未来へのバトンタッチ

何者でもなかった自分を、何者かにしてくれるブログ。ポケモン関連。

記録

〈8世代〉

シングル

S1~S3…未購入
S4f:id:shigumaaa:20210317165304j:imagef:id:shigumaaa:20210317165314j:imagef:id:shigumaaa:20210317165307j:imagef:id:shigumaaa:20210317165451j:imagef:id:shigumaaa:20210317165521j:imagef:id:shigumaaa:20210317165311j:image最終267位最終レート2029、3日間前に撤退
S5…ネット環境なかった為エアプ
S6f:id:shigumaaa:20210317142700j:imagef:id:shigumaaa:20210317142715j:imagef:id:shigumaaa:20210317142705g:imagef:id:shigumaaa:20210317142721g:imagef:id:shigumaaa:20210317142717g:imagef:id:shigumaaa:20210317142709g:image最終62位最終レート2124
S7f:id:shigumaaa:20210317142922j:imagef:id:shigumaaa:20210317142929j:imagef:id:shigumaaa:20210317145620j:imagef:id:shigumaaa:20210317145957j:imagef:id:shigumaaa:20210317150155j:imagef:id:shigumaaa:20210317150200j:image最終30位最終レート2087
S8f:id:shigumaaa:20210317150208j:imagef:id:shigumaaa:20210317150211j:imagef:id:shigumaaa:20210317151059j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151102j:imagef:id:shigumaaa:20210317151107j:image最終77位最終レート2111
S9f:id:shigumaaa:20210317151206j:imagef:id:shigumaaa:20210317151204j:imagef:id:shigumaaa:20210317151209j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151201j:imagef:id:shigumaaa:20210317151211g:image最終58位最終レート2084
S10f:id:shigumaaa:20210317151945j:imagef:id:shigumaaa:20210317151952g:imagef:id:shigumaaa:20210317151956j:imagef:id:shigumaaa:20210317152507j:imagef:id:shigumaaa:20210317152005j:imagef:id:shigumaaa:20210317152501j:image最終74位最終レート2081
S11…カンムリビギニング考察の為エアプ
S12f:id:shigumaaa:20210317163129g:imagef:id:shigumaaa:20210317163123j:imagef:id:shigumaaa:20210317163132j:imagef:id:shigumaaa:20210317163126j:imagef:id:shigumaaa:20210317163136j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最高レート2086最終3桁

S13竜王戦本戦考察+帰省予定の為エアプ

S14f:id:shigumaaa:20210317153438j:imagef:id:shigumaaa:20210317153451g:imagef:id:shigumaaa:20210317153500j:imagef:id:shigumaaa:20210317161746j:imagef:id:shigumaaa:20210317161751j:imagef:id:shigumaaa:20210317161754j:image最終28位最終レート2084

S15f:id:shigumaaa:20210317162715j:imagef:id:shigumaaa:20210317162601j:imagef:id:shigumaaa:20210317162603j:imagef:id:shigumaaa:20210317162558j:imagef:id:shigumaaa:20210317162932j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最終43位最終レート2099

S16f:id:shigumaaa:20210401232022j:imagef:id:shigumaaa:20210401232032j:imagef:id:shigumaaa:20210401232029j:imagef:id:shigumaaa:20210401232025j:imagef:id:shigumaaa:20210401232037j:imagef:id:shigumaaa:20210401232035j:image最終86位最終レート2044

S17f:id:shigumaaa:20210605215402j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215405j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image最終70位最終レート2018

S18竜王戦本戦考察のためエアプ

S19f:id:shigumaaa:20210704045828j:imagef:id:shigumaaa:20210704045842j:imagef:id:shigumaaa:20210704045831j:imagef:id:shigumaaa:20210704045833j:imagef:id:shigumaaa:20210704045836j:imagef:id:shigumaaa:20220124033844j:image最終6位最終レート2088

S20f:id:shigumaaa:20220123174723j:imagef:id:shigumaaa:20220124033811j:imagef:id:shigumaaa:20220123174719j:imagef:id:shigumaaa:20220124033612j:imagef:id:shigumaaa:20220124033615j:imagef:id:shigumaaa:20220124033817j:image最終242位
S21…23日にオーガエレザードペロリーム等で最高2055,最終3桁
S22…エアプ
S23f:id:shigumaaa:20220123170907j:imagef:id:shigumaaa:20220123172537j:imagef:id:shigumaaa:20220123172957j:imagef:id:shigumaaa:20220123172602j:imagef:id:shigumaaa:20220123172604j:imagef:id:shigumaaa:20220123172823j:image最終64位
S24f:id:shigumaaa:20220123173016j:imagef:id:shigumaaa:20220123173030j:imagef:id:shigumaaa:20220123173033j:imagef:id:shigumaaa:20220123173035j:imagef:id:shigumaaa:20220123173116j:imagef:id:shigumaaa:20220123173149j:image最終17位,27位
S25f:id:shigumaaa:20220123173215j:imagef:id:shigumaaa:20220123173502j:imagef:id:shigumaaa:20220123173524j:imagef:id:shigumaaa:20220123173559j:imagef:id:shigumaaa:20220123173602j:imagef:id:shigumaaa:20220123173557j:image最終7位最終レート2085
S26f:id:shigumaaa:20220202045012j:imagef:id:shigumaaa:20220202045006j:imagef:id:shigumaaa:20220202045004j:imagef:id:shigumaaa:20220202045008j:imagef:id:shigumaaa:20220202045010j:imagef:id:shigumaaa:20220202045015j:image最終9位最終レート2085
S27f:id:shigumaaa:20220302201244j:imagef:id:shigumaaa:20220302201238j:imagef:id:shigumaaa:20220302201240j:imagef:id:shigumaaa:20220302201236j:imagef:id:shigumaaa:20220302201242j:imagef:id:shigumaaa:20220302201246j:image

最終14位最終レート2084
S28f:id:shigumaaa:20220506173736j:imagef:id:shigumaaa:20220409041418j:imagef:id:shigumaaa:20220409041414j:imagef:id:shigumaaa:20220409041412j:imagef:id:shigumaaa:20220409041416j:imagef:id:shigumaaa:20220409041422j:image最終21位最終レート2068
S29f:id:shigumaaa:20220506173417j:imagef:id:shigumaaa:20220506173414j:imagef:id:shigumaaa:20220506173412j:imagef:id:shigumaaa:20220506173356j:imagef:id:shigumaaa:20220506173447j:imagef:id:shigumaaa:20220506173444j:image最終1位最終レート2091
S30f:id:shigumaaa:20220902141511j:imagef:id:shigumaaa:20220902141508j:imagef:id:shigumaaa:20220902141506j:imagef:id:shigumaaa:20220902182537j:imagef:id:shigumaaa:20220902182855j:imagef:id:shigumaaa:20220902182900j:image、最終3桁
S31f:id:shigumaaa:20220719111407j:imagef:id:shigumaaa:20220719111355j:imagef:id:shigumaaa:20220719111402j:imagef:id:shigumaaa:20220719111405j:imagef:id:shigumaaa:20220719111400j:imagef:id:shigumaaa:20220719111358j:image最終8位最終レート2061
S32f:id:shigumaaa:20220804232404j:imagef:id:shigumaaa:20220804232401j:imagef:id:shigumaaa:20220804232350j:imagef:id:shigumaaa:20220804232358j:imagef:id:shigumaaa:20220804232352j:imagef:id:shigumaaa:20220804232355j:image最終25位最終レート2022
S33f:id:shigumaaa:20220901225942j:imagef:id:shigumaaa:20220901225948j:imagef:id:shigumaaa:20220901225953j:imagef:id:shigumaaa:20220901225956j:imagef:id:shigumaaa:20220901225945j:imagef:id:shigumaaa:20220901230023j:image最終8位最終レート2080
S34…最終293位最高レート199*

 

インターネット大会

しんそくシングル!!f:id:shigumaaa:20210317163846j:imagef:id:shigumaaa:20210317163849j:image最終1位最終レート1861

ヨロイビギニングf:id:shigumaaa:20210317164120j:imagef:id:shigumaaa:20210317164124j:imagef:id:shigumaaa:20210317164128j:imagef:id:shigumaaa:20210317164131j:imagef:id:shigumaaa:20210317164739j:imagef:id:shigumaaa:20210317164743j:image最終69位最終レート1755

バトルレジェンド(ダブル)f:id:shigumaaa:20210317164809j:imagef:id:shigumaaa:20210317164825j:imagef:id:shigumaaa:20210317164817j:imagef:id:shigumaaa:20210317164821j:imagef:id:shigumaaa:20210317164814j:imagef:id:shigumaaa:20210317164812j:image最終5位最終レート1821

カンムリビギニングf:id:shigumaaa:20210317164936j:imagef:id:shigumaaa:20210317164929j:imagef:id:shigumaaa:20210317164946j:imagef:id:shigumaaa:20210317164931g:imagef:id:shigumaaa:20210317164923g:imagef:id:shigumaaa:20210317164926j:image最終1位,10位最終レート1856
竜王戦予選f:id:shigumaaa:20210317165048j:imagef:id:shigumaaa:20210317165036j:imagef:id:shigumaaa:20210317165039j:imagef:id:shigumaaa:20210317165042j:imagef:id:shigumaaa:20210317165051j:imagef:id:shigumaaa:20210317165044j:image最終7位最終レート1851
スパイクチャレンジf:id:shigumaaa:20210323021233j:imagef:id:shigumaaa:20210323021224j:imagef:id:shigumaaa:20210323021229j:imagef:id:shigumaaa:20210323021222j:imagef:id:shigumaaa:20210323021227j:imagef:id:shigumaaa:20210323021219j:image 最終4位,8位最終レート1839
JCS予選(ダブル)f:id:shigumaaa:20210414001446j:imagef:id:shigumaaa:20210414001444j:imagef:id:shigumaaa:20210414001438j:imagef:id:shigumaaa:20210414001441j:imagef:id:shigumaaa:20210414001709j:imagef:id:shigumaaa:20210414001706j:image最終128位,最終レート1738

ポケモン竜王戦2020f:id:shigumaaa:20210605215241j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215251j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image ベスト8

セイムビートf:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191807j:imagef:id:shigumaaa:20210621191801j:imagef:id:shigumaaa:20210621191758j:imagef:id:shigumaaa:20210621191804j:image 最終4位,最終レート1820
ウォーターパラダイス最終31位最終レート1782
レジェンド・オブ・ラウンドf:id:shigumaaa:20210915134650j:imagef:id:shigumaaa:20210915134640j:imagef:id:shigumaaa:20210915134644j:imagef:id:shigumaaa:20210915134648j:imagef:id:shigumaaa:20210915134646j:imagef:id:shigumaaa:20210915134642j:image最終1位最終レート1857
トリックリリックf:id:shigumaaa:20220123174125j:imagef:id:shigumaaa:20220123174127j:imagef:id:shigumaaa:20220123174129j:imagef:id:shigumaaa:20220123174131j:imagef:id:shigumaaa:20220123174359j:imagef:id:shigumaaa:20220123174403j:image最終33位
ジムチャレンジf:id:shigumaaa:20220123171535j:imagef:id:shigumaaa:20220123172207j:imagef:id:shigumaaa:20220123172211j:imagef:id:shigumaaa:20220123172432j:imagef:id:shigumaaa:20220123171911j:imagef:id:shigumaaa:20220123172156j:image最終8位
新春!おみくじバトルf:id:shigumaaa:20220123171617j:imagef:id:shigumaaa:20220123171621j:imagef:id:shigumaaa:20220123171623j:imagef:id:shigumaaa:20220123171615j:imagef:id:shigumaaa:20220123171619j:imagef:id:shigumaaa:20220123171535j:image最終10位最終レート1794
InternationalChallenge February最終60位最終レート1856
とびはねろ!コイキング…最終31位最高レート1802最終レート1760
ピカチュウ対戦チュウf:id:shigumaaa:20220901230302j:image最終3位最高レート1882最終レート1862

 

オフライン大会

第1回ポケリーグ…best8、招待選手
金字塔…準優勝
クロスファイア…個人3-2 チーム1-3-1 ブロック4位予選落ち
ポケリーグ関西予選…best4、全国権利獲得
ポケリーグ全国大会…予選ブロック1-2予選落ち

ムゲンダイカップFinal…予選2-1抜け、best8

 

その他

第2回frontier…アローラジェネレーション
第3回frontier…個人優勝
baby cup(いろはさん主催)…1位
シロナ王決定戦(今日ポケch主催)…1位
その他仲間大会1位複数
リアルマスターズエイト(バンビーさん主催)…準優勝
game8大会…best4

 

〈7世代〉

シングル

S7最高2106
S14最高2022最終1939(チラチーノ入り)

ダブル

最高1877、最高最終26位バシャキザンジャローダ(記事は無い)

スペレ

シングル61最高1982最終爆死
ゆびをふる61最終1902最終3位

インターネット大会

メガランブル最高1807最終1769 最終16位
トリックホリック最終1861,1857 最終2位,4位
ピカブイ1on1最終1759最終11位
InternationalChallengeNovember最終1813最終80位
シンプルシンフォニー最高1816最終1738 最終18位

 

〈その他〉

スマブラ…vip50キャラ以上、エンジョイ兼動画勢
マリオカート8dx…動画よく見る、ゲームは最近やってない
ぷよぷよ…動画よく見る、ゲームは最近やってない
Vtuberにじさんじ箱推し。特に推してるのは笹木、童田、あまみゃ、不破。

ポケモンSV シングル最強キャラランク ver0.5

おはこんハロチャオ~ 何者なんじゃ?シグマです!

 

初めに

環境初期のキャラランクは「作成者が初めに触った構築に左右されやすい」「何を基準として作成したtier評価か明記されていないことが多い」「1週間後には評価が変わっていることが全然ある」等によりどうしても人それぞれ評価に大きな差は出るため、そこを踏まえて読み物感覚で楽しんでもらえれば、参考にしてもらえれば幸いです(という保険)。

 

f:id:shigumaaa:20221126204242p:image

Soldier Tier List|キャラランクメーカー for ポケモン ソード・シールド
こちらのサイトで作成してもらいました。いつもありがとうございます。

〈信憑性を持たせるために軽く自己紹介〉
剣盾S29…最終1位
公式大会…最終1位3回、環境がない初期においてより自身あり⁉

 

 

概要

・評価基準:環境予想込みでの総合面
筆者が強い型を思いついているかどうか
Eランクは未知数枠

・大まかな環境予想
地面、悪タイプの強ポケモンの増加→草、格闘、フェアリーの評価上昇→飛行の需要増
積み、要塞への対策必須

・全部書いてたら相当な時間がかかるためAランク以下は一部抜粋

・左右差無し

 

Sランク

・サーフゴーf:id:shigumaaa:20221126191927j:image

霊鋼と優秀なタイプ且つ高種族値で補完を組みやすい点、新特性で変化技無効により欠伸やトリック等の面倒な要素を無視できる点、専用技のゴールドラッシュや悪巧み、自己再生にトリック等の耐性に噛み合った優秀な技を覚える点と全てにおいて異常。型の開拓は単体でのポテンシャルの高さが重要であり、繰り出し性能を活かした「拘りトリック型」や絡めてによりテンポを取れる「残飯身代わり型」を初め挙げればキリがないほど思い付くため、新ポケモンでありながら型の豊富さも大きな強みの一つでもある。
環境上位メタとして採用されるモロバレルに対して選出段階でリスクを付けれるため、「ミミガッサ+サーフゴー+ドラゴン」の並びは対策必須。
地面悪環境なので耐性による殴り合いで負ける相手も一定数いるが、補助技無効の異常さと高水準の型の多さ、構築作成の簡略化を評価してSランク。

 

・オーロンゲf:id:shigumaaa:20221126200513j:image

ドラゴンに強い且つ悪に強い悪と環境に適応した最強タイプに加えて、新規習得した捨て台詞により両壁を圧縮した自身で殴れもするクッション型の定着、それにより対処しづらくなる粘土壁や襷等の型+実質的なタイプ強化により何をやらせても最高級。オーロンゲ=起点作りの固定概念をいち早く取り払う必要がある。それでいて序盤環境は壁+積みがシンプルに通り新規積みポケモンはそこそこいるのでそういった構築の起点作成要員としても自然と入ってくる。
悪戯心の場合に捨て台詞を始めとした補助技は悪タイプに通らないが、一番アドを取られる行動が役割破壊テラスタルor交代なので押してもディスアドにならない点が偉い。その反面、この択が悪相手に付き纏うのが懸念点。殴り勝つのが目的として採用しない場合は捨て台詞で緩和できるため環境に鋼テラスタルの多さはそれほど気にならない。
剣盾勢はこの位置のオーロンゲに疑問を感じる方が多いと思う。Sランクに位置付けるほど数自体多くないとは考えられるためAにするか最後まで悩んだが、S~Aランクなのは間違いないため意地を通してこの位置。

 

Aランク

キノガッサf:id:shigumaaa:20221126195320j:image

胞子+マッハパンチによる対面性能、サーフゴーやステロ撒き等の選出誘導力を襷枠で行える点、テラスタル誘発性能と最強の対面襷枠。受けに回ると後手になる悪準伝説に対して対面的に強く出ることが可能。
モロバレルとは違い新規習得した地ならしの存在でサーフゴー引きが安定とは言えないため、相手視点で択を発生させることが評価点(サーフゴーがキノガッサに後投げできる型が増えるなら環境に与える影響面でも凄いと捉えられる)。
Sランクに置くか迷ったが、テラスタルのタイプを考える際にこのポケモンを意識されることは必然であり、胞子透かしやマッパ半減が頻繁に起こりそうなのでAランク。

ミミッキュf:id:shigumaaa:20221126191959j:image

みんなご存知化けの皮だが、HPを減らさず且つ持ち物に依存せずに得た行動保障で鬼火、電磁波、トリックといったアクションを起こすことで、相手のテラスタルを抑制させる又は弱く切らせる→実質的にテラスタルを有効に扱えれる流れを確実に行える点が今作のミミッキュの固有の強みであると考えている。

それでいて基本的な剣の舞型も強力であり、ゴーストテラしてシャド影のリーチを伸ばしたり、ノーマルテラでミミッキュミラーで優位に立ったり補助技を仕込んだり等、剣の舞型の中でも選択肢は豊富。対面構築に是非入れたい一匹。ダイウォールによりトリックルームターンが強引に稼がれることがなくなったのもあり、トリックルームや道連れを活かした切り返しも魅力。

 

・イーユイf:id:shigumaaa:20221126195328j:image

受け辛い火力且つ範囲の新ポケモンであり、構築段階で引き先を用意していない中途半端なサイクルを全否定できる。押し付けるサイクル構築を組めたら最大限に力を発揮できるため、介護するだけの価値はある。最初は拘り持ちが強そうだが、襷を持たせてニトロチャージを持たせた対面的な型や脱出パック+オーバーヒートによる打ち逃げ型等、このポケモン相手に初手出し負けするだけでどうしても後手に回ってしまうため、初手はイーユイに強いポケモンを出来る限り意識したい。それにイーユイ側はアドバンテージを取れる構築を組みたい。

 

・ドラパルトf:id:shigumaaa:20221126195345j:image

露骨な新規悪タイプの増加によって多少苦しくはあるものの、素早さ種族値で劣る新ポケモンが出なかったことやフェアリータイプの少なさ、蜻蛉返りや鬼火を始めとした器用な技による対絡め手性能と一概に向かい風とは言えない、環境トップなのは間違いないポケモン。環境最速から行うことはどれも強力だが、過剰なメタの予想に加えて構築段階で軸にする場合素でのタイプ不利の多さが幅を狭める要因になると考えてAランク。

 

・ディンルーf:id:shigumaaa:20221126195352j:image

特性込みでの異常な耐久から行われるステルスロックやカタストロフィ等の盤面作成、絡め手や流し性能も兼ね備えた吹き飛ばしによる荒らし性能が強力。自然に吹き飛ばしを採用できる点がなによりも偉い。
カバルドンとは違い挑発に対してもカタストロフィでリスクを付けれるため容易に荒らされる。それにより挑発が押され難くなりステロが〜みたいなことが起こり得る。本当に耐久がおかしいため半端な抜群では倒れないため対処を知らないとどうしても仕事されてしまう。トリックがわかりやすい対策。
攻撃種族値も110と決して低いわけではないため、カタストロフィを採用できる突撃チョッキ型なんかも現れると考えられる。そうなると普通の起点作りの動きやすさがより高まる。
単体で試合を決めきるスペックがないくらいで正直弱い要素が見当たらない。

 

・トドロクツキf:id:shigumaaa:20221126195400j:image

無駄のない種族値配分からの制圧性能、龍舞+羽休めによる遅い展開での動きの豊富さ、積みだけでなく蜻蛉返りによるスカーフ型の選択等を高水準で実行できる。ラスタルで耐性をずらして龍舞が容易且つわかりやすく試合を終わらせる性能が魅力的であり、ブーストエナジーで上がった火力は天然に左右されないため止まり辛い点も強み。また、高耐久の回復技に留まらず挑発や身代わりによる拒否性能も兼ね備えているため、中途半端な受けでは対策できない。イーユイ耐性があるのも評価点。
ただし、防御方面が非常に脆い点と補助技で別ベクトルでの型が広がらなさそうな点でこの評価。

 

・パオジアンf:id:shigumaaa:20221126195406j:image

殴る方面で強い氷・悪を一致且つ高火力で押し付けるだけでなく、剣の舞+氷の礫・不意打ちと対処しづらい対面性能も兼ね備える。テラバーストで先制技のリーチを伸ばすも良し、ゴーストでキノガッサを意識するも良し、電気テラでヘイラッシャやマリルリを破壊するも良し。
攻め方面では文句なしだが、先にステロを撒かれていたり不意のスカーフ持ちに困ったりと困ることは多そう。

 

Bランク

パルシェンf:id:shigumaaa:20221126195413j:image

物理環境な上に比較的通りが良い環境であるように思われるが、採用されがちな見えない鋼テラに対して一生怯えなければならないのを積んだ後だと改善する術がなく、どうしても安定しないことが考えられて自分視点で強いと思えない。しかし相手視点では間違いなく強いためこの位置。評価が別れる一体だが、個人的にはこのポケモンにボコられた記憶がないため評価低め(間違いなく7世代も8世代も初期環境をやれていないせい)。

 

・ヘイラッシャf:id:shigumaaa:20221126195419j:image

高物理耐久+天然+欠伸によるストッパー・荒らし性能が強み。選出画面で多くの物理積みアタッカーを否定できるのが唯一無二の長所。
ただし、殴る行動自体が強いわけではなく、対策がわかっている相手だとステロと組み合わせたとしても掻き乱したように思えて全然削りを入れれていないことが頻発しそうなので個人的には評価は低い。触れるか迷ったが地割れがきmい。

 

・マスカーニャf:id:shigumaaa:20221126195426j:image

期待の変幻自在枠。専用技の確定急所、タイプ一致の叩き落とすや不意打ち、トリック蜻蛉返り等優秀な技は多いが、変幻自在の仕様変更と性能の噛み合わなさや元のタイプの弱さが目立つ。それでも意識し辛い一致戯れつくや挑発や撒菱、毒菱といった豊富な補助技による展開要員としても居場所を見つけれそうなためこの位置。

 

マリルリf:id:shigumaaa:20221126195437j:image

後手に回りがちなイーユイとパオジアンの一致技を両半減にできる、環境に多い地面・悪を筆頭にタイプ勝ちできる相手が多い、無理矢理サイクルさせた際に疲労してもアクジェでもう一仕事できる等の点を評価。特にアクジェに関してはイーユイやテツノドクガの様に低耐久高火力ポケモンは水が等倍以上のポケモンが多く存在するため強力。腹太鼓や草食等が広がったらもう一ランク上がるスペックはあるが、遅いため上から有利不利を逆転されることが多くなりそうなのを懸念してこの位置。

 

・ドオーf:id:shigumaaa:20221126195500j:image

ステルスロック+欠伸+高い特殊耐久+優秀な特性二つで他の地面枠と差別化を図れている。貯水と天然について、どちらも強力且つ役割対象が変わってしまうため構築次第になってくる。しかし、「貯水の顔をして水タイプの前で動かす」や「天然の顔をして積ませない」というように所謂相手がケアするかどうかの願望が絡んだ行動がどうしても付き纏うため、初期環境においては避けたい要素がどうしても付き纏うのが面倒。逆に言えば相手にすると貯水(天然)か否かのケアが求められるため、相手視点ではより強いポケモンだと考えて一旦評価している。
当tier表を作成した昨日(11/25)の段階ではAランクにいたが、地面に不利な点とトリックを踏まえてBに下げた。

 

・チオンジェンf:id:shigumaaa:20221126195506j:image

地面や水に後投げしてから宿木の種やカタストロフィ、叩き落とす等の汎用性が高い技で腐ることなくテンポを取る動きが主流になると考えられる、令和のナットレイ枠(?)。蜻蛉返りが四倍なので後投げするポケモンを選ぶ必要があったり弱点でゴリ押されたりと素のタイプが足を引っ張っているため、テラスタルを切ることで克服することができる。しかし、チオンジェンにテラスタルを切るのは先行テラになりがちでありこのポケモン自体試合を決め切るわけではないため、後続のポケモンでテラスタル無しでテラスタル権が残っている相手に頑張らないといけない展開になってしまい、結局どこかで強気な択を取って誤魔化さないといけない状況が生まれるのが想像できる。しかしながら初期は突破方法を知らない人がいそうなのと使い手次第ではかなり化けるので今後に期待…正直あまり増えてほしくない一体ではある。

 

Cランク

・セグレイブf:id:shigumaaa:20221126195515j:image

特定のポケモンに対して役割を持てる耐性と積みアタッカーとしては申し分ない耐久により意外と無起点で積める盤面が多そうであり、テラバーストも無理なく採用できるため範囲に困ることはなさそうなので高水準で熟してくれそう。初手に置いて強いポケモンではないため、積み構築に入ってくることも踏まえるとステルスロックに被弾することが多そうであり、テラスタルを活かして積んだとしてもステロダメージ+削り+先制技で縛られることが多そうなのが不安点。

 

ニンフィアf:id:shigumaaa:20221126195523j:image

ドラゴン、悪、格闘に強いフェアリーとして欠伸を屈指してニュートラルに戦える。炎テラ+テラバーストを採用することで枠を圧縮しながら瞑想や守る、バトンタッチといった補助技の採用に成功している。
しかし、環境トップのサーフゴーに隙を見せたり新規で優秀なクッション要員が多かったりトドロクツキの地獄付きでハイボを打てなくなったりと思いがけない要因により発売前の予想とは打って変わってこの位置まで落ちてしまった。

 

・キラフロルf:id:shigumaaa:20221126195529j:image

浮いているポケモンが少ない環境なので毒菱が強く、その毒菱を受けるだけで撒けてしまう中々壊れた特性を持つ。今作から毒菱は多くのポケモンにばら撒かれたが、他と比較して隠れ特性ふしょくにより毒展開を拒否するために出てきた低火力毒や鋼タイプに対して逆に毒々を入れることができるのも面白い。それだけでなく特攻種族値130からの大地の力やマジカルシャインエナジーボールといったサブウェポンも優れているため、型が広がりやすい点も強みであり今後に期待。

 

・イルカマンf:id:shigumaaa:20221126195533j:image

初手に投げてクイックターンから入り後ろから圧倒的な数値で暴れると良くも悪くもわかりやすいポケモン。このポケモンを評価していない理由として、一般的には初手に投げられるor選出されていないの二極化だと考えられるため0ターン目に絞れてしまう点、初手にどんな対面でもクイックターン又は交代を強いられているため選出段階で最大のアドバンテージを用意されてしまう点が挙げられる。数値だったり先制技だったり魅力的な点は多いものの上位帯では少ないと予想される。

 

・水ケンタロスf:id:shigumaaa:20221126195537j:image

悪・地面に強いタイプ+威嚇+無駄のない種族値で襷を持たせる必要がなくタイプ受けでサイクル加入ができる点で密かに注目している。
ステロ撒き全般に強い、不利対面でも威嚇を活かして腐ることがない以外の初手に選出しやすい理由は他にもあり、忘れがちな専用技「レイジングブル」で一定数いそうな壁を破壊できるのも魅力(サイコファングと違いロンゲにも通る)。マリルリほどの火力はないがアクジェも覚える。書いていても感じたが全然もう一ランク上がるスペックはある…がいきなりケンタロスをBに並べるのには気が引けたためここ。
余談だが手持ちアイコンは炎ケンタロスと若干違うため見分けることができるが、選出画面で見分けることができるかは未検証なので誰か試してほしい。ウーラオスになれる世界線がある。恐らく無理だが…

 

・ブロロロームf:id:shigumaaa:20221126195541j:image

唯一無二の耐性からの捨て台詞と毒菱でクッションとして運用できそう。クッション以外にもギアチェンジ+一致高打点+炎or地面テラスタルで積みアタッカーにもなりえる。特性防塵で胞子を無効化できるものの地ならしの餌食になるのが残念要素。

※要所要所更新していくかもしれません。

 

 

 

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!少しでも参考になったならば嬉しいです~

12月からランクマッチが始まったらTwitterで情報を発信したりYoutubeでランクマ配信を中心にやっていく予定ですので、もし良ければフォローやch登録等よろしくお願いします!!

www.youtube.com

 

何か質問等ございましたら、Twitter:@zenchino115までお願いします。

 

9世代へのバトンタッチ(8世代振り返り)

シングルと公式大会纏めて書いてるから長いです

f:id:shigumaaa:20221104214631j:image

〈サムネ用〉

 

2020年

S1~S3

受験期だからやらず
だけど脳内ポケモンバトル無限にやってた。特にダブル。

カマスジョーとコオリッポやばくね??って友達と言ってた。全然そんなことなかった(コオリッポは1位取ったけど)

 

S4 最終292位

〈初ランクバトル〉

中旬からやり始めて、一旦チラチーノから触り始めたけど初シーズンにしては想像以上に手応えがあった。月末は引越しのため、実質的な最終日である28日に10位から1勝5敗して撤退。後々判明するが、最終レート2029と案外高かった上にマッチングが相当悪かったのでワンチャン2100超えてたっぽい。でも前作の力からしても一発目にしては出来過ぎてるので前向きだった記憶。というかこの時期はランクマ情報を追えてなくて2桁がひとつの指標になっていることすら知らなかった。
この頃からキレイハナに目を付けて禁伝二体環境まで定期的に擦っている。蝶舞ちかすいバトンは流石に魅力的すぎるね

 

神速シングル 最終1位

本田圭佑

自信1発目の公式特殊ルール大会にしてまさかの最終1位!!しかもこのルールにして無敗!?今思い出しても本当に意味がわからないし当時流行ってた#本田とじゃんけん に対抗できるだろって言われてた。君勝率97%?俺は100%だが?それはそうとこの結果が剣盾での活動に繋がった気がする。フレフワン最高のポケモン
ちなみにTN「老武神・極」に話題を持っていかれた、、いやなんでだよ

 

S5

回線の工事を引越し後に申し込んでしまった為開通までに相当時間がかかり、最後数日で繋がるがマスボまで上げてやめた。この時は完全にテザリングの存在が頭になかったし、テザリング程度の回線でも充分ランクマできることをシーズン21にようやく知った。誰か教えろよ〜

 

S6 最終62位 f:id:shigumaaa:20221104204955j:image

〈初2桁〉

初の最終2桁達成で嬉しかった…んだけど、S4踏まえてもまだまだ戦えるとなんとなくわかった。そのため来期以降ここで止めないで済むように、一度2桁を踏んでおこうと撤退した。この時の考えはよく覚えている。
構築はチラチーノ入りに壁ピクシー+αみたいなもの。一生欠伸地割れカビゴンにお祈りしていた苦い記憶…

 

S7 最終30位 f:id:shigumaaa:20221104204955j:image

〈なんか勝てるな〉

前作のボスラッシュの参加権利が30位以上だったのを知っていたので、一つのラインとして目指していたのもあり前期以上にめちゃくちゃ嬉しかった。
このシーズンも相変わらずチラチーノ。正直な話、当時は切断バグが話題になっていた+受験明けと重なりいきなりチラチーノで連続2桁取る人が出てきたみたいな感じで、疑われていないか正直かなり不安だった。昔から関わり合った人も辞めていたのでこの頃からずっと一人でポケモンを考えるのが当たり前だった。
このシーズン使っていた混乱実ニトチャバトンエースバーンはガチで扱いやすかったが、これ以降使ってくれた人は一人だけだった。新たな型を生み出すという野望は7世代からあったが色んな面でまだまだその段階ではなかった。

 

ヨロイビギニング 最終69位

〈最弱〉

トリル×サイクル構築持っていったらガッチガチの対面環境で全く勝てなかった。結局剣盾で取り組んだネッ大の中で最も悪い順位だったし記憶から消していた…

 

S8 最終77位 f:id:shigumaaa:20221104204933j:image

〈ギャラが強いだけ〉

ヨロビギで萎え散らかしていたので代わりにシングルやるかと5日前くらいにやり始めて手応えなかったのに何故か2桁乗った。
ただただ龍舞ギャラドスが強かった。

 

S9 最終58位 f:id:shigumaaa:20221104204930j:image

〈悔いある一手〉

印象深いシーズン。朝6時地点で5位であり、そこから意を決して1桁チャレを潜った。HP満タンでダイマ残っているチョッキエスバとトレースで電気タイプになっているサーナイトの対面ができてエスバの体力が残っていれば裏的に勝ちの状況にも関わらず、特性でタイプが変わっていることを忘れてしまいアイアンヘッドを押してしまい耐えられて削られてしまい、それが直結して負け。そこからずるずる潜って時間終了。比喩とかではなく悔しくて泣いた。
この月の構築は自分の中でも中々のお気に入り。

 

S10 86位 f:id:shigumaaa:20221104203211j:image

〈マイオナたのし〜〉

中盤葉桜杯に参加して優勝してそこで多少は知ってもらえたかもしれない。ソルロックは最高のビジネスパートナーや…!ちなみに19日地点でソルロック入りで2ロム2000乗るくらいにはガチだった。
これをきっかけに初めてdiscordをインストールするが、ポケ勢がTwitter上では見えないところでこうやって取り組んでいることを知った(遅すぎ)(インストールするだけしたが別に交流が増えた訳ではない)。しかしここで偉大なるRさんに声をかけてもらえたのが大きくて今でも感謝してる。その時に教えてもらった珠破壊光線ゲンガーが強すぎて最後はこれを使ってた。あと最終日に真面目にフクスローのダメ計回してた(????)
この月の終わりに確か竜王戦開催の発表が行われたはず。

 

S11 エアプ

〈戦略的離脱〉

来月開かれる竜王戦の予選となるカンムリビギニングの詳細が中盤発表されたので、それに向けてランクマはお休み。制限環境1シーズン目はめちゃくちゃ楽しんでいたが、この月は催眠ゲンガーが特に増えてしまい嫌気がさしていたのもやらなかった理由の一つ。

 

バトルレジェンド 最終5位 f:id:shigumaaa:20221104202416j:image

〈詰ませおもろ〉

代わりに暇潰しでやったダブルのネッ大。ダブルでも逆張り極めており、誰も使っていなかったムゲンダイナで結果を残せた。今思えば逆張りの化け物を生み出したのはここなのかもしれない…。

 

カンムリビギニング 最終1位 f:id:shigumaaa:20221104203106j:imagef:id:shigumaaa:20221104202634j:image

〈分岐点〉

ルールが発表されてから3週間ポケモン以外の全てのゲームを断ち切り、ランクマもやらずに抜ける為だけに考察していた。今思い返しても全活動の中でもトップレベルで力を入れた大会だった。それで抜けることができたので死ぬほど嬉しかった。
初期考察の段階ではまだランクマが冠環境ではなかったものの、カンムリビギニング問わずランクマでも環境TOPになるのはサンダーだと確信していて実際にそうなって一人ウンウン頷いていた( ̄ー ̄ ) 本番まで気持ち隠しておいたアッキ充電サンダーと渦潮ミロカロスで暴れに暴れた。

 

S12

〈逆に鎧〉

カンムリビギニングも一通り終わったので、色々解禁されたことだしランクマも触ることに…とは言ったものの何故かパーティはドラパミミエスバポリキッスと見慣れたメンツ。いやなんで??
最高21チャレまでいくもののそこから溶かして最終日潜らず。レポートに追われてたと言い訳して諦めた苦い記憶が…(実際追われてた)

 

竜王戦予選 最終7位 f:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104202235j:imagef:id:shigumaaa:20221104202233j:image

イベルタルとの出会い〉

ずっとチョッキイベルタル+ゴツメヌオー@4で考えていた。そこそこのものができたので試運転がてらにネッ大で回してなんとか1850↑でフィニッシュ。カンビギ1位の時が1856だったので、これは中々高いんじゃない!?と思ったものの深夜段階で4位と表示されて戦慄した記憶。本当に上位争いがやばかったし抜けれてて本当によかった…

 

S13

〈脳内ポケモン

年末は帰省確定+2月開催予定の竜王戦に向けてランクマやらない月だと決めていた。色々あって帰省先のネット環境が無いため、Youtubeすらまともに見れなくて暴れてた。

 

2021年

S14 最終28位 f:id:shigumaaa:20221104202634j:imagef:id:shigumaaa:20221104203000j:image

〈もぐもぐ〉

サンダー+カバルドンの使用感が良かったためそれを軸に考えてた。自分にしては正統派な構築に仕上がったので結構好きな構築。後々出てくるが、冠環境は自分の思考でも自然とスタン系な構築に行き着くのでその点では好きかもしれない。
構築記事名の「もぐもぐ」は今思うときのみ3食べ残し1と言うほどだし、そもそもお行儀が悪いので良くない(小並感)
余談だがこの月の20日頃に竜王戦本戦が延期+来月から竜王戦ルールだと同時に発表されて凄い顔になってた。いや延期なのは参加者にはもう1週間前には知らされてたから準備できてたけどランクマになるとは大誤算だった。他の参加者が準備できてなさそうな割に自分は仕上がってたから延期されててもなんとかなるっしょ!wくらいの気持ちだったけど完全に一から取り組むことに決めた。使用予定構築はダイナカグヤバンギドリュラプラスウイン

 

S15 最終43位 f:id:shigumaaa:20221104201531j:image

〈不完全〉

印象深いシーズン。最終日前日まで隠しておいた(というのは嘘で何も思いつかなかった時ように残しておいた案に頼らざるを得なかった)白バド構築が覚醒して、最終日朝7時更新で1位の激アツ展開。更新的にもここで保存したら初1桁は堅いだろうなと薄々感じていた(保存してたら5位)けど、長いことポケモンやっててこのレベルまで勝てることがこの先あるなんて実力的に正直思えなかったし、ここで潜らないと後悔するだろうなと直感したので、8時に抜かれたから潜った。そして最強のプレイヤーと当たり負けた。そこからは負け→負けで気持ちが切れて撤退。
当時は相当萎えてたけど今思うとよく潜れたと思う。ここから白バドドリームが頭に植え付けられる。

 

S16 最終86位 f:id:shigumaaa:20221104202634j:imagef:id:shigumaaa:20221104202905j:image

〈迷走〉

この月はHBサンダー+HDガマゲロゲ+禁伝が最強だと信じて禁伝枠をコロコロしてたけど、結局纏まらずに黒バドで2桁で時間切れ…最強ではなかった。正直あまり記憶がない。
あと中旬に開かれたムゲンダイカップに信じたチョッキイベルタルと共に参加。10-9で最終レート1500着地でウケてたw

 

スパイクチャレンジ 最終4位 

〈懐かしの〉

ダイマ使用不可且つガラル・ヨロイ・カンムリ図鑑に登録されているポケモンのみ使えるルール=準伝説が使えない…と思わせてガラルサンダーがカンムリ図鑑に登録されているせいでカントーのサンダーまで擦り抜けて使えてしまうという。サンダー優遇されすぎだろ…
ウーラオスも使えるため当然サンダーが環境の中心になるが、ダイマックスが使えないため素暴風や静電気を始めとした追加効果が絡みまくるため相当ストレス溜まった記憶。
この時使ったバルジーナモロバレルダイマ無しカンムリ環境の個人的な結論だと思ってる。

 

S17 最終70位 f:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104202758j:image

〈結論〉

この月は弱保HBイベルタルが最強なのに気づいてるの俺だけだろ〜ってガチで気持ちよくなってて最終日を1位3位で迎えた。だが、ワイボザシアンが増えすぎてドヒドイデちゃんが狩られまくって結局中途半端に終わった。ここから竜王戦の構築提出までワイボザシアンのケアが一番の課題になってた。
ちなみに後々バンビーさんと竜王戦の出場者にインタビューみたいな動画で話した際に、バンビーさんも似たようなイベルタルをこのシーズン使っていたみたいでテンション上がってた思い出。

 

S18

〈脳内ポケモンpart2〉

カンムリリターンズだったが、月末に竜王戦本戦が控えているためほとんどやらなかった。
この月の1週目に、第2回frontierの1戦目だけ参加したが初っ端から順当に負けてしまった…

 

竜王戦本戦 best8 f:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104202758j:image

〈無念〉

思い出深い大会。コロナの影響で控え室が分けられたり能を直接見れなかったりと規模が抑えられたが初のオフなのもあって中々味わえない体験をできた。
結果は完敗。。課題であったワイボザシアンに対して、ドヒドザシアン対面ヒトム引きが全対応になる(ワイボ、巨獣斬、サンダー引き、一応剣舞まで)ことに気づき実践することができたのでそこはよかった。


セイムビート 最終4位 f:id:shigumaaa:20221104202708j:imagef:id:shigumaaa:20221104202708j:image

〈俺たちの夢〉

ポケモンと動画被りがありで準伝説と解禁御三家が使えない以外は何でもありのルール。イメージはヨロイ環境。
残飯トゲキッスで起点を作って悪巧みトゲキッスを積みエースにする、誰もが一度は憧れたポケモンをしてた(ほんまか?)。
数ある持ち物の中で唯一被ったのはオボンの実w もっとあっただろ

 

S19 最終6位 f:id:shigumaaa:20221104202632j:imagef:id:shigumaaa:20221104202634j:imagef:id:shigumaaa:20221104202629j:image

〈うおおおおおおおお〉

悲願のランクマ初1桁。それはもうめちゃくちゃ嬉しかったね。竜王戦を終えてモチベ爆上がりしてポケモンしまくってたけど、どのように取り組んでたのかは正直記憶にない。あとは炎の身体ヒードランをみんな知らなくてプチ刺さりしてた。

 

ウォーターパラダイス 最終31位

〈夏〉

水タイプのみ使用可能のシングル。ガッチガチの対面環境だったので苦手ではあるが、カムラ水ロトムを考え出してなんとか喰らい付いた。
良いところまでいったが最後連敗して悲しい。

 

S20 242位

〈乙冠~〉

最終日深夜に1桁まで行くが溶けて朝方撤退。ガラルヤドキング増えすぎて色々変わりすぎてた。

 

S21 500位とか

〈虫に囲まれてた〉

ダイマ無し環境でワクワクしていた…わけではなく、この月は実家送り+朝から夜まで時間が取れなかったので満足に取り組めなかった。
とは言えカイオーガ+エレザード+ペロリームで23日地点で2050は超えてた(1桁)し久しぶりにマイオナできて楽しかった。漢のエレザードペロリーム両選出で黒バドウーラ共有をカモりまくって気持ちよくなってた。

 

レジェンド・オブ・ラウンド 最終1位 f:id:shigumaaa:20221104202416j:imagef:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104201222j:image

〈回転〉

今はみんな馴染んだ幻ルール。9月初めもまだ忙しくて考察の時間が普段のネッ大の30%くらいしか取り組めていなかった+大会週の日曜日に実家から帰るという噛み合いの悪さだったが、どうせならという軽い気持ちで参加した結果なんと1位を取れてしまった。
最近何度も構築を見返したが、一切選出した記憶がない守身代ダイナと使い慣れているわけでもない残飯ジガルデやザシアンとどうして勝てていたのかが謎すぎる… 恐らくルギアで初手ダイマを止めまくったのとみんなルギアの倒し方を知らなかったからと予想。というのもあって、現幻環境が発表された日からルギアはザシアンと並ぶレベルでtier1だと確信があった。(でもS34も35も勝てなかった…どうして;;)

 

S22

〈記憶梨男〉

記憶がないけどポケモンhome見た感じ27日までしかやってなかったからお休みシーズンっぽい。リアルでなんかあったはず(超絶濁し)
これは何度か話したことがあるけど、珍しくダイマなし環境がそんなに好きになれなかったってのはある。

 

S23 最終64位 f:id:shigumaaa:20221104201919j:imagef:id:shigumaaa:20221104202352j:image

〈トゥントゥクトゥントゥク〉

メトロノームクリスモトリトドンゴチルゼルやポリ2を始め受けポケモンを能動的に崩しにいけることに気づいて1ヶ月通して外れることなく愛用していた。最終日も調子良く朝方に2100乗って1桁ラインにはいたけど結局溶かして終了…
でもダイマなし環境最後の最後でそこそこ戦えて満足していた。

 

ジムチャレンジ 最終8位 f:id:shigumaaa:20221104202758j:image

〈ナギが好きです〉

ドヒドイデでやりたいポケモンができた。カマスジョーとかフライゴンとかパーティにいたけど普通にガチポケだったりする。わざわざTNヤーコンポケに変えたのに参加登録できてなくてわろた

 

S24 最終17位 f:id:shigumaaa:20221104201531j:image

〈白バドリベンジ〉

竜王戦リターンズ&白バドドリームpart2
20日くらいに「白バドレジエレキのエレキを珠ダイマアタッカーにすれば相手壊せるんじゃね??」と思いつき最終日まで隠しておいてわくわくする様は正に遠足前の小学生。
迎えた最終日…それはそれは想像よりも遥かに通りませんでした。この現実を日付回ってからどうするか頭抱えていたが、トリル選出の方で補えるくらい勝てていたのでそっちを軸にしつつレジエレキは特定の相手にだけ投げるようにシフトしてなんとか戦えた。
この月も1桁チャレを何度かやったが全部通らなくて終わりまた次の機会に持ち越し。7時以降の勝負所の弱さを実感。

 

S25 最終7位 f:id:shigumaaa:20221104201259j:imagef:id:shigumaaa:20221104202235j:imagef:id:shigumaaa:20221104202233j:image

〈初年越しランクマきちぃ〉

ゼルネアスが比較的動きやすい環境になっていると感じて、るどるふさんが使っていた受けゼルネを思い出して回していた。軸が強くて2ロム1桁キープできてたりそこから帰省してテザリングで潜り始めたり@1が無限に決まらなかったりとなんやかんやあって二度目の1桁フィニッシュ。

 

2022年

おみくじバトル 最終10位 f:id:shigumaaa:20221104205220j:imagef:id:shigumaaa:20221104205223j:image

〈忘年会でルール決めるな〉

狂気の大会。運要素然りTOD必須然りで個人的には過去一狂っていた…の割には煮詰めれる要素や立ち回りが多くてかなり奥が深いルール。特殊ルールならではなので一度最終戦の動画だけでも見てほしい。
運も良くて44戦消化8時40分に2位から1位チャレを潜るものの、ミルク飲みで半分回復されたり残り5分で跳び膝蹴り引いてしまったりで下振れて終わり。こんなルールでも普通に吐きそうなくらい緊張していた自分に驚いた

 

S26 最終9位 f:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104202159j:imagef:id:shigumaaa:20221104202101j:image

〈ありがとう わらべだ♪〉

最後の竜王戦ルールはずっと戦ってきたイベルタルと共にTNわらべだ♪で1桁乗れて嬉しかった。
この辺りから1位を目指せる現実的なラインにようやくきていると実感。

 

S27 最終14位  f:id:shigumaaa:20221104200813j:imagef:id:shigumaaa:20221104201200j:image

〈ガチ本気〉

長期休暇+新ルールということでモチベ爆発して最初2週間くらいは毎日それっぽい構築一つ作ってたし、2月で日数が少ないにも関わらず最終的に800戦弱やるくらいには取り組んだ。
その割には心を無にしてザシアンにサンダー爆弾しまくったり初手イベルタルにマジフレリフレク択しまくったりで構築の完成度としては微妙… 最終戦考察していた弱保テッカグヤにわかるな〜って言いながら3ターンで降参して終わった。

 

INC,PJCS予選

〈また来年〉

ダブルの全国大会予選計4回。INC1回目の最終1856がベストでそこから落ちていった。完全に7世代と同じ。てかなんで1856で抜けれないねんってキレてた。
構築はトリルゼルネクロ→ザシオーガイシヘンジン→ダイナガレオ→ダイナガレオ。ダブルでも逆張ってる、というかズラさないと勝てないからまぁ賢明な選択。SVでは正統派構築を使いこなせるくらい腕つけて予選抜けたい。


S28 最終21位 f:id:shigumaaa:20221104201226j:imagef:id:shigumaaa:20221104201224j:imagef:id:shigumaaa:20221104201222j:image

〈久しぶりの〉

真面目に採用に至ったチラチーノと成長した自分の力で久しぶりに戦えて楽しかった。最終日深夜までは順調に戦えてて1桁+1勝してからも保存せずに潜るが、そこから7連敗してしまい130ちょいレート溶けて萎えかける…が気合いで戻して耐えた。
チラチーノはちょくちょく使っていたもののランクマで最終日構築にいたのは最初の方とこのシーズンだけだったので、SVでは隙を見てもっと活躍させてあげたい。イカサマダイスに期待〜
あとこの月に第3回frontierで本戦優勝できて嬉しかった。チーム戦の第2回から変わって個人戦だったので自分の思うように魅せることができて大満足だった。

 

S29 最終1位 f:id:shigumaaa:20221104201259j:imagef:id:shigumaaa:20221104201257j:image

〈革命〉

遂に神が舞い降りたシーズン。
前期終わった次の日に突如閃いてダメ計ぽちぽち回してたらなんかいけそうでテンション爆上がりで終盤まで隠してた。終盤煮詰める段階で相方禁伝が中々決まらなくて、それまで使っていた粘土ムゲンダイナ+弱保ホウオウ+積みヌオー+龍舞バンギの受け偽装壁積みリレーがそれなりに勝ててたから実は最終日までどっちを使うか迷っていた。
そして調子も良くて運も平運で7時50分に1位到達。抜かれたら当然潜るつもりだったし8時50分からでも戦う準備はしていたが、最終更新地点で5位以上だった人のうち2人が撤退報告や溶けた情報が入ってきて、ネット大会で鍛えた感覚でもこの状況だと保存の方が賢いと判断した。(これはよく議論されるが、8時30分くらいに1位になったならば自分は最後潜るべき派では今でもあるんだけど、この状況且ついざ自分がその立場にならないと尋常ではない勇気がないと潜れないものだと身に染みてわかった。本気であればあるほど。だからみんなSVではこれを味わうことを目指してみてほしい)。
ただただ信じられなかったし実感は遅れてやってきた。嬉しくはあるんだけど、信じられないが勝っていた。というか何なら今でも信じられんわ。また味わいたいね。
余談だけど、この月は最終日が土日であり何故か生活リズムがまともだったので、朝9時に起きて休憩挟みつつ計95戦やってた。今思うと体力配分は反省点だが夜中も集中力途切れずに勝てたので何かヒントが隠れてそう… 仮眠した記憶もないし特別なもの食べた訳でもないしわからん。

 

S30 ギリ3桁 

〈燃え尽き〉

2~4月ほど高モチベが続いていたわけではないが一応それなりにやっていた。にも関わらず全然勝てなかった。前期の結果が結果だっただけに相当萎えていた。
中盤スカーフ黒バドが総合的にこのルール最強じゃね?と思って色々試してたけど、最終的に使っていたルギアが明らかに問題だった。ただ型が当時テンプレの瞑想弱保だっただけに変えるに至れなかった。一生ルギアを使わないと決意。

 

S31 最終8位 f:id:shigumaaa:20221104201531j:imagef:id:shigumaaa:20221104201528j:image

〈夢〉

白バドドリームpart3
この月の中盤に「適当なポケモンの育成論を匿名でポケ徹に投稿して誰が一番評価もらえるか」という謎の遊びをして自分はハリーセンを書くことになったんだけど、持病として患っている定期的に訪れる「白バド使いたくね〜?」の時期と偶々重なりハリーセンと白バドの相性がいい奇跡が起こりずっと試していた。なんなら下旬に行われた金字塔オフで準優勝した。ただ、なんやかんやあって29日にハリーセンさんだけ離脱…その犠牲もあってか遂に白バドを初1桁に乗せてあげることができた。今纏めてて気づいたが、打ち砕かれたS15から倍のシーズンが経っててウケた

 

とびはねろ!コイキング! 最終31位 f:id:shigumaaa:20221104201633j:image

〈スペレっぽいのキター〉

コイキング+αで戦う2on2。やってることは61っぽくて61は1番好きなルールだから意気込んだものの、全然満足いかない結果で終わってしまった。
上位者がみんなエースバーンだったので、心中したパッチラゴンがそもそも違った。いや準備段階では悪くはなかったんだけどこうも勝てないと自信無くすな…って凹んでた。

 

S32 最終25位 f:id:shigumaaa:20221104201709j:imagef:id:shigumaaa:20221104201732j:image

〈見た目オシャ〉
ホウオウ絡みやルギア、ジガルデ等の絡め手が増えていたのでブラックキュレムで全部破壊していた。見た目以上に意外と真面目なポケモンを強いられていたから楽しかった。

 

ピカチュウ対戦チュウ! 最終3位 f:id:shigumaaa:20221104201856j:image

〈忘年会で全部決めるな〉

ピカチュウ系統だけ使えるシングル63。指振り→コイキングピカチュウと(良い意味で)馬鹿ルールが続いていたので今年の公式大会班はよくやってくれてたと思う(いや誰??)
レートはというと1882で過去最高レートを更新できたんだけど、それでも3位だったから突き詰めれば勝てるルールだっただけに謎にインフレしてた。SVでの目標は1900越えにしよう。

 

S33 最終8位 f:id:shigumaaa:20221104201922j:imagef:id:shigumaaa:20221104201919j:image

sigma sun〉

最初はホウオウポリ2で真面目なポケモンを目指していたが、気づいたら壁・バトン・晴れとカオスなことになってた。
この月にあったGame8の大会は準決勝までは無敗だったものの最後はbest4で終わった。予選からかなりメタってたけど最後は練度の前に惨敗…

 

S34 最終292位

〈勘違い〉
幻ルール。ポケリーグ関西予選に向けて序盤から潜り続けて、珍しくインフレさせようと20日前後に掛けて1~30位の間で2ロム計150戦以上戦った。結局2000チャレ3回通らずにポケリーグ迎えたけど。ポケリーグは目標のbest4に入れてよかった。カンムリビギニングや他の企画でも言えるけど、目標設定してそれに向かって順序よく取り組めば結果として出てるから、本気でやると決めたシーズンはそうするべきだと書いていて思った。もしかして振り返り得か??
ちなみにランクマは惨敗だったので記憶から消したw

 

S35 最終199位

〈完〉

最終日深夜2ロム50~150位とかでうろちょろ。メタるべき対象はわかっていたけど、最後まで解答がわからずに最後溶かして終わり。正直幻環境苦手だった…

 

 

 

剣盾結果

ランクマ…1位×1回 1桁×6回
公式大会…1位×3回 1ページ目×11回

9世代目標

ランクマ…最終1位。
ダブル…PJCS予選抜け、トップカット入り。
公式大会…竜王戦本戦優勝。他特殊ルール遊び尽くす、レート1900超え&1位。

 

剣盾最高のゲームでした。メガやZ合わせてもダイマックスは1番好きだった!!

SVでも楽しみながら0から1を生み出す今のスタイルでいくと思うので、よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

【POKE LEAGUE関西予選Best4】レジェンドサイクル・改

シーズン終わったら書くつもりだったけど完全に忘れててアチャーって感じ、どうもシグマです

ポケリーグbest4入りを目標に試行錯誤して仕上げた構築です!

 

 

f:id:shigumaaa:20221004142911j:image

コンセプト

ライブ大会ルールである「持ち時間5分総合時間15分」のルールは最大限に活かしたサイクル構築→ポケリーグで勝つための構築
・倒し切らなくても自分は生き延びてTODで戦えばいい。削る技ではなく複数体で耐えるための技を可能な限り採用する。
(ムゲンダイナのリフレクター、ホウオウ・ルギアの電磁波)

TODで全部勝つレベルの構築にするために、全てのポケモンにHP252振り、回復技・回復要素を仕込む。
(ナットレイは最後に補完として入ってきたため高速再生技無し且つHPが低いため若干不安要素)

・BO3を想定して相手の情報や立ち回り方を得られて試合を形成できるサイクル構築。初戦は自分は安定行動を一貫し続けれて勝つのが理想。
(誰が珠を持っているか、耐久振り個体なのか、物理か特殊か、相手はこちらのどのサイクルを崩せずに負けたか等の情報全てが2戦目以降戦う上で有利に働き、サイクル安定性の向上に繋がる。)

単体解説

ムゲンダイナ

f:id:shigumaaa:20221004134542j:image
性 格:臆病
特 性:プレッシャー
実数値:247(252)-*-117(12)-166(4)-143(220)-168(20+)
持ち物:黒いヘドロ
技構成:ダイマックス砲 / マジカルフレイム /  リフレクター / 自己再生

〈調整〉
HD…特化カイオーガのC-1珠130ダイアイス3回+霰ダメ3回を自己再生2回+黒いヘドロ2回で確定耐え
  特化イベルタルのC-1珠140ダイジェット+ダイアークを黒いヘドロ込みで確定耐え
S…最速100族抜き

マジフレとリフレクターと高い素早さによる雰囲気対応で9割以上選出、うち8割は初手に投げる構築の軸。BO3においてダイマ砲の有無による影響と毒々の崩しの必要性を比較した結果、見えてないダイマ砲・"見せた"ダイマ砲共に変えが効かないと判断してダイマ砲を採用。

イベルタルの物理・特殊は現環境なら構築を見てある程度判別できるため、それに合わせてリフレクターがあるお陰で対応していた。BO3ならより一層安定して対処できる。

 

イベルタル

f:id:shigumaaa:20221004134710j:image
性 格:控えめ
特 性:ダークオーラ
実数値:233(252)-135-122(52)-176(68+)-121(20)-134(116)
持ち物:命の珠
技構成:悪の波動 / デスウィング / 不意打ち / 羽休め

〈調整〉
C…ゴツゴツメット+ダイバーンでH199D136ザシアンを確定
  ダイジェット+ダイバーンでH199D154ザシアンを確定
  ※不意打ち↔︎熱風と両方試していた名残り。
HB…陽気マーシャドーの岩石封じを98.9%で二耐え
  特化ザシアンのA+1巨獣斬+珠ダメを確定耐え
HD…臆病黒バドレックスのアストラルビット+ダイフェアリーを確定耐え
S…+1で最速マーシャドー抜きライン意識
  自分のルギア+1

ダイナイベルネクロのイベルタルは突撃チョッキや食べ残しHD等の耐久特化のイメージが強いが、最低限サイクル戦に介入できるようにしつつBO3に於いてサイクル構築での珠枠は2戦目以降で強力な動きをできるため耐久振りベースの命の珠で採用した。そもそも物理イベルの増加によりイベルで相手のイベルを見る動きが怪しいため、それならいっそ両立しようといった感じ。

耐久振りで採用する以上、+1でザシアンと黒バドを抜けない点に視点を置き技を決めるが、ザシアンを倒すことを諦めてステルスロック展開相手にも非ダイマでも黒バドを処理するために不意打ちを採用した。物理or特殊を曖昧にさせたり初戦で技を隠すことで要所で通しやすくしたりとBO3向きの技構成と言える。

他のポケモンで耐えて残り時間5分でこのポケモンを着地させてダイマを切って判定勝ちするのが本構築の最大の勝ち筋だった。2回殴り終えることを狙いに残り5分で着地させるのか、1回だけ殴ることを狙いに残り3分半で着地させるのかの時間管理が非常に難しい。

 

 

日食ネクロズマ
f:id:shigumaaa:20221004134953j:image
性 格:腕白
特 性:プリズムアーマー
実数値:204(252)-178(4)-194(236+)-*-131(12)-98(4)
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:メテオドライブ / 地震 / ステルスロック / 月の光

〈調整〉
HB…特化ザシアンのA+1インファイトを確定三発
S…麻痺した最速マーシャドー抜き

レジェンドオブラウンドから引き続き1ヶ月通して信用していたポケモン厚底ブーツを持っていないルギアではステロ+ザシアンに勝てないため、ステロを撒きそうな相手には優先して選出していた。

地震は必須としてHB日食ネクロズマのステロ以外の選択肢として、90族付近相手にダイマを誘発させる要素を追加したり死に出しで切り返す前提のザシアンを起点にしたりと単体だけでも充分に採用価値がありそうな竜の舞(か今回のコンセプトに当てはまるとコスパや電磁波)だと考えており、剣の舞は採用に至ることはないと纏めていたが、準決勝でボコられたりランクマでも上位帯で当たったりで何もわからなくなった。この環境のHB地震剣舞の強みをどなたか教えてほしい。

 

ルギア

f:id:shigumaaa:20221004135220j:image

性 格:図太い
特 性:マルチスケイル
実数値:213(252)-*-198(236+)-110-174-133(20)
持ち物:食べ残し
技構成:身代わり / 電磁波 / 吹き飛ばし / 自己再生

〈調整〉
ミラー意識でS28まで振っていたがミラーが起きなかったためS20振り抑え。

ザシアン受け兼TODに持ち込むポケモン。日食ネクロズマではオーガザシアンや黒バドイベルオーガ全採用相手に動きづらいため、それらにはルギアに相手してもらっていた。

ノーウェポンで身代わりまで採用して盤石にすることでTODで勝ち切るを体現。残り4~5分で吹き飛ばしで有利対面を作り補助技or交代に合わせて珠イベルタルやホウオウに引いてダイマを使い切ってTOD勝ちをする動きが必須。

ルギアの電磁波はザシアンに身代わりを張られたとしてもその時点でHP割合で有利になるため問題無い上に、相手視点1サイクル目でそれに気づけない人が殆どであるためHSっぽくても電磁波から入っていた。

余談だが、ゴツメの削りでも言えるがサイクル構築でザシアンを選出するだけでTOD不利になってしまう盤面がかなりあるため、TODを最大の勝ち筋にしている本構築ではザシアンは採用に至らなかった。

 

ホウオウ

f:id:shigumaaa:20221004135427j:image

性 格:身長
特 性:再生力
実数値:213(252)-151(4)-117(52)-*-210(132+)-119(68)
持ち物:厚底ブーツ
技構成:聖なる炎 / ブレイブバード / 電磁波 / 自己再生

〈調整〉
HD…特化黒バドのアストラルビットを確定三発
  臆病カイオーガの潮吹き+ダイジェット最低乱数後潮吹きを確定耐え
S…+2で+1最速90族抜き

残りはイベルタルイカサマ意識で攻撃ではなく防御。

黒バドのアストラルビットを三耐えしないがそこで自己再生を押してもリターンを得られないため、黒バドに投げた後に居座りと引きに両対応できる電磁波をルギア同様に評価(スカーフだと麻痺しても抜けないため、ダメ計で控えめか確認できたら再生を押す等変える)。技スペが足りないとされるポケモンの電磁波はただ雰囲気で採用するのではなく、明確に打ちたい場面を想定して意味を持たせて採用することを心掛けたいし、そうしてほしい。

 

ナットレイ

f:id:shigumaaa:20221004135637j:image

性 格:呑気
特 性:鉄の棘
実数値:181(252)-114-201(252+)-*-137(4)-36
持ち物:オボンの実
技構成:タネマシンガン / ボディプレス / 鉄壁 / 宿木の種

〈調整〉
ゼクロム意識でHB

地面↔︎フェアリーでの不毛な透かし合いを嫌うと共に弱点保険ゼクロムの増加により地面タイプで軽率に殴りたくないため、弱点を突かずに見ることができ、ゼクロムの最高の相方であるカイオーガにも見た目強いナットレイを評価。地面タイプ以外でゼクロムを誤魔化そうとすると積まずに雷撃から交代されるだけでサイクル不利を取ってしまうが、鉄の棘+宿木の種のおかげで解消できる。

鋼技を切ってる弊害としてザシアンをダイマで誤魔化せない点だけが微妙。

 

基本選出

f:id:shigumaaa:20221004174720j:imagef:id:shigumaaa:20221004174717j:imageorf:id:shigumaaa:20221004174712j:imagef:id:shigumaaa:20221004174723j:imageorf:id:shigumaaa:20221004174715j:image
・初手カイオーガとダイナルギア以外が対面するのが最悪なので初手ダイナから入ることが殆ど。
ゼクロム入りにはナットレイを選出。穴ができて崩れないように組み替える。
イベルタルと黒バドが両方いなければダイナ日ネクルギアのステロ+吹き飛ばし選出をすることもある。

 

結果

POKE LEAGUE-関西予選-
予選5-2、決勝トナメ2-0→2-0→2-0→0-2でBest4
予選は5/7がTOD

 

またシーズン34ではナットレイ→HBジガルデ、ムゲンダイナのリフレクター→毒々、ホウオウの電磁波→守るに変更して使用。環境の変化に適応できず最終293位、残念。

f:id:shigumaaa:20221004170643j:image

 

 

目標達成に向けて試行錯誤する行程は他に変え難いほど楽しかったですし、そこに結果もついてきてくれて嬉しい限りです。ランクマは奮いませんでしたが、切り替えてポケリーグ本戦でも頑張ります。関東予選の方も顔を出すので参加される方はよろしくお願いします!

 

Twitter:@zenchino115

【S33最終8位】咲き狂う太陽バトン【剣盾シングル】

どうも、シグマです。

長かったGS環境、最後までお疲れ様でした!地球では8月も終わりということで今年はとても暑い日々でしたね(適当)。ということで図らずとも凄く暑そうな構築に仕上がりました。


f:id:shigumaaa:20220901183154p:image

f:id:shigumaaa:20220901174811j:image

コンセプト

・ホウオウ+トリルポリゴン2でサイクル化での後発ダイマ展開

・こちらのやりたいことを通す、対話拒否

 

構築経緯

現環境をこれまで6ヶ月やってきた感覚として、中速珠ダイジェット禁止伝説+トリックルームの形はどんな禁止伝説であろうと強いと確信に近いものがあったため、一致ジェットができてサイクル化でトリル展開も見込める珠ホウオウ+f:id:shigumaaa:20220901160616j:imageトリルポリゴン2f:id:shigumaaa:20220901160631j:imageがこの形の中で最も強そうだと考えたところからS34はスタート。この2体だけでもバドザシサンダーランドラキヌオーのような並びに有利に戦えそうなのが高評価。ここに初手から投げてスカーフの顔をしながらカバラキヌオーナット等に圧をかけつつサイクル化でいきなりトリルエースになったり、初手ホウオウで雑にダイマを切れるようになったりと鉢巻ウオノラゴンf:id:shigumaaa:20220901160653j:imageを評価していたためこの3体を基本選出に考えた。

ホウオウの相方禁伝はgame8様の大会を通して模索していたが、最終的にはグラードンf:id:shigumaaa:20220901161359j:imageに行き着いた。ホウオウグラードンだと相手のカイオーガとジガルデが露骨に重いためドラパルトf:id:shigumaaa:20220901160721j:imageを採用した。また、ここまでイベルタルが重く珠ホウオウも積みグラードンも壁があるだけで単体で試合を形成できるスペックがあるため壁も組み込むことにしてオーロンゲf:id:shigumaaa:20220901160818j:imageを採用した。

これで最終日前日まで回していたが(ノラゴンをナットレイに変えることもあった)、当初のホウオウポリ2+ノラゴンのノラゴンの役割は珠ホウオウとグラードンでそれぞれできるのに気づいたこと、オーガ入りにはノラゴン(ナットレイ)と晴れの要素を生かす選出ではなくドラパルト絡みの選出の方が勝率が高かったこと、対ラキヌオーではないバドザシの勝率が悪かったことより変更を決意。上記を改善+ゼルネアスに対抗できるポケモンとしてメタモンf:id:shigumaaa:20220901161432j:imageを採用した。

 

要素としては、サイクル+トリル後発ダイマ、初手ダイマトリル、壁ダイマ、壁バトン、晴れ(小並感)とてんこ盛り構築になった。

 

単体解説

ホウオウ

f:id:shigumaaa:20220901100709j:image

性 格:意地っ張り
特 性:再生力
実数値:197(124)-200(252+)-114(28)-*-175(4)-123(100)
持ち物:命の珠
技構成:聖なる炎 / ブレイブバード / 身代わり / 自己再生

〈調整〉

A…バトンに頼らずとも押し切れるように妥協せずに特化

S…S4振りサンダー抜き抜き、自分のグラードン+1

主軸。身代わりは主にラッキーの甘えるとヌオーの欠伸を嫌い採用した。

初手ダイマ荒らし、トリルと合わせたサイクル下での後発ダイマ、非ダイマでの強い様子見行動持ち、再生力を生かしたTOD適正、バトンエース等全てをハイスペックで熟す。このポケモンの最大の強みは再生力を生かしたサイクルだが、壁やトリル、晴れやバトン等を用いて別ベクトルの強さを見出すことができた。

とは言ってもやはり再生力は偉大で、残数を意識したサイクル戦は楽しかった。使っていくうちにこのポケモンがどれだけメタられようともこの環境最強と上がる人が一定数いる理由がわかった気がする。

 

グラードン

f:id:shigumaaa:20220901161359j:image

性 格:意地っ張り
特 性:ひでり
実数値:207(252)-204(124+)-161(4)-*-115(36)-122(92)
持ち物:カゴの実
技構成:地震 / 岩雪崩 / ビルドアップ / 眠る

〈調整〉

A…地震でB4振りザシアンに170~204ダメ(目安)

HB…意地ザシアンのA+1巨獣斬で62.3~73.9%(目安)

HD…控えめサンダーの珠ダイジェットを確定耐え

  臆病カイオーガのダイアイスを確定耐え

  C4振りムゲンダイナのダイマックス砲を確定二耐え

S…S4振りサンダー抜き

なんか外を明るくしてくれるポケモン

このポケモンを考察する上で第一に上がるのはジガルデとの差別化だが、

・フェアリーとドラゴンタイプが弱点ではないため、ザシアンや龍禁伝と打ち合える又は壁下で起点にできること。

・素の攻撃と防御がジガルデよりもかなり高く、1積みからの殴り合いでも充分数値が高いため壁ターンと共に殴り合えること。

・日照りを生かしたサイクル形成。

等が挙げられる。特に1番最初のザシアンを壁下で起点にできるのはザシアン環境において大きいと感じた。

初めは食べ残しを持たせた身代わりビルドアップ型を使用していたが、展開が余りにも遅すぎるため壁ターンを無駄に使ってしまうのとそれこそジガルデでよくね?となったため眠カゴに変更したところ、展開が比較的早い且つHP管理もわかりやすく強力で使用感が良かったため最後まで採用した。岩石封じではなく岩雪崩の理由は130ダメージのダイロックを打ちたかったのとこの構築だと岩石封じが必要な相手がいなかったため。

構築にナットレイ等を入れてカイオーガ相手にに真っ向から立ち回ったり襷エスバやリザードン等で晴れ下で殴りあったりと晴れを主軸にするのも手だが、この構築では様々な要素の主張が強いため晴れギミック自体は控えめだった。

断崖の剣を採用することで壁化ではない対ザシアンとの打ち合いで勝てるようになったりヌオーを押し切れたりとこの2点だけでも採用価値は十二分にあり、断崖が採用できるのであれば理論上はこのポケモンのキャラランクはもう一つ上がるはず。しかし、それでも採用には至らなかったし地震の方が勝率は高くなると思う。

 

オーロンゲ

f:id:shigumaaa:20220901101239j:image

性 格:腕白
特 性:悪戯心
実数値:202(252)-140-118(180+)-*-105(76)-80
持ち物:光の粘土
技構成:イカサマ / 挑発 /  リフレクター / 光の壁

〈調整〉

HB…壁下で意地ザシアンのA+1巨獣斬を13/16耐え

HD…壁下で控えめカイオーガの珠潮吹きを14/16耐え

初手に投げて相手の展開を阻止しながら壁を貼るだけでなく、後発から投げて再生力を生かした壁展開をすることもある。グラードンホウオウの並びは見た目だけならザシアンに強そうだがどちらもダイマしないと負けてしまうため、初手ダイマ以外では普通に壁に頼る必要がある。

他の壁と比べてオーロンゲが優れている点は耐性と特性を生かした壁の再展開ができる点であり、一度引く動きは最早必須であった。しかし、バトン展開においてはドラパルトのHPが最も大切であるため、オーロンゲを切って通し切る判断も求められた。

 

ドラパルト

f:id:shigumaaa:20220901101353j:image

性 格:陽気
特 性:クリアボディ
実数値:195(252)-141(4)-109(108)-*-113(140)-179(4+)
持ち物:弱点保険
技構成:ドラゴンアロー / 鬼火 / 龍の舞 / バトンタッチ

〈調整〉

HB…壁下で意地ザシアンの+1じゃれつくを13/16耐え

HD…臆病サンダーの珠ダイジェットを確定耐え

S…気持ちバドザシのザシアンを抜けるくらい

半年ぶりの「未来へのバトンタッチ」要素でありこの構築の核。最終日動画を見てもらえればわかるが5割はバトンしてた。そうです、バトン構築です。

特性はランドロスガオガエンの被選出率の高さ、壁下でのメタモンのコピー対策としてクリアボディ。鬼火の枠は選択だが、遅いザシアンやその他色々に打てる汎用性が高い技として採用した。貴重な炎要素。

使用していく中でホウオウとドラパルトの縦の関係が非常に優れていることに気づいた。論理としては、ホウオウが苦手な相手は壁ドラパルトの起点であり、その相手は上からホウオウを縛るポケモンが多いためバトンタッチを繋げてしまうと止められなくなってしまう。これが簡単に通らない相手はカバルドンくらい。当初は構築経緯通り対ジガルデやカイオーガだけを担ってもらうつもりだったが、対ザシイベルやザシホウオウだけでなく時にはバドザシにも投げることがあった。

また、バトン後でも素の素早さが高いため、ホウオウで打ち負けた相手場合でもドラゴンアローでスイープできるのも偉い。具体的には威嚇を屈指してなんとかダイマカイオーガがダイジェットを耐えるようにされたときに働いた。

 

ポリゴン2

f:id:shigumaaa:20220901101413j:image

性 格:生意気
特 性:トレース
実数値:191(244)-100-113(20)-125-160(244+)-72
持ち物:進化の輝石
技構成:イカサマ / 冷凍ビーム / トリックルーム / 自己再生

〈調整〉

HB…陽気霊獣ランドロスのA-1珠ダイジェットを確定二耐え、A+1珠ダイジェットを13/16耐え

HD…控えめサンダーの珠ダイジェットを92.2%耐え

ホウオウとグラードンニュートラルの状態の場合にサンダーとランドロスの型問わず共に不利を取ってしまうため、引き先且つ切り返す手段としてトリックルームを持たせたポリゴン2を評価して採用した。今月ホウオウを使う中でこのポケモンを外したことは一度もなかった。

終盤はバトン展開が多くなっていったが、それでも対バドザシをはじめ目論見通りの強さを見せてくれた。

HPが削れた非トリル化やトリルが終わるタイミングでザシアンと対面するのだけは避けるように気をつけていた。

 

メタモン

f:id:shigumaaa:20220901161432j:image 〈チッサ

性 格:生意気
特 性:変わりもの
実数値:155(252)-68-88(92+)-68-89(164)-47
持ち物:拘りスカーフ
技構成:へんしん

〈調整〉

S個体値0

前期に引き続き採用。ゼルネアス入りに選出しバドザシ側の選出を歪ませることができる。トリル展開でもバトン展開でも厳しそうなバドザシ(悪っぽいウーラ入り等)に何度か選出した。また、初手のオーロンゲザシアン対面で剣の舞をされるときつい展開になるが、このポケモンがいるおかげで悠長に積まれることがなかったため機能した。

対バドザシに於いて、ザシアンを通したければサンダーヌオーの選出を、黒バドを通したければバンギガエンラッキーの選出を強制できるのは当然だが、いるだけで選出画面で相手の対応幅に制限をかけるという性能が異常であり、誘う受けポケモンはヌオー以外は積みの起点であるためその点でも構築と噛み合っていた。

また、このポケモンの唯一無二の性能として相手のメタモンの選出を抑制できることも凄いと感じたため、バトンが主軸となる本構築では生きていた…と思いたい(私が相手にメタモンがいるだけでメタモンを選出したくなくなる人間なため)(実際他の人がどうなのかは知らない)。

 

 

きつい相手

カバルドン

呪いミミッキュ

吹き飛ばしルギア、吹き飛ばしホウオウ

 

結果

TNバルバドス 最終8位最終レート2080

f:id:shigumaaa:20220901175257j:image

最終日垂れ流し動画…https://youtu.be/gnr34N9u_N4

 

 

長かったGSシングルも遂に終わりました。この構築が果たして集大成なのか?という疑問はありますがこれはこれでいいんじゃないんでしょうか。暑い季節の移り変わりとともに剣盾も終わりを迎えつつあります。

暑いといえば炎…ファイア…そう、クロスファイアという名のオフがポケリーグ関西予選前日に開かれる予定でそこで僕も運営として参加するのでよければどうでしょうか!?(無理やり)

クロスファイアオフ要項

 

それはそうと

f:id:shigumaaa:20220901175737j:image

7シーズンの纏めだけどなんだこいつ!?って感じですね、思わず引いちゃっても構いません。受け入れます。

禁伝2体環境遊び尽くしたし今後もこのスタイルで最上位を目指すことが多いと思うので皆さん何卒よろしくお願いします!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあればTwitter @zenchino115 まで。

【ピカチュウ対戦チュウ最終3位】我ら悪いこと考えチュウ【ポケモン剣盾】

どうも、シグマです。

ようやく結果発表されましたね。ホワイト企業は先週までお盆休みがあるみたいなのでゲーフリ(?)もそういうところだと分かり安心しております

と下書きに残していましたが今週に入っても集計終わっていません。これは何か事件の匂いがするな…

 

f:id:shigumaaa:20220815100516j:image

f:id:shigumaaa:20220823182345j:image

コンセプト 

・初手の行動を予め決めておき、相手の行動に応じて全対応を目指す。

アローラライチュウの役割を分散しながらアローラライチュウを通す。


考察

先に簡単なルール説明からすると、

ルール

・使用可能ポケモンピチューピカチュウ、原種ライチュウアローラライチュウのみ。ピチューピカチュウは確定、原種ライチュウアローラライチュウから選択での3体でパーティを構成するシングルバトル(以降f:id:shigumaaa:20220816110637j:image=ライチュウf:id:shigumaaa:20220816110653j:image=アロライ、区別しない場合は両ライチュウと表記)。
・試合時間20分待ち時間7分

ダイマックスあり

基本概要

・素早さ操作手段は高速移動、ダイアタック、エレキネット(対アロライ)のみ。

ピチューピカチュウライチュウは物理、アロライは特殊偶に物理で殴る環境であるため、基本的には物理環境。最大打点は穴を掘る媒体のダイアース。

種族値の違いとしてライチュウは60-90-55-90-80-110、アロライは60-85-50-95-85-110。物理耐久はライチュウの方が高い。

・初手ダイマ前提、後発ダイマ、積み、起点作り、耐久と型・戦術が豊富。

 

まず使用可能ポケモンが極めて少ないことにより、初手の展開を全て想定しながら構築を組む方法を取れるため簡潔に纏めてみることにした。その中で初手の展開負けがそのまま構築作成段階での幅を狭めてしまうため、最も単体性能が低いピチューを初手に置くことはあり得ないと早い段階で決めた。まずはどんな組み方があるのかを初期案として考えた。

 

①初手非ダイマピカチュウ 後発DM両ライチュウ

・電気玉猫騙し石火ピカチュウ+ピカチュウ抜きまで削ったB振りライチュウ

・電気玉高速移動ピカチュウ+巧みアロライ

初手のライチュウ対面でピチューに即引く動きが安定しない。ピカチュウダイマを切らせて両ライチュウを通すのがベストであり、猫騙し電光石火で例えダイマされてもいいみたいな考え方。高速移動守るだと対ピカチュウでアドを取りながら裏と対面できるが、ピチューのじたばたで倒されてしまう。初手シュカ両ライチュウに勝てなかったりと不安点あり。


②初手DMピカチュウ 後発両ライチュウ

ピチューダイマを枯らされる展開を考えるとピカチュウはダイナックルベースの瓦割りが欲しくてABベースがいい。両ライチュウは相手のライチュウピカチュウがダイアースで特防が上がった状態でラスイチ対面することを考えると物理の方がいい?両ライチュウの強い型を考えつければありより。

 

③初手非ダイマライチュウ 後発DMピカチュウ

・最も数値が高い両ライチュウを初手に投げてダイマされなければ殴り合い、ダイマされても最低限仕事をしながらダイマピカチュウを強く動かす。この形を活かすには両ライチュウピカチュウ共に高速移動+アンコールを入れたいか?ここまで1番強そう。


④初手DM両ライチュウ 後発ピカチュウ

ピカチュウは輝石耐久or猫石火で対面性能を高めてラス1ピカミラーに勝てる型。ピカチュウ同様ピチューダイマを止められる時にダイナックルを積むorウォール→悪巧みのような動きを取り入れたい。

〈メモ〉

ピカチュウは電気玉or輝石

・両ライチュウライチュウは3種類、アロライは5種類くらい型がある。

 

ざっくり書き出したが、ダイマするしないを置いておくと初手ピカチュウピカチュウに五分で両ライチュウに微不利、初手ライチュウピカチュウに微有利でライチュウに五分でアロライには微不利といった印象があり、それならばアロライ始動でそれぞれの型を固める方が最も対応範囲が広い構築を作れると考えた。

アロライを考える中で初手の守るで様子見から立ち回る動きで対応範囲を広げながらアロライの役割を分散させることができ、最終的にアロライを通すことができると考えた。また、この環境通して守るが非常に優れている技だと気づいたため、守る持ちアロライから考え始めることにした。

初手守るの強み

・初手ダイマがわかりやすく強くて多い環境でありピチューダイマを枯らすor切り返す動きが主流だが、アロライを最低限しか消耗をさせずにピチュー投げができる。

・逆に相手もこちらの初手のダイマを枯らそうとピチュー引きをしてくるため、比較的安定行動になる。

・守る自体が穴を掘るや猫騙しを防ぐために有用な技なので自然に採用でき、戦術に組み込める。

この時点でアロライは悪巧み+破壊光線持ちが最も強い型ではないかとそれなりに自信があったため、ピチューとアロライの型を一旦固定にして、コンセプトである全対応を目指して相手の初手の行動毎に動きを想定していきピカチュウの型を決めることにした。

 

8月9日時点での仮構築

・初手アロライ@食べ残しorシュカ BSベース

ドレキ破壊巧み守る

持ち物は未確定

ピチュー@襷 ASベース

じたばた猫エレキネット堪えるor甘える

ピカチュウ@??

 

展開メモ

初手ピチュー

初手悪巧みから入る。

〈メモ〉積めるだけ積んでドレキでeasyWIN。アンコール→両ライチュウ引き→ダイマ誘発ピチュー引きが面倒だが、そんなプレイングしてくる人は初手ピチューを投げないと思う。

残飯の方がいい。

 

初手ピカチュウ 後発両ライチュウ

初手守るから入る。

ダイマピチュー引き、ここで被弾するため残飯の方が旨味ある。ダイアースを打たれると3割前後入るためシュカだと抑えれるがそれでも後々のことを考えると残飯の方がいい。

②猫、のしかかり等…悪巧み→ドレキ。猫騙し後にダイアース打たれるのが1番きつい。シュカならある程度は解決。

アロライダイマ?輝石ピカチュウ用意して引く?

③高速移動…アンコorダイマが濃厚なのでピチュー引きしたいけど普通に殴ってくる個体もいる。シュカなら耐え。輝石ピカチュウ用意して引く?

〈メモ〉アロライが削れてしまった際に相手のダイマピチューで枯らせると裏が原種ライチュウならこちらのピカチュウが輝石なら勝ち切れるためアロライが削れてもマシだが(アンコあると面倒)、相手がアロライならこちらのアロライで対抗しないといけないため面倒。初手ピカチュウ後発アロライを意識するならピカチュウは猫泥棒持ちの電気玉型にするべき?

 

初手ライチュウ

守るから入る。

ダイマピチュー引き、ピカチュウ同様ダイアースを打たれるにしても残飯の方が良い。

②高速移動…ピチュー引きでダイマ切られなかったらピカチュウ引き?シュカでも引きたい。ピカチュウが輝石なら解決?

③攻撃…悪巧み?わからん()

〈メモ〉全体的に怪しいが、シュカのみの方が守る後に見てから動く際にHPを抑えられる。輝石ピカチュウがいると交代でいろいろ誤魔化せる。

 

初手アロライ

悪巧みから入る。
①悪巧み、高速移動…2ターン目ダイアタックでアドを取りにいく。悪巧み持ちで破壊光線を持っていることは少ないため、ダイサイコやダイストリームを切られても打ち合い有利であり対面勝てる。ダイアース持ちのアシパ型なら少し面倒。最も破壊光線が生きる相手。

②初手物理ダイマピチュー引き。相手のアロライをこちらのアロライで見る必要があるためいきなりHPが削られてと相当厳しいが、シュカでもアークが痛いのは変わりない。とはいえ初手の守るや交代も弱い行動なのでどうしようもない?

〈メモ〉初手ダイマされたらアロライでできることが限られるため、ピカチュウで捲れるだけの型にしたい→輝石巧み?アロライの素早さが勝ってるだけで気持ち有利。

 

この段階で考察に多少偏りがあるにしてもピカチュウの型を進化の輝石持ちHB型で採用することで全対応に近づけると共に、双方での詰めを両立できると考えて対抗案が出てこなかったためピカチュウの型を決定した。また、シュカが強く生きる場面がダイアースを直接受ける時のみであり、それよりも永続的に発動し続ける食べ残しの方が45戦単位で見ても総合的に生きると判断して食べ残しに決定した。残りの立ち回り方面を堅く決めて本番に臨んだ。

 

 

単体解説

アローラライチュウ

f:id:shigumaaa:20220815043640j:image

性 格:図太い
特 性:サーフテール
実数値:137(12)-*-112(252+)-117(12)-106(4)-159(228)
持ち物:食べ残し
技構成:ドレインキッス / 破壊光線 / 悪巧み / 守る

〈調整〉

HB…意地ピカチュウの電気玉のしかかりが49.6~58.3%
  意地ピカチュウの電気玉電光石火が23.3~27.7%
  無補正ライチュウのダイアースが90.5~108.0%

  無補正ライチュウの泥棒が42.3~51.0%

C…+2ドレキで無振りピカチュウを57.2~68.1%

  ドレキ+破壊光線で無振りピカチュウを確定

  +2ダイアタックで無振りライチュウに97.7~115.5%

  +2ドレキで無振りアロライに31.8~37.7%

S…最速ピカチュウ抜き抜き抜き(目安)

ダイアースに頼らないと低火力になりがちなこの環境では、ダイマがないと殴りながら回復してそのまま勝てるドレインキッスとそれを支える悪巧みの組み合わせは強力であり、それに加えて食べ残し+守る+ドレインキッスで驚異的な生命力を待つ。

この環境ではピカチュウ・両ライチュウのS操作技が高速移動とダイアタック(とエレキネット)だけであり、ダイマで行動保障を持たせて殴りながらS操作できるダイアタックは最も打ち合い性能が高い技であり、アロライミラーも制することができる点を評価して採用した。他にはドレインキッス+破壊光線でピカチュウを倒せたり〆の技として打てたりと強力であったが、上手い相手だと素破壊光線読みピチュー引きを通されることがあったのが懸念点だった。

物理耐久、悪等倍、初手ダイマっぽい顔をできる点を評価して同じ型でライチュウにすることもできたが、対アロライでエスパータイプ等倍でゴリ押されると簡単に負け兼ねる点を重くみてアロライで使用した。

軸のポケモンとしてこれ以上ない活躍をしてくれたし、仮に同じ大会がもう一度行われてもこの型は変えないと思う。

 

ピカチュウ

f:id:shigumaaa:20220815043630j:image

性 格:図太い
特 性:避雷針
実数値:139(228)-*-101(252+)-71(4)-71(4)-130(84)
持ち物:進化の輝石
技構成:波乗り / 願い事 / 悪巧み / 守る

〈調整〉

HB…意地ピカチュウの穴を掘るが67.6~80.5%
  意地ピカチュウののしかかりが35.9~42.4%

  無補正ライチュウの穴を掘るが41.7~50.3%

  無補正アロライのサイコショックが32.3~38.8%

C…波乗り(目安)

  無振りピカチュウに31.8~38.1%
  無振りライチュウに18.5~22.2%

S…準速ピチュー抜き

クッションだけでなく単体でライチュウごと倒し切れる型として輝石悪巧み持ちで採用した。回復ソースである願い事、願い事と相性が良く穴を掘るや猫騙しを防ぐことができる守る、遂行速度の遅さを補う悪巧みまで確定。攻撃技として打ち分けることができる高打点の波乗りを採用した。

守るで最高打点である穴を掘るを防ぐことができダイマを枯らした後だと基本的には受け切れることができるため、ピカチュウダイマを切らずとも単体で裏ごと詰ませにいけるの点を評価した。また、初手でダイアースを守って削れたアロライを願い事で回復する動きも強力だった。

きつい試合展開や型相手でもTOD勝ちを狙えるのが耐久型の強みであり、ネット大会における偉い要素だと言える。実際にダイマを切り合った後の高速移動+アンコールピカチュウがきついが、ピカチュウとアロライの守ると交代を屈指して逃げ切り勝ちをすることが対アンコールピカチュウの解答になっていた。

ただ輝石での採用は間違えてなかったと思うが、輝石の中での型選択は工夫のやりようがあったと大会が終わってみて感じた。具体的には穴を掘る高速移動アンコール願い事のHB振りとマッチングしてこれ使いたかったなと感心したし、考察不足を実感させられた。

 

ピチュー

f:id:shigumaaa:20220815043621j:image

性 格:やんちゃ
特 性:避雷針
実数値:80-101(252*)-20-58(20)-36(↓)-110(236)
持ち物:気合いの襷
技構成:猫騙し / じたばた / エレキネット / 堪える

〈調整〉

A…じたばた(目安)

  B4ピカチュウに112.7%~

  B252ピカチュウに75.4~89.0%
  B4ライチュウに74.0~87.4%

HBD…じたばた意識で個体値0、火力ない波乗りやドレインキッスがダメージ少ないため特防下補正

S…S4ピカチュウ抜かれ

このルールのピチューの役割としては相手のダイマ枯らしとダイマ後の切り返しであり、襷以外あり得ないため襷で採用した。

技選択としてメインウェポンのじたばた、アロライの守るで様子見後ピチュー引きした時に唯一相手に何かできて対面性能も上がる猫騙し、なんだかんだ生きる堪えるは確定。アロライへの起点回避としてエレキナットを採用したが、アンコールや甘える等他にもあったと感じている。

数的優位を取れていてピカチュウTODを狙う際に願い事守るに穴を掘るを合わされた場合、ピチュー引きで穴を掘るを受ける→猫騙し→堪える→ピカチュウ引きで時間を使いながら穴を掘るを捌く動きをすることが2~3戦あった。

 

重いポケモン、立ち回り

・初手高速移動→ダイマピカチュウ

高速移動した後にのしかかりorアンコールorダイアースとどれをされてもおかしくない選択であり、全対応が存在しないため安定しない。

・初手ダイアース瞑想or巧み持ちアロライ

初手こちらは悪巧みを押すため削られた後に詰まれるともうどうしようもない。ピカチュウを物理にすると解決するかもしれない。

 

対戦して強そうだと思ったポケモン

・輝石HAB穴を掘る高速移動アンコール願い事ピカチュウ

クッションや詰ませの要素を保持しつつ更に対応範囲を広げた型。高速移動+アンコールの強さを期間中に思い知らされたため、もっと考察するべきだったし使っていたらまた変わっていたかもしれない。

・残飯穴を掘るアイアンテール高速移動アンコールアロライ

打ち合い、起点回避、詰ませ全て単体で完結できる。相手のダイマピチューで枯らせられれば尚良い。自分で握ったアロライの型が充分強かったが、これも強そうだと感じたし結果を残していたので納得した。

 

大会のためにやったこと

・メロメロ対策でピカチュウとアロライの性別をそれぞれ逆にした。

一度もメロメロされなかった…

 

・リーグカードをピカチュウ仕様にした。

f:id:shigumaaa:20220817052218j:image

サブロムで一度だけ同じことをやってる人に当たって一人握手してた👏

 

ピカチュウをキョダイマックス個体にした。

通常よりもキョダイの方がダイマ時の声が面白いしキョダイマックス個体にし得!wってダイキノコを与えた。しかしこれが大きな誤ちだと気づいたのはサブロムの参加登録をした後だった。帽子を被ったピカチュウに進化の輝石が適応されないことは事前に検証していたため知っていたが、キョダイの姿までは何も考慮していなかった。呑気に一ロム回していると何かピカチュウに対するダメージがおかしいことに気づき、調べたところ…

f:id:shigumaaa:20220817120806j:image

キョダイマックス個体には輝石が適応されないことが判明した。どうか指差して笑ってほしい。泣く泣く本ロムは通常個体に戻したが切実にダイキノコ9個返してほしい。

 

 

結果

TNバルバドス最高レート1882最終レート1862

輝石が適応されなかったサブロムは最高レート1784

集計が終わり次第最終順位を追記してタイトルを変更します。恐らく3~5位辺りだと思います。

 

[追記]

最終3位でした。使用率等も色々とガバかったので集計に何らかのトラブルがあったと予想。

f:id:shigumaaa:20220908154518j:image

 

- YouTube

いつもの垂れ流し動画です。24~45戦でずっと高レート帯にいるので楽しめると思います!

 

公式大会の最高レートを約4年ぶりに更新することができてあわよくば夢の1900の高台に乗ることができそうでしたが、後一歩、いや二歩は及びませんでした。ただ久しぶりに1800超のレート帯でたくさん対戦することができて昂ぶったしこの結果にも満足しています!これからも遊び尽くすぞ〜

 

あとはシングルの方も剣盾最後まで走り抜きます。特に来期はポケリーグオフ関西予選もあり参加するつもりなので、ガチのマジのマジのガチで取り組みます(*^ ^*)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115まで

【S32最終25位】ムーンライトブラックスター【剣盾シングル】

どうも、シグマです。

いや〜来月のルールが発表されましたね〜最後まで化け物ルールです。皆さんも僕と一緒に化け物になりましょう。

ということでシーズン32お疲れ様でした〜!

 

f:id:shigumaaa:20220801112645p:image

f:id:shigumaaa:20220801183822j:image

 

構築経緯

今月22~25日に行われたコイキング大会を終えてからランクマをどうするか考え始めたが、時間が限られていたため寄り道せず効率よく構築を作るために久しぶりに環境考察から使いたい軸を見つけることした。軽く書き出したところ、

・黒バドザシアンにジガルデが強く出せると認知、それに伴い増加(今考えると諸説?)

・ルギア、ジガルデ等の絡め手禁伝の増加、対策必須

・ダイナイベルの対策必須、ゼクロムが増えているという情報が多い

と纏まったが、これらはどれも氷タイプが一貫している点に着目して前期使用していた白バドと龍舞レシラムを足して2で割ったような性能である龍舞両刀ホワイトキュレムを試した。少し試した段階で白バドとは違いザシアンに対してのダイアース択があまりにも不利且つ不毛であり攻撃方面での中途半端さが気になったので、特化ゼルネアス+ゴツメの形のようにザシアンへの引き先を用意してブラックキュレムにした方が最終的に安定した強い構築に仕上がりそうだと感じたため、f:id:shigumaaa:20220801152334j:imageブラックキュレムから組み始めた。

基本選出の数値を高めるためにザシアンへの引き先は禁止伝説に任せることにした。候補としてはHBルギア、HB日ネク、HBルナアーラ、HASスカーフホウオウだったが、HB日ネクは個人的にあまり評価しておらず、ルギアは挑発を始めメタ対象になっており、日ネクを一緒に見れる点を評価してf:id:shigumaaa:20220801153715j:imageルナアーラに決めた。

次に黒バドレックス系統に強く展開できてブラックキュレムの起点を作れるf:id:shigumaaa:20220801153726j:imageガオガエンがすぐに決まり、ザシアン相手に2つ目の選出として参入できて中堅禁伝あるあるのゼルネアスやゼクロムが重くなりがち問題を解決できるf:id:shigumaaa:20220801154001j:imageメタモンも決まった。

上記4体+水ロトム+ドリュウズでしばらく回していたが、水ロトムが想像以上にザシオーガ相手に機能しなかったため、ザシオーガに選出できて何かしらの起点が作れるポケモンとしてナットレイに変更したところうまくハマったのでf:id:shigumaaa:20220801154343j:imageナットレイに決定した。それに伴いゼルネアスを重くみて入れていた鋼枠を圧縮することができたので、ここまで電気の一貫も地面の一貫も切れておらず、重いイベルザシアンに珠を持たせなくても強く出せそうなポケモンとしてf:id:shigumaaa:20220801154524j:imageチョッキランドロス以外思いつかなかったので変更して完成した。

 

f:id:shigumaaa:20220801154739j:imagef:id:shigumaaa:20220801153715j:imagef:id:shigumaaa:20220801153726j:imagef:id:shigumaaa:20220801154524j:imagef:id:shigumaaa:20220801154343j:imagef:id:shigumaaa:20220801154001j:image

ブラキルナの並び厨二感満載ですこ

 

単体解説

ブラックキュレム

f:id:shigumaaa:20220801094714j:image

性 格:陽気
特 性:テラボルテージ
実数値:201(4)-222(252)-120-*-110-161(252+)
持ち物:命の珠
技構成:氷柱針 / クロスサンダー / ボディプレス / 龍の舞

〈調整〉

A…ダイアイス+珠ダメ+霰ダメでB4イベルタルに399~

S…準速99,100族意識の最速

破壊枠。ホウオウやルギア、ジガルデと自然と対策枠を用意するのが難しい禁止伝説相手に取り巻きのポケモン含めて明確に強いのが非常に素晴らしい。他にもカイオーガに有利、イベルタルダイマの撃ち合いでは有利、黒バドに明確に不利ではないとザシアン以外には比較的強く動かせるのも強みの一つ。

優秀な技範囲として氷柱針とクロスサンダーは確定、ゼクロムの場合は珠でもフルアタになる場合はあるがブラックキュレムを使う上では龍の舞は必須だと感じていたため確定。初めは日ネク相手に選出できるようになりメタモンにコピーされたルナアーラを切り返せるシャドークローで使っていたが、ルナアーラによって悪やノーマルの被選出率が高く、ダイマ時に暇な時に打つ技がなかったのが癪だったのでダイナックル媒体としてボディプレスに変更した。ザシアンがいないジガルデ軸やホウオウ軸に対して舞わずにダイマックスで崩せるプランを取れるようになったため変えて正解だった。

非常に大活躍してくれたが、このポケモンの弱みとして珠ダイジェット+αでザシアンを倒せないため、相手にザシアンがいるだけで初手からダイマックスを切れないので一見有利に見えるカイオーガやホウオウにもダイマックスを切られて簡単に有利不利が逆転してしまうところである。この一点のみが明確な弱点だと感じたしこれに当てはまらないゼクロムやレシラムは初手ダイマのプランも取れる積みアタッカーとして運用できると学んだ。

 

ルナアーラ

f:id:shigumaaa:20220801094800j:image

性 格:図太い
特 性:ファントムガード
実数値:243(244)-*-155(252+)-158(4)-128(4)-118(4)
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:シャドーレイ / 気合い玉 / 電磁波 / 月の光

〈調整〉

C…シャドーレイがH252D4ザシアンに33.6~39.6%(目安)

HB…特化ザシアンの+1巨獣斬が54.7~64.6%
  無振りガオガエンDDラリアットがファントムガード時に34.5~41.9%(目安)

  色々耐えたいため厚く

HD…臆病黒バドレックスのアストラルビットを6/16耐え

S…麻痺したスカーフ90族抜き

クッション兼展開枠。ザシアンに投げて定数ダメージを与えつつ引かせるor麻痺を入れるのは勿論だが、ルナアーラに後投げできるノーマル・悪タイプのポケモンは皆受け気質なのでそこから試合を展開できる。特に対ガオガエンDDラリアットが半分入らないことがほとんどであるため、堪らず逃げの際に押す蜻蛉返り含めてチョッキガオガエンを一方的に削ることができるのが自分視点だけにある認識のズレが強みだった。

一貫性あるシャドーレイと月の光は確定。ザシアン引き後に押せる技としてザシアン居座りにも刺さるだけでなく、交代先の悪・ノーマルタイプに通りブラックキュレムとの相性に優れる電磁波も確定。この3つで割と完結していたため、頻繁に対面するであろう悪・ノーマルタイプを麻痺と合わせて倒してしまえる気合い玉を採用した。前述した通り気合い玉を打つ相手は遂行速度が遅めであり、ルナアーラで詰め切る構築ではないため外しが負けに直結することはほとんどなかった。とは言えガオガエンに当たると1サイクル分減ることがあったりゴツメ+気合い玉で襷悪ラオスに勝ててしまえたりとなんだかんだ毎回気合いを込めていた。

 

ガオガエン

f:id:shigumaaa:20220801094834j:image

性 格:慎重
特 性:威嚇
実数値:201(244)-136(4)-112(12)-*-154(236+)-82(12)
持ち物:食べ残し
技構成:フレアドライブ / DDラリアット / 捨て台詞 / 挑発

〈調整〉

HD…黒バドレックスに投げるので厚く

S…ポリ2の上から挑発押したいのでお気持ちの12振り

クッション②。ブラックキュレムを通したりルナアーラでのTODルートを補助したりと他を生かすための捨て台詞のバリューの高さが好きすぎるため、チョッキではなく食べ残しを持たせた。食べ残しだと繰り出し回数が増えたりイカサマ冷ビポリゴン2相手にテンポが取れたりと突撃チョッキ以外で使う場合には優先して持たせたい道具である。

技は捨て台詞は確定。後述の基本選出にも書いているが対黒バドザシアンにおいてダイマックスをさせたいためタイプ一致ツーウェポンを採用した。ポリゴン2やラッキーに打つだけでなく起点作成技としても生きる挑発を採用した。

S30でガオガエンを軸の一角としていたが全然上手く使いこなせずに勝てなかったため、剣盾の間に和解することができてよかった。

 

霊獣ランドロス

f:id:shigumaaa:20220801094949j:image

性 格:意地っ張り
特 性:威嚇
実数値:177(100)-216(252+)-111(4)-*-101(4)-130(148)
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:地震 / 空を飛ぶ / ストーンエッジ / 蜻蛉返り

〈調整〉

A…ダイジェット+ダイロック+砂ダメ2回+珠ダメ2回でB4サンダーをほとんど落とせる、B4イベルタルは8割くらいで落とせる

HD…控えめイベルタルの珠ダイジェット+ダイアークをダイマ時に確定耐え

S…HPにこれ以上振る必要はないと判断して残り

補完枠。イベルザシアンやホウオウザシアン、ダイナ絡み相手にブラックキュレムの代わりに又は一緒に選出する。

ルナアーラから展開する構築であるため、それが許されないイベルタル相手にはこのポケモンを上手く扱う必要がある。イベルタルと対面した際にダイジェット+ダイロックでイベルタルと打ち合えるためそれをメインプランとするが、試合展開次第ではダイマックスを切らずに後攻蜻蛉返り→ブラックキュレム着地ダイマックスのプランも取れる等幅広く立ち回れるために蜻蛉返りを採用した。

 

ナットレイ

f:id:shigumaaa:20220801095107j:image

性 格:呑気
特 性:鉄のトゲ
実数値:181(252)-138(188)-176(68)-*-136-22
持ち物:ヨプのみ
技構成:ジャイロボール / タネマシンガン / ステルスロック / 宿り木の種

〈調整〉

A…H252B4ザシアンに対してインファイト後ジャイロボール+鉄のトゲ3回で確定

HB…特化ザシアンの+1巨獣斬+インファイトをヨプのみ込みで確定耐え

S…最遅

補完②。黒バドザシアンに選出する必要がないのとブラックキュレムとの相性を評価して、S29で使用した型から叩き落とすをステルスロックに変更した。

当初はオーガザシアンに選出するために採用したが、S29の先発ゼルネアス後発ナットレイの形と同様にルナアーラが選出できない相手にもブラックキュレムを初手に置いて強く扱いやすくなりうまく構築にハマってくれた。

後は構築がウーラオスが重いため悪であろうがよく相手してもらった。

 

メタモン

f:id:shigumaaa:20220801095154j:image

性 格:生意気
特 性:変わりもの
実数値:155(252)-68-88(92+)-68-89(164)-47
持ち物:拘りスカーフ
技構成:へんしん

〈調整〉

DL対策

S個体値0

誤魔化し枠。禁伝環境は長いがなんだかんだ最終日構築にいるのは初めて。

ザシアン系統への選出歪ませ性能が凄く、特に黒バドザシアンにはザシアン+ザシアン受け+補完(黒バドは出せ辛いがシャドーレイが一貫する)、又は黒バド+黒バド受け+補完(ザシアンは出し辛いがブラックキュレムが通る)のよつに選出に組み込むかどうかは問わず選出画面での仕事量は随一だと感じた。と思わせて普通に黒バドとザシアンを両選出されまくったから単純に黒バドザシアンへの理解が足りないのを実感させられた。

 

選出

・対黒バドレックスザシアン

f:id:shigumaaa:20220727052436j:imagef:id:shigumaaa:20220727052515j:imagef:id:shigumaaa:20220731051323j:imageorf:id:shigumaaa:20220731050931j:imagef:id:shigumaaa:20220731050722j:imagef:id:shigumaaa:20220731050929j:image

一般枠がサンダーランドロスのようなメタモンのケアが難しそうな相手には前者を、ラキヌオーのようなケアできそうだがブラックキュレムが通せそうな相手には後者を選出する。同居しがちなガオガエンには前述の通りルナアーラで返り討ちにできるため、それを生かして展開有利を狙いたい。相手によって選出が変わるためむむむ指数が高い。

 

・対イベルタルザシアン

f:id:shigumaaa:20220731050931j:imagef:id:shigumaaa:20220731050722j:imagef:id:shigumaaa:20220731050929j:image又はf:id:shigumaaa:20220731052805j:imageを絡める

初手イベルタルを流してザシアンにルナアーラを後投げしてイベルタル引きに電磁波を入れた後、ガエン引き捨て台詞でブラックキュレムを着地させるのが理想。地面が一緒に出されるためブラックキュレムで圧を掛けたいがきついより。カバルドンポリゴン2がいない相手にはランドロスを優先して処理しようとイベルタルで打ち合ってくれるため、そういう相手にはそれに付き合ってイベルタルを処理しにいくといい。

 

・対カイオーガザシアン

f:id:shigumaaa:20220731051102j:imagef:id:shigumaaa:20220727052436j:imagef:id:shigumaaa:20220727052427j:image

ザシアンがいなければブラックキュレムが、カイオーガがいなければルナアーラが、サンダーがいなければナットレイが、と誰かが通るため状況に合わせて通したいポケモンを吟味する。同居されがちなウーラオスが重いため初手ナットレイを投げたい。ザシアンがヌケニン意識で噛み砕くや炎の牙を持っていることが1番多い相手でありルナアーラナットレイ共に刺さるためその点は厳しい。

 

・対ムゲンダイナイベルタル

f:id:shigumaaa:20220727052515j:imagef:id:shigumaaa:20220727052427j:imagef:id:shigumaaa:20220731050722j:image

初手捨て台詞から入り相手のダイナの型と技を見て身代わり毒ならブラックキュレムを、身代わりがなければ電磁波を入れてガエンに引いてブラックキュレムを着地させる。毒身代ならガエンで後攻挑発を押した後に捨て台詞でブラックキュレムを着地させる。再生切り黒ヘドは無理。

 

・対ホウオウ絡み

f:id:shigumaaa:20220731050722j:imagef:id:shigumaaa:20220731050931j:imagef:id:shigumaaa:20220731050929j:imageorf:id:shigumaaa:20220731052805j:image

ザシアンならランドロスが、ザシアン以外ならブラックキュレムが通るためそれを目指してルナアーラ始動。ルナアーラが燃えていいかを考えてブラックキュレムが聖炎を開けないように着地させたい。

 

・対ジガルデ絡み

f:id:shigumaaa:20220731050722j:imagef:id:shigumaaa:20220731050931j:imagef:id:shigumaaa:20220731050929j:image

ルナアーラで盤面維持しながらジガルデを出されたらガエン引き→後攻捨て台詞でブラックキュレムを着地させて行動回数を稼ぐ。ザシアン以外には龍舞をする優先度も高くはないため、ダイマックスで積極的に荒らしにいくこともあるが、基本的には相手のダイマックスのタイミングに合わせてダイマックスを切ると負けることはほとんどない。

 

・対ゼルネアス絡み

f:id:shigumaaa:20220731051102j:imagef:id:shigumaaa:20220731051323j:image@1

オーロンゲが出されがち&ゼルネや黒バド、日ネクとどれも相手できるナットを初手に置いて、ゼルネ対策のメタモンで後は補完。対ゼルネを考えるとナットかメタモンダイマを切りたいためダイマに依存しないルナアーラを出したいがゼルネや黒バドに隙を見せてしまう。

 

重い相手

カバルドンイベルタルザシアン

対イベルザシアンで書いた通りルナアーラザシアン対面は電磁波を押さないとイベルタルにジェットされるだけで負けるが、イベルタルに引かずにカバルドンを後投げして展開されるだけできつい。ステロも刺さるしランドロスも止められるしで、めちゃくちゃきついことしたり電磁波でうまいこと痺れてくれないと勝てない。最不利。

 

・悪ウーラオス

ナットレイインファイトを打ってもらったりルナアーラを失うつもりで気合い玉を当てたりメタモンを絡めたり、誤魔化しは効くものの単体では1番面倒くさい。

 

それ以外は特別きつい相手はいないため、見た目以上に質が高く完成度が高い構築に仕上がったと思う。

 

結果

TNバルバドス 最終25位最終レート2022

最高レートは2059

f:id:shigumaaa:20220801174730j:image

最終日垂れ流し動画:投稿次第貼ります。

 

 

また変わった禁止伝説の並びでそれなりに勝てて満足しています…が、1桁帯での勝負所での技選択が弱いことがありその力を養うのが課題だとひしひしと感じました。これは最近の指振りやコイキングのような公式大会にも当てはまってるおり、そのためには中盤のうちから上位帯で構築を回して直近の自分に自信をつける必要があると思うので、今後はその辺りを意識しつつ引き続き楽しみながら試行錯誤していきたいね。

 

ここからは語りだけど、最終日の戦いはメンタルゲーだと感じました。特に今月は運負けツイートや相手批判が異様に見受けられた印象があり、怒ったり萎えたり自分の気持ちに嘘をつくのは間違ってないと思うしそれで発散できるのであれば何も言えない。だけど、精神面でズルズル負け込むことはこのゲームでよくあることであり、特に最近はデフレ故に2桁間でのレートの詰まり方が凄まじいのでその一度の崩れでそのまま立て直せなくて終わってしまうみたいな人が多いんじゃないかなと考えてました。正直自分は特別鋭いプレイングとかで勝つよりかは潜り方や取り組み方の細かい所で勝ってる人間だと思ってます・。・

なので、こんな語りまで見てくださっている方には最終日や終盤に気持ちが途切れそうな負け方をした時には10~30分程度時間を空けて自分に合うリラックス方を見つけて実践してみてほしいです。少なからず変わると思います!!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました(о´∀`о)

何かあれば@zenchino115 まで