていたので怠けるを抜いて正解だった。

 

カプ・レヒレ@とつげきチョッキ

f:id:shigumaaa:20211101145603j:image

最初は受けとウーラ意識でHB残飯渦潮で使っていたが、残飯が取られたことや受けを意識する必要がなくなったので禁伝を意識してチョッキに変更した。どちらも役割が異なり強かったが、構築単位でドヒドヌオーが重かったので最後は渦潮が恋しくなっていた。でも強かった。

 

霊獣ランドロス@たべのこし

f:id:shigumaaa:20211101145845j:image

終盤のダイナカグヤバンギの増加に手を焼いていたので採用した。選出する相手がダイナカグヤバンギ及びザシアン軸くらいだと思っていたので防御方面に熱くした。最終日全然ダイナカグヤバンギ引かなかったので出番少なめ。ただ、ザシアンに対してホウオウを後投げする際に交換読みワイボを撃たれたら試合が即終わっていたが、こいつの圧によって1サイクル目から撃たれることは無くなったのでそういう意味では活躍したかもしれない。

 

総評

ラッキーに勝てない

毒ヌオーに勝てない

来期はちいラキが撲滅することを祈っています。(あとマリパ買いました)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115まで