未来へのバトンタッチ

今アシストパワーの威力400くらい。

記録

〈9世代〉

シングル

S1f:id:shigumaaa:20230603144954j:imagef:id:shigumaaa:20230603144951j:imagef:id:shigumaaa:20230603145001j:imagef:id:shigumaaa:20230603145005j:imagef:id:shigumaaa:20230603144956j:imagef:id:shigumaaa:20230603144959j:image最終2位最終レート2411

S2…最終143位

S3f:id:shigumaaa:20230603145136j:imagef:id:shigumaaa:20230603145127j:imagef:id:shigumaaa:20230603145130j:imagef:id:shigumaaa:20230603145133j:imagef:id:shigumaaa:20230603144959j:imagef:id:shigumaaa:20231117020904j:image最終78位最終レート2174(最高2255)

S4f:id:shigumaaa:20230603145133j:imagef:id:shigumaaa:20230603145215j:imagef:id:shigumaaa:20230603145220j:imagef:id:shigumaaa:20230603145217j:imagef:id:shigumaaa:20231117021158j:imagef:id:shigumaaa:20231117021201j:image最終6位最終レート2212

S5f:id:shigumaaa:20230603145301j:imagef:id:shigumaaa:20230603145259j:imagef:id:shigumaaa:20230603144959j:imagef:id:shigumaaa:20230603145256j:imagef:id:shigumaaa:20230603145254j:imagef:id:shigumaaa:20230603145133j:image最終1位最終2203

S6…PJCSのためお休み

S7f:id:shigumaaa:20230702020232j:imagef:id:shigumaaa:20230702020221j:imagef:id:shigumaaa:20230702020235j:imagef:id:shigumaaa:20230702020224j:imagef:id:shigumaaa:20230702020226j:imagef:id:shigumaaa:20230702020229j:image最終1位最終2167

S8…最終3桁

S9f:id:shigumaaa:20231010143223j:imagef:id:shigumaaa:20231010143226j:imagef:id:shigumaaa:20231010143229j:imagef:id:shigumaaa:20231010143221j:imagef:id:shigumaaa:20231010143105j:imagef:id:shigumaaa:20231117020637j:image最終6位

S10f:id:shigumaaa:20231010143059j:imagef:id:shigumaaa:20231010143053j:imagef:id:shigumaaa:20231010143102j:imagef:id:shigumaaa:20231010143051j:imagef:id:shigumaaa:20231010143056j:imagef:id:shigumaaa:20231010143105j:image最終19位

S11f:id:shigumaaa:20231117020300j:imagef:id:shigumaaa:20231117020258j:imagef:id:shigumaaa:20231117020429j:imagef:id:shigumaaa:20231117020525j:imagef:id:shigumaaa:20231117020456j:imagef:id:shigumaaa:20231117020547j:image[:title=最終19位]

 

インターネット大会

PJCS予選第二回目…最終140位予選抜け

PJCS本戦第一回目…最終57位幕張進出

PJCS決勝f:id:shigumaaa:20231117015534j:imagef:id:shigumaaa:20231117021355j:imagef:id:shigumaaa:20231117015540j:imagef:id:shigumaaa:20231117015532j:imagef:id:shigumaaa:20231117015537j:imagef:id:shigumaaa:20231117021334j:image1-2 top65

トリックマジックf:id:shigumaaa:20231117015308j:imagef:id:shigumaaa:20231117015305j:imagef:id:shigumaaa:20231117015313j:imagef:id:shigumaaa:20231117015311j:imagef:id:shigumaaa:20231117015302j:imagef:id:shigumaaa:20231117015300j:image最終4位

 

〈8世代〉

シングル

S1~S3…未購入
S4f:id:shigumaaa:20210317165304j:imagef:id:shigumaaa:20210317165314j:imagef:id:shigumaaa:20210317165307j:imagef:id:shigumaaa:20210317165451j:imagef:id:shigumaaa:20210317165521j:imagef:id:shigumaaa:20210317165311j:image最終267位最終レート2029、3日間前に撤退
S5…ネット環境なかった為エアプ
S6f:id:shigumaaa:20210317142700j:imagef:id:shigumaaa:20210317142715j:imagef:id:shigumaaa:20210317142705g:imagef:id:shigumaaa:20210317142721g:imagef:id:shigumaaa:20210317142717g:imagef:id:shigumaaa:20210317142709g:image最終62位最終レート2124
S7f:id:shigumaaa:20210317142922j:imagef:id:shigumaaa:20210317142929j:imagef:id:shigumaaa:20210317145620j:imagef:id:shigumaaa:20210317145957j:imagef:id:shigumaaa:20210317150155j:imagef:id:shigumaaa:20210317150200j:image最終30位最終レート2087
S8f:id:shigumaaa:20210317150208j:imagef:id:shigumaaa:20210317150211j:imagef:id:shigumaaa:20210317151059j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151102j:imagef:id:shigumaaa:20210317151107j:image最終77位最終レート2111
S9f:id:shigumaaa:20210317151206j:imagef:id:shigumaaa:20210317151204j:imagef:id:shigumaaa:20210317151209j:imagef:id:shigumaaa:20210317151125j:imagef:id:shigumaaa:20210317151201j:imagef:id:shigumaaa:20210317151211g:image最終58位最終レート2084
S10f:id:shigumaaa:20210317151945j:imagef:id:shigumaaa:20210317151952g:imagef:id:shigumaaa:20210317151956j:imagef:id:shigumaaa:20210317152507j:imagef:id:shigumaaa:20210317152005j:imagef:id:shigumaaa:20210317152501j:image最終74位最終レート2081
S11…カンムリビギニング考察の為エアプ
S12f:id:shigumaaa:20210317163129g:imagef:id:shigumaaa:20210317163123j:imagef:id:shigumaaa:20210317163132j:imagef:id:shigumaaa:20210317163126j:imagef:id:shigumaaa:20210317163136j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最高レート2086最終3桁

S13竜王戦本戦考察+帰省予定の為エアプ

S14f:id:shigumaaa:20210317153438j:imagef:id:shigumaaa:20210317153451g:imagef:id:shigumaaa:20210317153500j:imagef:id:shigumaaa:20210317161746j:imagef:id:shigumaaa:20210317161751j:imagef:id:shigumaaa:20210317161754j:image最終28位最終レート2084

S15f:id:shigumaaa:20210317162715j:imagef:id:shigumaaa:20210317162601j:imagef:id:shigumaaa:20210317162603j:imagef:id:shigumaaa:20210317162558j:imagef:id:shigumaaa:20210317162932j:imagef:id:shigumaaa:20210317162935j:image最終43位最終レート2099

S16f:id:shigumaaa:20210401232022j:imagef:id:shigumaaa:20210401232032j:imagef:id:shigumaaa:20210401232029j:imagef:id:shigumaaa:20210401232025j:imagef:id:shigumaaa:20210401232037j:imagef:id:shigumaaa:20210401232035j:image最終86位最終レート2044

S17f:id:shigumaaa:20210605215402j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215405j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image最終70位最終レート2018

S18竜王戦本戦考察のためエアプ

S19f:id:shigumaaa:20210704045828j:imagef:id:shigumaaa:20210704045842j:imagef:id:shigumaaa:20210704045831j:imagef:id:shigumaaa:20210704045833j:imagef:id:shigumaaa:20210704045836j:imagef:id:shigumaaa:20220124033844j:image最終6位最終レート2088

S20f:id:shigumaaa:20220123174723j:imagef:id:shigumaaa:20220124033811j:imagef:id:shigumaaa:20220123174719j:imagef:id:shigumaaa:20220124033612j:imagef:id:shigumaaa:20220124033615j:imagef:id:shigumaaa:20220124033817j:image最終242位
S21…23日にオーガエレザードペロリーム等で最高2055,最終3桁
S22…エアプ
S23f:id:shigumaaa:20220123170907j:imagef:id:shigumaaa:20220123172537j:imagef:id:shigumaaa:20220123172957j:imagef:id:shigumaaa:20220123172602j:imagef:id:shigumaaa:20220123172604j:imagef:id:shigumaaa:20220123172823j:image最終64位
S24f:id:shigumaaa:20220123173016j:imagef:id:shigumaaa:20220123173030j:imagef:id:shigumaaa:20220123173033j:imagef:id:shigumaaa:20220123173035j:imagef:id:shigumaaa:20220123173116j:imagef:id:shigumaaa:20220123173149j:image最終17位,27位
S25f:id:shigumaaa:20220123173215j:imagef:id:shigumaaa:20220123173502j:imagef:id:shigumaaa:20220123173524j:imagef:id:shigumaaa:20220123173559j:imagef:id:shigumaaa:20220123173602j:imagef:id:shigumaaa:20220123173557j:image最終7位最終レート2085
S26f:id:shigumaaa:20220202045012j:imagef:id:shigumaaa:20220202045006j:imagef:id:shigumaaa:20220202045004j:imagef:id:shigumaaa:20220202045008j:imagef:id:shigumaaa:20220202045010j:imagef:id:shigumaaa:20220202045015j:image最終9位最終レート2085
S27f:id:shigumaaa:20220302201244j:imagef:id:shigumaaa:20220302201238j:imagef:id:shigumaaa:20220302201240j:imagef:id:shigumaaa:20220302201236j:imagef:id:shigumaaa:20220302201242j:imagef:id:shigumaaa:20220302201246j:image

最終14位最終レート2084
S28f:id:shigumaaa:20220506173736j:imagef:id:shigumaaa:20220409041418j:imagef:id:shigumaaa:20220409041414j:imagef:id:shigumaaa:20220409041412j:imagef:id:shigumaaa:20220409041416j:imagef:id:shigumaaa:20220409041422j:image最終21位最終レート2068
S29f:id:shigumaaa:20220506173417j:imagef:id:shigumaaa:20220506173414j:imagef:id:shigumaaa:20220506173412j:imagef:id:shigumaaa:20220506173356j:imagef:id:shigumaaa:20220506173447j:imagef:id:shigumaaa:20220506173444j:image最終1位最終レート2091
S30f:id:shigumaaa:20220902141511j:imagef:id:shigumaaa:20220902141508j:imagef:id:shigumaaa:20220902141506j:imagef:id:shigumaaa:20220902182537j:imagef:id:shigumaaa:20220902182855j:imagef:id:shigumaaa:20220902182900j:image、最終3桁
S31f:id:shigumaaa:20220719111407j:imagef:id:shigumaaa:20220719111355j:imagef:id:shigumaaa:20220719111402j:imagef:id:shigumaaa:20220719111405j:imagef:id:shigumaaa:20220719111400j:imagef:id:shigumaaa:20220719111358j:image最終8位最終レート2061
S32f:id:shigumaaa:20220804232404j:imagef:id:shigumaaa:20220804232401j:imagef:id:shigumaaa:20220804232350j:imagef:id:shigumaaa:20220804232358j:imagef:id:shigumaaa:20220804232352j:imagef:id:shigumaaa:20220804232355j:image最終25位最終レート2022
S33f:id:shigumaaa:20220901225942j:imagef:id:shigumaaa:20220901225948j:imagef:id:shigumaaa:20220901225953j:imagef:id:shigumaaa:20220901225956j:imagef:id:shigumaaa:20220901225945j:imagef:id:shigumaaa:20220901230023j:image最終8位最終レート2080
S34…最終293位最高レート199*

 

インターネット大会

しんそくシングル!!f:id:shigumaaa:20210317163846j:imagef:id:shigumaaa:20210317163849j:image最終1位最終レート1861

ヨロイビギニングf:id:shigumaaa:20210317164120j:imagef:id:shigumaaa:20210317164124j:imagef:id:shigumaaa:20210317164128j:imagef:id:shigumaaa:20210317164131j:imagef:id:shigumaaa:20210317164739j:imagef:id:shigumaaa:20210317164743j:image最終69位最終レート1755

バトルレジェンド(ダブル)f:id:shigumaaa:20210317164809j:imagef:id:shigumaaa:20210317164825j:imagef:id:shigumaaa:20210317164817j:imagef:id:shigumaaa:20210317164821j:imagef:id:shigumaaa:20210317164814j:imagef:id:shigumaaa:20210317164812j:image最終5位最終レート1821

カンムリビギニングf:id:shigumaaa:20210317164936j:imagef:id:shigumaaa:20210317164929j:imagef:id:shigumaaa:20210317164946j:imagef:id:shigumaaa:20210317164931g:imagef:id:shigumaaa:20210317164923g:imagef:id:shigumaaa:20210317164926j:image最終1位,10位最終レート1856
竜王戦予選f:id:shigumaaa:20210317165048j:imagef:id:shigumaaa:20210317165036j:imagef:id:shigumaaa:20210317165039j:imagef:id:shigumaaa:20210317165042j:imagef:id:shigumaaa:20210317165051j:imagef:id:shigumaaa:20210317165044j:image最終7位最終レート1851
スパイクチャレンジf:id:shigumaaa:20210323021233j:imagef:id:shigumaaa:20210323021224j:imagef:id:shigumaaa:20210323021229j:imagef:id:shigumaaa:20210323021222j:imagef:id:shigumaaa:20210323021227j:imagef:id:shigumaaa:20210323021219j:image 最終4位,8位最終レート1839
PJCS予選(ダブル)f:id:shigumaaa:20210414001446j:imagef:id:shigumaaa:20210414001444j:imagef:id:shigumaaa:20210414001438j:imagef:id:shigumaaa:20210414001441j:imagef:id:shigumaaa:20210414001709j:imagef:id:shigumaaa:20210414001706j:image最終128位,最終レート1738

ポケモン竜王戦2020f:id:shigumaaa:20210605215241j:imagef:id:shigumaaa:20210605215239j:imagef:id:shigumaaa:20210605215236j:imagef:id:shigumaaa:20210605215251j:imagef:id:shigumaaa:20210605215244j:imagef:id:shigumaaa:20210605215247j:image ベスト8

セイムビートf:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191719j:imagef:id:shigumaaa:20210621191807j:imagef:id:shigumaaa:20210621191801j:imagef:id:shigumaaa:20210621191758j:imagef:id:shigumaaa:20210621191804j:image 最終4位,最終レート1820
ウォーターパラダイス最終31位最終レート1782
レジェンド・オブ・ラウンドf:id:shigumaaa:20210915134650j:imagef:id:shigumaaa:20210915134640j:imagef:id:shigumaaa:20210915134644j:imagef:id:shigumaaa:20210915134648j:imagef:id:shigumaaa:20210915134646j:imagef:id:shigumaaa:20210915134642j:image最終1位最終レート1857
トリックリリックf:id:shigumaaa:20220123174125j:imagef:id:shigumaaa:20220123174127j:imagef:id:shigumaaa:20220123174129j:imagef:id:shigumaaa:20220123174131j:imagef:id:shigumaaa:20220123174359j:imagef:id:shigumaaa:20220123174403j:image最終33位
ジムチャレンジf:id:shigumaaa:20220123171535j:imagef:id:shigumaaa:20220123172207j:imagef:id:shigumaaa:20220123172211j:imagef:id:shigumaaa:20220123172432j:imagef:id:shigumaaa:20220123171911j:imagef:id:shigumaaa:20220123172156j:image最終8位
新春!おみくじバトルf:id:shigumaaa:20220123171617j:imagef:id:shigumaaa:20220123171621j:imagef:id:shigumaaa:20220123171623j:imagef:id:shigumaaa:20220123171615j:imagef:id:shigumaaa:20220123171619j:imagef:id:shigumaaa:20220123171535j:image最終10位最終レート1794
InternationalChallenge February最終60位最終レート1856
とびはねろ!コイキング…最終31位最高レート1802最終レート1760
ピカチュウ対戦チュウf:id:shigumaaa:20220901230302j:image最終3位最高レート1882最終レート1862

 

オフライン大会

〈8世代〉

第1回ポケリーグ…best8、招待選手
金字塔…準優勝
クロスファイア…個人3-2 チーム1-3-1 ブロック4位予選落ち
ポケリーグ関西予選…best4、全国権利獲得
ポケリーグ全国大会…予選ブロック1-2予選落ち

ムゲンダイカップFinal…予選2-1抜け、best8

 

〈9世代〉

第1回明太オフ…予選3-4落ち

第38回シングル厨…予選7-1 best4

第1回雷撃…予選6-1 best64

第39回シングル厨…予選6-1 best96?

第2回雷撃…予選3-4落ち

第2回明太オフ…予選5-0 best16

 

その他

第2回frontier…アローラジェネレーション
第3回frontier…個人優勝
baby cup(いろはさん主催)…1位
シロナ王決定戦(今日ポケch主催)…1位
その他仲間大会1位複数
リアルマスターズエイト(バンビーさん主催)…準優勝
game8主催招待制大会…best4

 

〈7世代〉

シングル

S7最高2106
S14最高2022最終1939(チラチーノ入り)

ダブル

最高1877、最高最終26位バシャキザンジャローダ(記事は無い)

スペレ

シングル61最高1982最終爆死
ゆびをふる61最終1902最終3位

インターネット大会

メガランブル最高1807最終1769 最終16位
トリックホリック最終1861,1857 最終2位,4位
ピカブイ1on1最終1759最終11位
InternationalChallengeNovember最終1813最終80位
シンプルシンフォニー最高1816最終1738 最終18位

 

〈その他〉

スマブラ…vip50キャラ以上、エンジョイ兼動画勢
マリオカート8dx…動画よく見る、ゲームは最近やってない
ぷよぷよ…動画よく見る、ゲームは最近やってない
Vtuberにじさんじ箱推し。特に推してるのは笹木、童田、あまみゃ、不破。

【S19最終3位】かめのこのこのこ虎視眈々【ポケモンSV】

シグマです!

S19シングル最終3位の構築記事になります。ついてきてください!

f:id:shigumaaa:20240703201311p:image

f:id:shigumaaa:20240703162254j:image
(レンタルパーティはレギュGが終わるまでは公開しておきます)

 

構築経緯


レギュG1ヶ月目を終えて黒バドとミライドンの評価が改めて確実なものとなり、この二体が全体の6~7割を占めるのが現環境である。この二体に不利~五分な伝説を握って毎回気合いで戦うのは得策ではないと考え、ここに比較的有利に戦える伝説を使うことにした。そんなポケモンは限られるのだが、前期使用した黒バド展開構築ではテラパゴスが最不利だったのと展開構築が強いという持論から、食べ残しテラパゴスなら強く戦えるのではないかと考えた。食べ残しテラパゴスはS18で結果を残していたもののテンプレートから大きく外れていない形しかなく、全然開拓が進んでいなかった。
この特質的な性能のテラパゴスというポケモンはある種公式からの挑戦状と解釈していたので、自分なりにその性能をどう引き出すかの答えを出すシーズンにすると決めた。

食べ残しテラパゴスと組ませる要素として、従来通り毒菱とステルスロックを絡めるのは現環境を踏まえても正しいと考えた。始めにキラフロルをどの対戦でも先発に出して相手に応じて撒く戦い方を試した。ただ中盤頃にはキラフロル自体爆増しており、特別悪くはなかったものの対策される立ち位置にいた事実から目を背けることは出来ず、先発にミライドンや黒バドを合わされた際の展開が良くない点が目立った。また、ゴリランダーも平行して試していたが、フロルゴリラを軸に考えを進めても前期最終5位の構築の劣化になってしまうと直感的に気づいた。そのため、キラフロルとゴリランダーに頼らない展開を目指すことにした。
一方、毒菱とステルスロックのどちらか一方で充分な対戦が多く、相手の伝説に応じて必要な方を洗い出してそれに沿った始動要員を採用する形に仕上げる方が伝説環境の構築作りとして適切だと考えた。纏めてみたところ、以下のようになった。

・毒菱撒きたい…黒バド(毒不在)、ミライドン(毒不在)、コライドン、ザシアン、白バド
・ステロ撒きたい…黒バド(キラフロル、オオニューラ入り)、ミライドン+ハッサム・アーマーガア・オオニューラ、ホウオウ
・どちらでもよい…カイオーガルナアーラ


毒菱・ステルスロック要員の選定か、テラパゴスを直接的に補佐する中継役のポケモンを探すかのどちらを先に決めるかだが、毒菱・ステルスロック要員は候補が多く、中継役に沿って後から最善のポケモンを選ぶ方が構築の完成度は高くなると考え、先に中継役を決めることにした。
テラパゴス展開構築を考える上で、以下の対策を構築段階で用意する必要がある。

①キラフロルやオオニューラ等の毒菱始動
②水ウーラオスorテツノカイナ+ミライドン、オオニューラ、キノガッサ等の格闘周り
③コライドン・ザシアンへの選出
④ドオー・グライオン・アーマーガア等の受け対策
⑤呪いミミッキュ

加えて、展開構築を目指す上で先に相手のリソースを削り展開しきった方が基本的には勝つことから起点回避は最重要なので、上記を解決しながら何らかの起点回避・流しの手段を持ったポケモンを探すことにした。


まず、水ウーラオス+黒バド・ミライに強く、増加傾向があったキノガッサやテツノカイナにも強いエルフーンを試したところ、絶対的な起点回避と雑な宿り木の両立が強力で使用感がよかったため、軸として組み込むことに決めた。
次に、毒・格闘に強く毒回収できるポケモンとしてマシマシラを試したところ、こちらも想定通りの活躍を見せ、エルフーンと充分棲み分けができていると感じたため、軸として組み込むことに決めた。


ここで一度対物理伝説を考えた際、物理受けを採用して毒菱を絡めることでテラパゴスを通すのではなく相手の特殊枠を疲弊させて物理受けで詰ませる戦い方が効果的だということがわかった。ヘイラッシャかラウドボーンかの選択だが、炎オーガポンやゴチルゼルに強く、赫月ガチグマを二サイクル目で倒しにいける点を評価してラウドボーンを採用した。


ここでようやく毒菱・ステルスロック要員を決めるが、以下の選出パターンが考えられるのでそれに適するポケモンを探すことにした。

・毒菱要員、ステロ要員+エルフーン+テラパゴス(対特殊伝説①、毒菱撒きたい場合)
・マシマシラ+ステロ要員+テラパゴス(対特殊伝説②、ステロ撒きたい場合、毒回収が必要な場合)
・毒菱要員+ラウドボーン+テラパゴス(対物理伝説①)

まず考えやすそうな対物理伝説を想定した毒菱要員から考える。先発コライドンに対して毒菱を撒いた後交代したいが、ヘイラッシャではなくラウドボーンを採用している以上コライドンのスケイルショットに後投げする余裕がないため、ドラゴン半減以下が望ましい。この時点で候補は限られるが、ガラルマタドガスであれば先発コライドンにテラスを強要する或いはHPを保つことができ、ここまで解決できていなかったグライオン対策にもなるので採用した。
最後にステルスロック要員だが、ここまで電気の一貫が切れていないため地面タイプであるのは確定。黒バドを考えた際、エスパーの一貫は切っておきたいのでディンルーを採用した。

以上により構築が完成した。

 

単体解説

テラパゴス

f:id:shigumaaa:20240703162449j:image

テラパゴス(テラスタル) @ たべのこし
テラスタイプ: ステラ
特性: テラスシェル
性格: ひかえめ
192(172)-103-130-170(236)-130-118(100)
ラクラスター / めいそう / ロックカット / まもる
〈調整〉
HP…テラス前に16n,テラス後に16n+1
C…ステラテラクラスターで無振り黒バドレックスを確定二発
 +1ステラテラクラスターでH172D4振りウーラオスを確定(パオジアンの電気テラバ耐え調整の目安)
 ごり押しできる範囲を広げるためにできるだけ高く。
S…+2で最速霊獣ランドロス抜き
 無振りウーラオス抜き

展開の王。テラスで自身のタイプを変えることは出来ないが、それが気にならないほどの性能を持つ。
ラクラスターの存在で相手のテラスを抑制するのは凄く、テラスによる無効化される択が一切無くなり、相手の一致テラスによる火力増強を許さない。これらは相手の上からテラクラスターを打てる状況を作る必要があり、それを実現できるロックカットはこのポケモンのテラスを抑制するという性質を支えている

技構成に関して、守るはこのポケモンの要であり、テラクラスターで縛れている状況下において、相手は積みや殴られることを考えると居座るしかなく、守るを挟んでHPを確保する動きをローリスクでできるため、食べ残しで使う場合はこの技は必須級である。また、テラクラスター圏内の相手をテラクラスターで倒すと1/16しか回復しないが、ロックカット→守る→テラクラスターと押すことで3/16回復できるため、それだけでテラスシェルを復活させやすくなるので覚えておきたい。これらの理由によりロックカットの価値は非常に高く、先に積んでおくことで裏の高速枠やスカーフウーラオスを貫けることも当然強いため、技はこれで完結している。

また、ラス一瞑想テラパゴスで全抜きを目指す上で課題となるザシアンやチョッキコライドン等の本来不利な相手に対して、毒菱を撒いた後テラスシェルを活かして無理矢理特殊に繰り出してサイクルする動きを取り入れて乗り越えることができたので、テラパゴスで最初から全抜きすることに執着しすぎないことが大事だと学んだ。

積む手順や守るの判断、テラスを交えた選択肢が豊富であり構築まで含めてプレイヤーの力量に大きく左右されるが、それを最大限引き出せると無限の可能性を秘めており、環境的にも追い風だと感じているので、今後世間的にはより正常でより安定感ある構築が生まれる気がする

 

エルフーン

f:id:shigumaaa:20240703162515j:image
エルフーン @ ゴツゴツメット
テラスタイプ: はがね
特性: いたずらごころ
性格: ずぶとい
167(252)-78-133(124)-98(4)-110(116)-138(12)
ムーンフォース / やどりぎのタネ / アンコール / ひかりのかべ
〈調整〉
HB…意地水ウーラオスの鉢巻水流を99.53%で二耐え
  意地カイリューのテラス神速を確定二耐え
HD…臆病黒バドのアスビを確定耐え
  控えめミライドンのフィールドイナドラ2回を通常→壁下で確定耐え
  臆病ハバタクカミの眼鏡ムーンフォースを確定耐え
S…準速テラパゴス抜き

悪戯心+アンコールによる絶対的な流し性能を誇り、裏目にならない宿り木で雑に扱うことができる。宿り木が入った状態でテラパゴスに交代することも多く、テラスシェルを残しながら相手を削ってもう一度エルフーンに交代するみたいに無理矢理サイクルを形成したり、テラスシェルを残したまま1積みする状況を作り出せたりと立ち回りの幅は広い。滅多に起こらないが、サイクル下で相手を消耗させてラス一に追い込んだ場合は宿り木で退場しながらテラパゴスで詰める動きを取れるといったように、宿り木はテラパゴスと絡める補助要素としてはトップクラスで相性が良い。

特殊伝説+水ウーラオスを広く浅く誤魔化せて起点作成出来る点で単体で中継役を簡潔できる。そのため、ステロを撒くか毒菱を撒くかを相手の細部に応じて選出を纏め上げることが出来る。

技に関して、一致ウェポンとして優秀なムーンフォース、展開阻害・展開作成としてアンコールと宿り木は確定。最後一枠は特殊伝説相手に出すことが予測できたため、光の壁を採用した。自分視点は中途半場に粘らずテラパゴスに繋げることが第一であるため、テラパゴスと合わせる場合身代わりを採用する選択肢はないと言える。

 

マシマシラ

f:id:shigumaaa:20240703162540j:image
マシマシラ @ こだわりスカーフ
テラスタイプ: ゴースト
特性: おみとおし
性格: ひかえめ
163-85-109(180)-176(76)-110-158(252)
ヘドロばくだん / サイコノイズ / トリック / すてゼリフ
〈調整〉
HB…A4振りディンルーの地震を確定耐え
  意地水ウーラオスのパンチグローブ水流連打を確定耐え
C…できるだけ高く
 サイコノイズでD4ウーラオスにダメージ186~
S…最速+1霊獣ランドロス抜き  自身の+2テラパゴス+1(Sラインを揃えている)

お見通しによる型特定性能、捨て台詞や拘りトリックによる盤面作成、毒タイプに強い毒菱回収、ゴースト・フェアリー・格闘の補完等、テラパゴスと相性の良い要素の塊。

お見通しは隠れ強特性であり、得に黒バドやミライドンは先発から出されやすく、0ターン目で伝説の型を特定できるのはそれだけで確実な情報アドを得られるので、選出するだけでテラパゴスを通すプランニングを立てられる点が独自の魅力である。テラス択や型の噛み合いが置きがちな一発勝負のランクマにおいて、テラパゴスでテラス択を抑えられることやこういった確定できる要素はストレスなく対戦を行うことに繋がり、結果として長期的なプレイングの安定に繋がる。

運用方としては基本的には捨て台詞から入り、裏からスカトリしたりスイープしたりするのが主な動かし方である。この顔でC130もあるので、捨て台詞で帰った後のスイープ力は思いの外ある。ディンルーには初手トリックから入る。

テラスはカイリューゴチルゼル意識でゴースト。本構築はラウドボーンとガラルマタドガスの影響でゴチルゼルを誘わないので生きる場面はなかったが、マシマシラに関しては他を抑えてまでテラスを切る場面がないので問題無かった。

技に関して、シャドーボールを採用することで黒バドに対して持ち物を確認しながら倒しにいくことはできるが、相手がケアしてくるのか分からず不確定であり、捨て台詞でディンルーに繋ぐ方が確実性もあるので採用には至らなかった。

ラウドボーン

f:id:shigumaaa:20240703162604j:image

ラウドボーン @ バンジのみ
テラスタイプ: どく
特性: てんねん
性格: ずぶとい
211(252)-85-167(252)-130-96(4)-86
フレアソング / たたりめ / あくび / なまける
〈調整〉
HB…意地コライドンの晴れ下スケイルショット10回をバンジのみ込みで確定耐え

物理伝説受けとしてヘイラッシャと比較されるが、ゴチルゼルがいても選出を渋る必要がない点、炎オーガポン・テツノカイナ・キノガッサ等に強い点、基本的に赫月ガチグマより早いため、物理伝説+赫月ガチグマに対して二サイクル目で崩しにいきやすい点、祟り目が毒菱と相性良く自身が勝ち筋になりやすい点だが、特に赫月ガチグマより早いことで必要以上に後手に回ることがなくなるため、二サイクル目で直接勝ちを狙えるのがこのポケモンの魅力である。

持ち物に関して、当初はオボンのみを持たせておりディンルーに混乱実を持たせる想定だったが、コライドンのスケイルショットのことを考えると混乱実の方がいいことに気づいたため持たせた。ラウドボーンというポケモン自体厚底ブーツゴツゴツメット等発動しない持ち物が候補に入りやすく、半分削れた状態からでも耐える場合に更に1ターン作り出せるので、相手の処理ルートからずらすことでも活きていた(水ウーラオスに対してテラス欠伸をする等)。

テラスに関して、毒テラスにすることでテラパゴスを通す上で弊害となるドオーやグライオンに対して居座ることができる。主流である水テラスだとホウオウのテラバーストが抜群で通りがちなのでゴリ押されるが、テラバーストではなく不一致地震程度であれば受かるので、毒絡みのホウオウ受けサイクルにも役割を持たせている。

最終日構築にラウドボーンがいるのはこれで四度目らしい。

 

ガラルマタドガス

f:id:shigumaaa:20240703162629j:image
マタドガス(ガラル) @ ふうせん
テラスタイプ: みず
特性: かがくへんかガス
性格: ずぶとい
172(252)-99-159(36)-105-118(220)-80
ワンダースチーム / どくびし / おにび / いたみわけ
〈調整〉
HB…H244A4振りディンルーに対して毒菱カタス→痛み分け地震→痛み分け地震を確定耐え(鬼火ない想定)
  陽気ザシアンの巨獣斬を確定耐え
HD…臆病ハバタクカミのシャドーボールを98.83%で二耐え
  控えめ赫月ガチグマのブラッドムーン+真空波を93.75%耐え

特性無効により無理矢理行動保証を確保することに成功している。特性無効は書いてあることが凄い。具体的には、
・天候、フィールド、災い、マルチスケイル、テクニシャン、根性等無効による火力耐久低減
ポイズンヒール無効による対グライオンキノガッサ性能
・影踏み無効によるゴチルゼル耐性
等。特性のお陰で活躍しているポケモンは多いため、それらを否定できる。特に対グライオン性能は唯一無二であり、ターン数を稼いで身代わりのタイミングで後投げするだけでそのまま倒すことができる。選出画面で即死をよぎらせ選出を抑制できるだけでなく、仮に選出されてガラルマタドガスを選出できていない時や後投げできるHPが確保できてなくても相手の行動を歪ませることができるため、このポケモン以上の対策はない。

ワンダースチームと毒菱は確定で、雑にHP管理ができる痛み分けと、合わせてディンルーに延命できる鬼火を採用した。黒い霧や置き土産、挑発等の起点回避技はあるが、どれも活きる盤面が思いつかなかったので試すことなく不採用となった。

持ち物に関して、物理伝説構築には赫月ガチグマが採用されがちで先発率も高いので、そこに行動保証を持たせるために風船を持たせた。勿論浮いている毒無効枠ということでグライオンやドオーにも強く、鉢巻カイリューに対しても強く出られる。風船で浮いている状態だと毒菱回収できない点にだけ注意。

テラスに関して、ガラルマタドガスがディンルー相手にHPを保つことができ流されて裏に残った際、ラス一パオジアンor水ウーラオスへの詰めの段階で切る選択を取れる水にした。

明らかに使用率圏外のスペックではないため、まだまだ開拓の余地はあるように感じた。

 

ディンルー

f:id:shigumaaa:20240703162654j:image
ディンルー @ オボンのみ
テラスタイプ: どく
特性: わざわいのうつわ
性格: わんぱく
261(244)-130-161(12)-67-132(252)-65
じしん / カタストロフィ / ステルスロック / ふきとばし
〈調整〉
HB…陽気パオジアンの氷柱落とし二発をオボン込みで98.83%耐え
  意地カイリューの鉢巻逆鱗を49%~(14/16でオボンのみを発動して次確定耐え)
HD…C198ミライドンのフィールド氷テラバースト2回をオボン込みで確定耐え、特化で93.5%耐え
  臆病黒バドの+2草結びを15/16耐え

前期に引き続き特殊伝説全般に役割を持てるステロ要員として採用した。

前期の課題であった鉢巻カイリューの逆鱗とオボンのみの関係を明確にしたかったので、特防に厚く調整した。本構築ではカイオーガ以外の特殊伝説相手にしか投げないので特防に厚くした恩恵は大きく、マシマシラの捨て台詞と合わせて行動回数を1~2回増やせるので、ステロ後に充分な削りを行ったり吹き飛ばしで裏を確認する余裕が生まれたりと取れる選択肢を増やすことに繋がった。

 

要点

・起点回避の手段を盛り込み、徹底的に先に展開することを目指す。(スカーフトリック、悪戯心アンコール、天然欠伸、吹き飛ばし)
伝説一体環境の展開構築において、「テラスを交えた制圧力の高さから積み伝説が強力なのは揺るぎなく、前のめりなミライドン・黒バド構築側は特に覆すのが難しいため、流す手段を用意して伝説を先に立てるゲーム」だとS18の自身のシード黒バド構築の使用感からも持論を持っている。その考えを基に一般枠にはできる限り展開阻害要素を採用することを意識した。相手を交代させることはテラパゴス構築を使う上で撒くであろう設置技を活かせる点やテラパゴスで守るリスクを抑えられる点でも噛み合っている。

・テラパゴスと一般枠のタイプ補完を意識して一般枠を生存させる

×,,,
ゴースト無効+フェアリーや格闘半減耐性
ラス一テラパゴスは吹き飛ばしの耐性が付くためテラパゴスを通せる見込みがある場合には有効だが、効果的な展開阻害やTODによる逃げ切り等の対策を用意されていると乗り越えることが厳しい。そこでテラパゴスに素引きする動きを取り入れる必要があると考え、構築段階でタイプ補完を意識することでテラパゴスを絡めた交代を成立しやすくした。死に出しテラパゴスで相手の先発を処理した後交代する際の交代先の被弾ダメージを抑え、2vs2で有利状況を維持する動きを多様していた。
また、テラパゴスは25~36ダメージで収まることが多いため、立ち回りの幅を広げつつ守るを一回分多く挟みテラスシェルを復活させる選択肢を残すことにも繋がっていた。

・構築を妥協しない
自分自身、一般的にはスペックが劣るとされているポケモンでも必要な条件を満たしていてそれが最善だと判断したら採用するべきだと考えている。そこに「何をするのかわからないから」といった意図は一切無く、ただ構築をより良くする為に毎度採用している。明らかに構築パワーが足りていない場合、それを補うために補完枠はスペックが高いポケモンを採用する考えは正しいが、本構築は結局テラパゴスを通すことに終着するため、補佐枠は妥協せずに最善のポケモンを採用することができた。自分なりの構築理論を信じているため、最終日2ロム1桁付近からでもガラルマタドガスをいきなり投入することができた。


基本選出

・対黒バド(炎オーガポンなし)、ミライドン(炎オーガポンなし)

ステロを撒きたい場合(パオカイ入り、アマガ入り)…先発f:id:shigumaaa:20240630062441j:image 後発f:id:shigumaaa:20240629195104j:imagef:id:shigumaaa:20240629194805j:image

ステロを撒く必要が薄い、毒菱を撒きたい場合…先発f:id:shigumaaa:20240630060128j:image後発f:id:shigumaaa:20240630062441j:imageorf:id:shigumaaa:20240630055911j:image+

相手の取り巻きに応じて撒きたい方を選ぶ。起点回避手段を屈して先にテラパゴスを着地することを目指す。ポケモンを残す盤面と雑に動かす盤面を見極める。微有利~有利。

 

・対黒バド(炎オーガポン入り、毒入り)、ミライドン(炎オーガポン入り、毒入り)

先発f:id:shigumaaa:20240630055908j:image 後発f:id:shigumaaa:20240630062441j:image

先発炎オーガポンが取れる行動はテラス強要or交代なので、捨て台詞ディンルー出しが安定となる。後発から対面してもテラスを強要できるので、基本的にはマシマシラを残して立ち回ることを意識する。テラスさせればテラスシェル貫通されずにロックカットテラクラスターで切り返せるのでそのまま裏まで倒しにいけるのでそこを目指す。この選出だと水ウーラオスが重く、ミライドン+炎オーガポン+水ウーラオス入りには選出択が避けられない。五分~微有利

・対ザシアン、コライドン、白バド

先発f:id:shigumaaa:20240630060128j:image 後発f:id:shigumaaa:20240629195817j:image

基本的にはどれも同じで、毒菱を撒いた後交代してガラルマタドガスを残し、毒ダメでハバタクカミや赫月ガチグマを削りつつ残したガラルマタドガスを活かしてサイクルしてラウドボーンで詰めることを目指す。ラウドボーンはコライドンのスケイルショットに余裕がないため、構築段階でガラルマタドガスとラウドボーンで一貫を切っており、テラパゴスでテラス守るorテラクラスターで晴れを消す→ラウドボーン交代する動きを視野に入れる。白バドにはテラパゴスで殴り合えるため、ラウドボーンでガチグマの前で倒してもらい起点にする展開的な戦いも目指せる。
テラパゴスのテラスシェルが残っていないと水ウーラオスが重く、コライドン構築にはいないことが多いがザシアンと白バド構築には採用されがちなので、水ウーラオスとラウドボーンが対面した際はテラスを切って展開に移行する。赫月ガチグマの型にもよるが、微有利。

 

・対カイオーガ

先発f:id:shigumaaa:20240630060128j:image 後発f:id:shigumaaa:20240630055843j:image

毒菱を撒いてエルフーンを雑に動かす。ゼロフォーミングで火力低減できるので、テラスはできる限りを残す。一度も当たらなかったが、ブリジュラスの存在が気になるくらいで有利なはず。

 

・対ルナアーラ

先発f:id:shigumaaa:20240630055908j:image 後発f:id:shigumaaa:20240630062441j:imagef:id:shigumaaa:20240630055843j:image

先発眼鏡なら台詞→ディンルー出しでステロ展開してテラパゴスで詰められる。後発瞑想であればディンルーで荒らしつつシャドーレイが飛んでこないタイミングでマシマシラを投げてトリックで止める。テラパゴスへの対抗策がルナアーラTODするだけであれば乗り越えることができ、自然と毒回収できることからも有利。

 

・対テラパゴス

瞑想っぽい…先発f:id:shigumaaa:20240630200637j:image 後発or+


眼鏡っぽい…先発 後発

毒菱を撒いて先に展開することを目指す。眼鏡の場合は裏にミミッキュが控えていることが多く、テラパゴスを展開する前に皮を割っておきたいので、状況に応じてテラパゴスを先に出し、ステラクラスター呪い→エルフーンをして再展開を目指す。相手が解答を用意出来ているか次第だが戦える。

 

・対受けループ

f:id:shigumaaa:20240630200836j:imagef:id:shigumaaa:20240630200637j:image+f:id:shigumaaa:20240630200742j:imageorf:id:shigumaaa:20240630200646j:image

ラウドボーンがホウオウやハピラキにある程度戦えて、逆にラウドボーンを通す以外に勝つのは厳しいので、ガラルマタドガスとマシマシラで全力で不利状況にならないようにしながら欠伸を絡めて戦う。ヘイラッシャかアローラベトベトンを選出されると不利な運勝負になる。ホウオウの場合は微不利~五分だが、ムゲンダイナの場合はダイマ砲ドラテ身代わり等どれがあってもきつく、TODまで含めても不利。

物理伝説には選出固定気味だが、特殊伝説にはと組み替えが効くため、見た目以上に再戦には強くなっている。

 

重い構築

・特殊伝説+天然ドオー
白バド・コライドン構築にいるドオーであればガラルマタドガス+ラウドボーンで比較的戦えるが、特殊伝説入りだと選出が崩れてしまう。この環境のドオー自体貯水が主流だがミライドン構築だと天然であることが多く、エルフーン+ディンルーで誤魔化せないこともないが、パオジアンまでいると終わる。そもそも貯水でも先にテラパゴスで二瞑想でもできていない限り厳しいので、特殊伝説と合わされると厳しめ。

・先発S81以上のシルクのスカーフガチグマ+物理伝説
物理伝説には先発にガラルマタドガスを投げるが、シルスカブラッドムーンでワンパンされるところから始まってしまう。死に出しテラパゴスの起点にはできるもののそこから無起点で三縦するのは伝説を選出されていない限り厳しく、サイクルしても手数が足りないため怪しい。二回起きて一勝一敗。

・毒菱+日食ネクロズマ
ディンルー以外がボコボコに殴られる。ラウドボーンで流して先にテラパゴスを展開できると戦えるが、毒菱を絡められると回収している場合ではないこともあり厳しい。日ネク自体切り気味だったが、一回当たってしまい完敗。


結果

TNゼラティク 最終3位 最高レート2190最終レート2173

f:id:shigumaaa:20240701203424j:image

 

終戦負けてしまいましたが、納得いく構築を作ることができたのでそこは満足しています。構築経緯にも書いた通り、シングルのテラパゴスは公式からの挑戦状と解釈していたので、1週間かけて僕なりの解答を提出できて良かったです。(公式よ、これで満足か?)

今回の構築は今まで以上に難解だと思うので、理解できない・使い熟せなかったとしても落ち込む必要は一切無いです。また、中途半端に尖ったポケモンを採用するのは総合的な力を付けるという観点においては自分の首を締めかねないので、あまり参考にしすぎないでください。

ここからは実際起きた戦いの記録を語ります。
8時30分に1位になった1分後に2位になり、その10分後に3位になった。1位争いに関して、最後潜る段階で2位であれば1位との一騎打ちであり、8時55分以降に潜って勝てば「1位の人が潜る且つ勝利する」以外最終1位なので1勝で充分だが、3位になると話は別で2位の人が上記の思考で潜るため、「マッチングで2位の人を越えるだけ上振れる且つ勝利する+1位が動かない」と1位になれない。そのため、現実的に1位を狙うならば2勝が必要だと言える。僕視点は3位に落ちて上に2人いると考えられたので8時40分頃に1戦先に潜る必要があるが、実はこの時の1位と2位は最終1位のうわっきーさんの2ロムなので実質的に1人だった(照らし合わせたがほぼ確定)。そこから僕が勝って8時55分頃に1位になったが、僕が抜いた2人のうちどちらかは潜って且つ勝利するであろうことを考えると、やはりもう1勝が要求された。ここで潜るかどうかの選択だが、この時メインロムは12連勝していて構築に自身があったため、迷わず潜る選択を取った。
一方、2ロムで回していてある程度レート間隔を把握していたであろううわっきーさんは情報アドバンテージで有利を握り、その上で「潜らずに1位が負ける」選択肢を取り功を奏して最終1位となった。「僕が潜る且つ負ける」を引いて結果が左右されたが、潜った判断も間違っていないと思うし、自分が逆の立場で保存を選択するのが正しいとは言い切れない(その時の構築の自信にもよるが)。ただどこまで言っても結果論の話にはなるとは言え、この状況を生みだしたうわっきーさんを称えるべきなのは言うまでもない。

長くなってしまいましたが、このように最終1桁狙いと最終1位狙いはとてつもなく差があり、最後1位チャレを狙えるところまで力を付け、その果てにそのシーズン持ってるものが最終1位を得る。その瞬間まで尽力し続けることが真に1位を狙うということだと考えています。これからもその瞬間を目指して、自分の考察を表現して楽しむ姿を見せていけたらなと思います!

 

今回紹介した構築を使用した最終日動画も上げているので、チャンネル登録等よろしくお願いします!

www.youtube.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

X:@zenchino115

【S18最終7位】革命共鳴黒バドレックス【ポケモンSV】

お久しぶりです、シグマです!

満足いく構築を組むことができたので、久しぶりに記事を書きました!最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 


f:id:shigumaaa:20240602193003j:image

少なくとも6月末までは公開しておきます!

構築経緯

f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image

環境考察を一通り行い、禁止伝説自体は黒バドレックス・ミライドンの二強であり、次点でコライドン・ホウオウ・ザシアン・カイオーガ…と評価付けていた。その上で飛び抜けた性能を持つ禁伝はおらず、環境に合わせて使用する禁伝を終盤に決めようと考えていた。

中盤にかけてカイオーガ+ゴリランダーをオフ大会に向けて煮詰めていた際にゴリランダーの使用感の良さを感じていた。レギュGのゴリランダーは「浮いているポケモンが少なく地面耐性を付けづらいが特性により構築単位で付けることが可能」「フィールド書き換えによりミライドン構築に立ち回りやすい」「禁伝は先制技持ちが少ないため、先制技により黒バドを筆頭に縛れる相手が一定数いる」「黒バド+水ウーラオスに強い」辺りを個人的に評価していた。

一方、突撃チョッキが主流ではあるものの、単体でミライドンに勝てるわけではなく、特に終盤増加していたエレキシードミライドンに逆に起点にされてしまうのは致命的である。そのため、突撃チョッキゴリランダー自体の評価が高いわけではなく、別の持ち物の方がやれるのではないかと考えていた。また、ミライドン+エレキシード一般枠のように、ゴリランダー+グラスシード禁伝の未開拓部分にも注目していた。

禁伝の選定が決め兼ねる中で、やはり黒バドレックスが最強格なのは揺るぎようがなかった。私自身、TOPtierのポケモンを避ける最大の理由が「使用率が高いが故に避けられない同速勝負がある程度付きまとうこと」であり、黒バドも同様であった。襷や補助技採用型は勿論、スカーフもイタチごっこの領域を抜け出せずにミライコライも関わってくるのでどうしようもないように感じていた。一方、禁伝としては全てに五分以上取れるため、構築段階で同速付近を汎用性落とすことなく解決できるのであればTOPtierでも使うに値するというのが私の考えである。

そこで高速移動に着目した。素早さを二段階上げることができるので他のスカーフポケモンを寄せ付けずに同速勝負も拒否できるため、充分解決できると考えた。黒バド自体耐久は低くはないものの無起点で高速移動をする状況は限られるため、何らかの起点作成は必須でありここで工夫が求められる。

ここで深夜雨音を聞きながらいつものように考察しているとふと天から降ってくる。ゴリランダーのドラムアタックで素早さ操作を行いながらグラスシード黒バドレックスに繋ぐことができるのではないか、と。以上により軸が決定した。

 

この二体を軸にする上で、襷黒バドや重いパオカイの存在を考えるとステルスロックは重要であると考えた。また、黒バドにテラス権を回したいため、テラス依存せずに襷を持たなくても行動できるポケモンが求められる。方針として、相手の禁伝に対応したステロ要員を採用して「先発ステロ後発ゴリラ黒バド」の形を目指した。
f:id:shigumaaa:20240602192120j:imagef:id:shigumaaa:20240602192123j:image
まず、環境トップの黒バド・ミライドン軸に強く、安定した削りを遂行できるディンルーを採用した。次にコライドン・ホウオウ軸に強く、毒菱回収も狙えるキラフロルを採用した。
f:id:shigumaaa:20240602192458j:imagef:id:shigumaaa:20240602192500j:image
ステロ要員は二体で充分だと考えて、補完枠を考えた。型は何であれ、黒バド構築を組むのであれば相性の良い水ウーラオスは採用しない理由がないと考えていたので、型は後回しにして採用を決めた。ここまでミライドン+ハッサム、オーロンゲ+ミライドン、コライドン+キラフロルが並びとして重く、黒バドレックスを通す上で弊害となる赫月ガチグマ、イーユイ辺りにも強い顔をできそうなポケモンを探したところイダイナキバが該当したため採用して構築が完成した。

f:id:shigumaaa:20240602191857j:imagef:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602192120j:imagef:id:shigumaaa:20240602192123j:imagef:id:shigumaaa:20240602192458j:imagef:id:shigumaaa:20240602192500j:image


禁伝の選定に至るまでだいぶ省いているためもしかしたら追記するかも。

単体解説

黒バドレックス

f:id:shigumaaa:20240602191857j:image
バドレックス(黒馬) @ グラスシード
テラスタイプ: くさ
特性: じんばいったい
性格: ひかえめ
197(172)-81-132(252)-212(60)-121(4)-173(20) *A0
アストラルビット / ギガドレイン / わるだくみ / こうそくいどう
〈調整〉
HB…陽気ザシアンの+1巨獣斬→フィールド回復→同巨獣斬を確定耐え
  意地白バドのブリザードランス2回(=+2ブリラン)を確定耐え
  意地カイリューの鉢巻逆鱗+鉢巻テラス神速をフィールド回復1回込みで確定耐え
  陽気パオジアンの氷柱落としが29.0~34.0%(目安)
HD…控えめミライドンのフィールド流星群を確定耐え
C…+1アストラルビットでD4振り等倍黒バド・コライドンをそれぞれ確定
 +1アストラルビット+ステロでD4振りミライドンを確定
 +3アストラルビットでD4振りチョッキミライドンに201~(H252振りの場合13/16)
 テラスギガドレ+ステロで無振りパオジアンを8/16(目安)
S…準速オオニューラ抜き

超越バドレックス。超越ポイントは「ミラーの解決」「チョッキディンルー・ゴリランダー・ホウオウに勝てる」「先制技に縛られづらい」等。

B振り+グラスシードによるB上昇により有象無象の物理相手の前で行動することができ、相手の構築・裏を見据えて必要に応じて積んで全抜きを狙う。防御方面を堅くできるのは黒バドの処理手段の一つである「テラスを強要させた後高火力先制技で縛る」を抑えることができるのも強み。勿論グラスシードが発動しなくても堅すぎるので、あらゆる状況から耐えてはいけない技を耐えてくれる。相手の対抗策を一つ潰しているのもあの時のゼルネアスと同じ。

テラスに関して、フェアリーも候補に挙がるが、鋼テラスのチョッキディンルーに勝てない点と瞑想ではないと電気テラスミライドンに簡単に負けてしまう点が懸念点だった。ここを重く見て草テラスを選択した。チオンジェンやカイオーガ+水ウーラオスにも強くなるのが強み。草テラスを最大限に活かすために水・草・地面全般の被選出率を高めたかったので、軸の二体以外は構築段階で意識していた。

高速移動は135族以上相手に同速を仕掛ける必要がなく、相手の構築や選出次第で過剰になる補正+252相当を素早さに割く必要がないため、努力値の有効活用に成功している。特攻も最低限これだけあれば充分なので、防御に厚く振ることができた。
悪巧みは瞑想と選択だが、チョッキ持ちとザシアン意識で悪巧みを採用した。瞑想の利点はミライドンに立ち回りやすくなるのと赫月ガチグマに勝てる点が挙げられる。

ここまで長所ばかり挙げているためこの型特有の短所を挙げると、
・悪巧みと高速移動の両方を出来なかった場合にチョッキミライドン相手に素早さ勝負になってしまう点
・フェアリーテラスではないためスカーフイーユイが重く、襷パオジアン相手にも噛み砕くを切らないといけない点
・ノマテラアンコールカイリューに択になり流される点(厚底ブーツだと択にもならない)
辺りが負けパターンだった。

今回のグラスシード型に限らず、高速移動という技は同速を拒否する手段として今後注目されることになると思う。

改善案…なし。


ゴリランダー

f:id:shigumaaa:20240602191854j:image
ゴリランダー @ きあいのタスキ
テラスタイプ: ノーマル
特性: グラスメイカ
性格: ようき
176(4)-177(252)-110-72-90-150(252)
ドラムアタック / グラススライダー / がむしゃら / ちょうはつ
〈調整〉
H…16n(ステロ後グラスフィールド回復2回でHP満タン)
S…S-1最速黒バドレックスを抜くために最速

草生やす担当。

有象無象に選出することになるため、優先的に気合いの襷を持たせた。突撃チョッキ以外にも開拓の余地はまだあると感じている程レギュG適正は高いと評価している。

ドラムアタック+我武者羅で黒バドレックスに安定して繋ぐことができるのが強み。また、考慮され難い挑発が偉く、シードミライドンやテラパゴス、白バドレックスの展開を阻害しながら黒バドに繋ぐことができるだけでなく、相手に攻撃技を強要させることで我武者羅を活かすことができ、結果的に迅速に処理してもらえるのでフィールドを残したまま黒バドレックスに繋げる点でも噛み合っていた。

テラスに関して、襷がないと黒バドに簡単に倒されてしまい、得に対面操作から黒バドを着地されるだけできついため、黒バドと併せて一貫を切るために打開の手段としてノーマルテラスにした。

改善案…なし。

ディンルー

f:id:shigumaaa:20240602192120j:image
ディンルー @ オボンのみ
テラスタイプ: みず
特性: わざわいのうつわ
性格: わんぱく
261(244)-131(4)-176(116)-67-111(84)-73(60)
じしん / カタストロフィ / ステルスロック / ふきとばし
〈調整〉
HB…特化パオジアンの氷柱落としをオボン込みで98.83%で二発耐え
HD…臆病ハバタクカミのムーンフォースをオボンのみ込みで確定耐え
S…無振り赫月ガチグマ抜き

ステロ要員①、仕事人。
レギュGでは役割対象である黒バド・ミライドンに対してタイプが強いことからテラスを切らなくて仕事できるのが実質的な強化点であり評価していた。

素早さに微振りしているが、対黒バドにおいて初手から対面した際に相手のディンルーを倒すと死に出し黒バドの人馬一体の起点にされてしまうためディンルーを倒すことがないので、オボンのみ型の場合は素早さに振る恩恵は低そうに終わってみて感じた。

テラスに関して、パオジアンとカイオーガに応急的に切らざるを得ない場合を考慮して水テラスにした。

改善案…地震→しっぺ返し(メタモンカイリュー意識)、HBライン調整(鉢巻カイリューの逆鱗意識)

キラフロル

f:id:shigumaaa:20240602192123j:image
キラフロル @ レッドカード
テラスタイプ: フェアリー
特性: どくげしょう
性格: ずぶとい
190(252)-54-148(196)-151(4)-102(4)-113(52) *A0
パワージェム / マッドショット / ステルスロック / こらえる
最終日2時にマジカルシャイン→パワージェムに変更
〈調整〉
HB…特化パオジアンの氷柱落としを94.54%で二耐え
  無振りホウオウの地震を確定耐え、特化ホウオウの鉢巻地震グラスフィールド下で確定耐え
S…S-1でS168のコライドン抜き

ステロ要員②、何気に二期連続レッカフロルを使用している。

ディンルーと使い分ける上で主にコライドンに選出しにいける枠として採用。前述した通りタイプに関する選出誘導の面でも適任だった。

本構築では毒を撒く恩恵は少ないが、撒けているとゴリランダーの後攻我武者羅→単毒で倒すことが可能になったり、ディンルーやミライドンを削れて黒バドで対処しやすくなったりと撒けているだけで取れる選択肢は広がるのは間違いない。それよりも選出画面で毒回収できるという事実が大事で、レギュGの展開構築においては毒回収要員は必須だと考えている。

技構成に関して、ステルスロックは確定であり、先発の鋼テラス剣舞スケショコライドンに最大限抗うためにマッドショットと堪えるを採用した。最終的にマジカルシャインとキラースピンが外れることになったが最後まで模索した。堪えるは先発ゴリランダー後発キラフロルと選出することが多々あるが、その際のフィールド残りターンを管理できる点でも重宝した。

改善案…技構成、テラス→ゴースト(ゴチルゼル意識)

水ウーラオス

f:id:shigumaaa:20240602192458j:image
ウーラオス(連撃) @ たべのこし
テラスタイプ: みず
特性: ふかしのこぶし
性格: いじっぱり
197(172)-187(156)-137(132)-74-81(4)-123(44)
すいりゅうれんだ / ドレインパンチ / つるぎのまい / みがわり
〈調整〉
HB…A4振り白バドレックスのブリザードランスを身代わりが6/16耐え(目安)
  特化白バドレックスの+1十万馬力を食べ残し回復込みで77.73%で確定二耐え
  無振りドオーの地震を身代わりが確定耐え
  意地パオジアンの電気テラバーストを15/16耐え
A…11n
S…遅いグライオン意識

黒バドとの補完の良さや攻めサイクル構築っぽく見せることも評価。

鉢巻とスカーフ共に試したが、殆ど選出しなかったので白バド構築とアローラベトベトン入りのホウオウ構築に役割を持たせた。最終盤宿り木白バドが爆増していたので身代わり&食べ残しで採用し、ブリランの乱数が大きくズレる点や同居されがちなドオー意識でHBラインを195-139ではなく197-137に調整した。それでも不利乱数でしか身代わりが残らないので、より一層役割を尖らせてSをBに回すのもあり。

改善案…調整。

イダイナキバ

f:id:shigumaaa:20240602192500j:image
イダイナキバ @ ブーストエナジー
テラスタイプ: フェアリー
特性: こだいかっせい
性格: ようき
207(132)-151-151-65-89(124)-152(252)
じしん / かわらわり / じゃれつく / こうそくスピン
〈調整〉
HB…陽気パオジアンの氷柱落とし+不意打ちを96.49%耐え
HBD…臆病キラフロルのマッドショット+意地コライドンの晴れスケイルショット5回を確定耐え
S…最速
※ブーストエナジーでS上昇

補完枠。ゴリランダーの襷を残すために高速スピン持ちで探したところ、欲しい条件をそのまま満たしていたので疑うことなく採用に至った。ミライドン構築に同居しがちなキラフロルや襷オオニューラにまで強いのも評価点(シードオオニューラの場合は初手イダイナキバと対面することがなく、仮に対面してもゴリランダーで止めることが可能)。

地面打点、高速スピン、じゃれつくは確定。@1は構築に沿ってステルスロックも候補だったが、偶にいるロンゲゴチルメタモン+ミライorコライに水ウーラオスでは役割を持たせることができずに現状勝てる見込みがしなかったので瓦割りを採用した。

改善案…じゃれつく&フェアリーテラス、ポケモンごと変更。

基本選出

・vs黒バドスタン、黒バドサイクル
先発f:id:shigumaaa:20240602192120j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
備考:ステロを撒いて構想通り展開する。黒バドがディンルーを誘い黒バド+ディンルー@1には軸のゴリラ黒バドが滅法強いため有利寄り。選出誘導・基本選出まで含めて黒バドミラーに強い構築を組めたのが今期の勝因である。

・vsミライドンスタン
先発f:id:shigumaaa:20240602192120j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
備考:ステロを撒いて構想通り展開する。パオカイがおらずステロがいらない場合はイダイナキバの選出を検討する。テツノツツミが居る場合は高速移動最優先、いない場合は悪巧みから入る。五分~有利。

vsミライドンサイクル
先発or 後発

パオカイがおらずステロが特別必要ではなく、イダイナキバが動きやすそうであればイダイナキバを選出する。ゴリランダーと一般枠と対面して後攻対面操作→ミライドン着地でフィールドを貼られるのが負けパターンなので、そこを意識してディンルーを残したりクッション交代読みで黒バド着地の動きをしたりと臨機応変さが求められる相手。五分。


・vsコライドンスタン、コライドンサイクル
先発f:id:shigumaaa:20240602192123j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image

先発f:id:shigumaaa:20240602192500j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
備考:剣舞スケショの一層拒否を最優先する。ステロが必要なさそうならイダイナキバを選出に絡めることを検討する(基本はフロル)。取り巻き次第だが微不利~微有利。

・vsホウオウサイクル
先発f:id:shigumaaa:20240602191854j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602192123j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image

備考:初手キラフロル交代でホウオウがA振りか確認して型を絞り、吹き飛ばしをケアする必要があるかどうかを判断する。明らかにブーツ型っぽいならうまいことフィールドターンを残しながらキラフロル→ゴリランダーの順に倒してもらう。ゴリランダーでグライオンを止められる点でも有利。

・vsザシアンスタン
先発f:id:shigumaaa:20240602192120j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
先発f:id:shigumaaa:20240602191854j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191857j:imagef:id:shigumaaa:20240602192500j:image
備考:先発鉢巻カイリューとスカーフイーユイに対応できるステロディンルー置き。後述しているがイーユイが重いため、先に黒バドでザシアン対面で展開する。同居しがちなイーユイと赫月ガチグマが嫌なので微不利~五分だが、何だかんだ勝てる印象。

・vs白バド対面、宿り木白バドっぽいサイクル
先発f:id:shigumaaa:20240602193541j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
備考:対面・宿り木共にこの選出。水ウーラオスを初手置きする関係上ステロを撒かれ難いためゴリランダーで止めることができる点でも有利。

・vsカイオーガ
先発f:id:shigumaaa:20240602191854j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602192123j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image(魂込めるならキラフロル↔︎ゴリランダー逆)
先発f:id:shigumaaa:20240602191854j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191857j:image+f:id:shigumaaa:20240602193541j:imageorf:id:shigumaaa:20240602192500j:image
備考:先発のステロ要員が共にカイオーガがきついため、先発ゴリランダーから入りカイオーガ以外ならキラフロルに即引きする動きが求められる。この動きは偉くはあるものの状況として有利なわけではないため、相手の構築にウーラオスがおらずカイオーガが初手置き感あれば魂込めてキラフロルから入ることも必要。ステロが必要なさそうなら後発に対面駒としてウーラオスかイダイナキバを投げたい。初動が安定しないが軸がカイオーガ自体に強いので微有利。

・vsテラパゴス展開
先発f:id:shigumaaa:20240602192500j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191854j:imagef:id:shigumaaa:20240602191857j:image
備考:黒バドがテラパゴスに不利な型なので、ゴリランダーはテラパゴスを削るために扱う。そのためステロを撒く恩恵が他の対テラパゴスと比べて低く、高速スピンで展開阻害できるイダイナキバを先発置き。挑発我武者羅で繋ぐ→死に出し黒バドで悪巧みステラクラ→テラスギガドレで倒すのが理想。微不利。

・vs受けループ
先発f:id:shigumaaa:20240602193541j:image 後発f:id:shigumaaa:20240602191857j:imagef:id:shigumaaa:20240602192120j:image
備考:ムゲンダイナ+アロベトは正直切ってる。ホウオウ入りは初手水ウーラオスで身代わりを残してヘイラッシャ対面削りながら時間を使い、残り2ターン頃に雪雪崩に合わせて黒バドに引き、特殊受け交代を防ぎ素眠りしかない状況を作り出してテラスギガドレで倒すことを狙う。不利。


その他基本のステロ+ゴリラ黒バドを忠実に、必要に応じてイダイナキバと水ウーラオスを組み込む。

 

重いポケモン

メタモン
本構築の最大の欠陥。HP満タンの黒バドがC212の+1アスビを62.5%で耐えるためそれに賭けるか、ゴリランダーを残して黒バドに素引きして展開した後ゴリランダーにテラス権を温存すると勝てる。ディンルーの技をしっぺ返しにして上手いこと生存させるのもありだが防御が堅すぎるためテラス権が残っていたり襷だとどのみちきつい。今回はお祈りも含めて逃げ切ったが、改善するならここを要対策する必要がある。

・スカーフイーユイ
コライドン・ザシアン構築のイーユイはスカーフしかおらず、テラスで等倍以下にすることができないため、ゴリランダーで止めるか先にC+3 S+1の黒バドを作り出す必要がある。幸いにもザシアンの前では2回行動できる程堅いので気合いでいけるが、ザシアンともノマテラ択になってしまう。

厚底ブーツ持ちノーマルテラスアンコールカイリュー

ステロでマルスケが潰れず、2ウェポンとも一貫しないため見てから対処される。ゴリランダーの前で先に出てくるのであれば、挑発でHP管理やアンコールを阻害しながら神速で黒バドに交代することができるため立ち回ることはできるが、黒バドのために残されると詰む。

・ミライドン+アーマーガア

ハッサムだとイダイナキバで強く戦えるが、アーマーガアの場合イダイナキバが仕事できないためかなり厳しい。ミライドンゴリランダー対面で黒バドに即引きして先に展開することを狙うしかない。

 

結果

S18最終7位 最高レート2222最終レート2204

f:id:shigumaaa:20240602205108j:image

~~~~~~~~~~

終戦負けてしまいましたが、仮に勝っていても1位ではなかったしここ数ヶ月の結果を踏まえるとこれで悔しがるのも違うのかなと思います。
ただ僕がランクマをやる上で、1位を狙うのは変わらず保存の選択肢はないので、引き続き楽しみながら自分なりのポケモンで狙える時に狙えたらなと思います!最終日に僕がどの禁伝を握っているのか予想してみるのも面白いかもしれません笑

Youtubeでも本構築を使用した最終日の対戦やランクマの対戦を中心に上げていくので、チャンネル登録等よろしくお願いします!!

www.youtube.com

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

X:@zenchino115

【PJCS2024予選第1回最終112位】弄火活性【ポケモンSV】

お久しぶりです。シグマです。

皆さんPJCS予選お疲れ様でした!

今回PJCS予選第1回で最終112位で終えることができ、本戦の権利を獲得することができました!今回使用した構築はギミックというのもありこの構築を煮詰めることはないと判断したため、記録として残すことにしました。後述している理由により考察は浅いですが多めに見てください。


f:id:shigumaaa:20240205103312j:image

(少なくとも2週間はレンタルパーティ公開しておくので遊んでみてください!)

 

 

コンセプト

・第1回予選は環境調査のつもりであり、せっかく潜るなら予選抜けが見込めそうな何かしらのギミックを取り入れる
・ギミックに依存せず戦えるように汎用性を落としすぎない
・噴煙で味方にバフを掛けながら火傷の上振れを押し付けて勝率を引き出す

 

構築経緯

自分自身環境の構築に対して強い軸を用意するメタ思考を好み、去年予選抜けした際の取り組み方も第1回予選で出回った構築に強い軸から組み始めたので、今回も同様に第1回は様子見で第2回に向けて調整する予定だった(1月シングルのモチベが高かったのもある)。ただ、公式大会の潜り方を再確認するために参加はしておきたく、既に結果を残しているスタンダードな並びを中途半端に握っても勝てないのは薄々想像できたため、最も勝算が高そうなギミック要素を取り入れた構築を使うことにした。

始めに構築を選択する以前に大雑把にしか環境を知らなかったので、過去の経験から強そうな要素を見つけることにした。そこで去年シングル勢が勝ち抜く要因となったステルスロックを絡める戦法がまだやれそうなことに着目し、「サケブシッポでステルスロックを撒き遠吠えをしながら裏のパオカミタケルライコ等の先制技で縛る」というものを試した。ステルスロックや遠吠えは悪くなかったものの、想像以上に環境に多いリキキリンに弱い点やこの指水オーガポンに対して行動が不安定な点が目立ち早々に没になった。

f:id:shigumaaa:20240205175049j:image

ここで同時期に話題になっていた素早さブーストウガツホムラで遠吠えをする構築の存在を知った。対ハバタクカミとオーガポンを筆頭に動かしやすい点に惹かれて少し考えたところ、数値が高いこのポケモンで遠吠えしてる場合ではないのではと疑問を持った。そこで何か代わりの技がないか睨めっこしていたところ、噴煙と目があった。当初の目的はギミックであり、「味方弱点保険を狙いながら相手両方に確率で火傷を押しつけられる」と初ターンで行うと考えると充分壊し性能は高いと言える。これを毎試合できれば、初ターンの思考量を減らせるだけでなく上振れ要素により質以上に勝率を引き出せることから勝率が求められるインターネット大会適正が高い。加えてレギュFの練度不足を補うことができるのではと考えることにした。

f:id:shigumaaa:20240205175144j:imagef:id:shigumaaa:20240205175146j:image

当然味方が燃えていては駄目なので、特殊且つ炎抜群のポケモンを探したところ、範囲技で殴れるサーフゴーが適任だった。また、これだけのために噴煙を採用するというのは流石に渋かったので、同じく噴煙ギミックを行えるポケモンとしてセグレイブが該当した。この二体は追い風やスタン系統にはセグレイブが強く、トリルやギミック系統にはサーフゴーが強いため非常に攻めの補完が優れているため、ここまでを確定とした(この三体を思いついたのが竜王戦終了数日後であり、シングルランクマを取り組むために一旦放置した)。

f:id:shigumaaa:20240205175242j:imagef:id:shigumaaa:20240205175247j:imagef:id:shigumaaa:20240205175245j:image

先発ウガツホムラ+セグorサフゴ 後発〇〇の並びを形成する上で、能力上昇したセグサフゴが共に中速で行動回数を増やしたかったので、追い風要員として化身トルネロスを採用した。それに伴いガオガエンが重すぎるため、化身トルネロスと相性が良い水ウーラオスを採用した。

ここまでまだガチキリンを筆頭としたトリックルーム構築が重かったが、具体的なガチキリン対策を知らなかったので、若干数が減っているとは知っていたもののこのポケモンがダブルで弱いわけはないだろうと思いモロバレルを採用して構築は完成した。

 

単体解説

ウガツホムラ

f:id:shigumaaa:20240205104138j:image

テラスタイプ:草
性 格:陽気
特 性:古代活性
実数値:205(196)-149(108)-141-*-113-150(204+)
持ち物:ブーストエナジー
技構成:ヒートスタンプ / ワイドブレイカー / 噴煙 / 火炎の守り
〈調整〉
S>A
A…ヒートスタンプで4振りハバタクカミを確定する程度
S…準速ウーラオス抜き

全ての試合で初手に選出した本構築の火薬要員。余程デバフが重なり露骨に放置されない限りは一生居座り適度に削りを入れる。ヒートスタンプの削りが馬鹿にできないため、メインプランの噴煙か、隣のポケモンの被ダメを確実に抑えるためにワイブレを押すのか、その必要がなく削り優先でヒートスタンプを押すのかといった技選択が求められた。

噴煙は味方を殴りながら上振れを狙えるのは勿論適度な削りを行える。具体的には耐久微振りのハバタクカミはヒートスタンプを耐えてくるため少し削れるだけでも次のターン倒せるようになったり、悪ウーラオスに対してゴルラと合わせて襷を貫通して倒しにいけたりといった感じだが、これを同時に行うことができるためカミ悪ラオスには強く戦うことができた。これは遠吠えにはない明確な強みである。

テラスタイプは地面と水半減意識や胞子耐性で草。元のタイプが等倍で受けられる範囲が広く素の方が強いので、積極的には切らない方が良い。

噴煙ギミック抜きにしてもホムラ自体全てを高水準で熟してくれるため、見た目以上に状況に応じて戦うことができた。

サーフゴー

f:id:shigumaaa:20240205103715j:image

テラスタイプ:フェアリー
性 格:控えめ
特 性:黄金の身体
実数値:185(180)-*-116(4)-203(252+)-112(4)-113(68)
持ち物:弱点保険
技構成:ゴールドラッシュ / シャドーボール / 悪巧み / 守る
〈調整〉
C…対ガチキリンに絡むと考えて特化
HB…意地水ウーラオスのテラス水流を確定耐え
HD…臆病ハバタクカミのシャドーボールを確定耐え
S…追い風下で準速スカーフウーラオス抜き

火炙りを受けて喜んで金を撒き散らす異常な子。

チキリンやイエカシラ、エルテラやドブベトン等序盤マッチングが予想されるギミック相手に1ターン目から範囲技で荒らせる点が強力。その後守るや後続のモロバレルと共に時間を使いギミック要素を消耗させてから切り返すことで有利に戦える。実際にはガチキリン数回とエルテラ一回以外当たらなかったが、サーフゴーはサーフゴーなのでそういった相手以外にも当然強いため、汎用性を落としすぎないというコンセプトを満たしている。

そもそもの話だが、ガチグマは後発からくることが多く、特防が厚いリキキリンを落としきれないためトリックルームを張られてしまうように当初の予定通りにいくことは少なかった。しかし、死に出しガチグマに対しては削れたホムラに倒れてもらいサフゴバレルを並べるをことで、死にかけのリキキリンと上からガチグマを眠らせられる盤面を作れるため、結果的に対策できたことにした。

テラスタイプはガチキリン構築に居がちな初手悪ウーラオス+凍える風ハバタクカミに対してテラスを切る必要があるためフェアリー。

また、本構築で重いブリジュラスはこのポケモンで相手する必要があるため、水ウーラオスと合わせて後発から出すことも多々あった。

噴煙で2~3割削れて悲しい。

 

セグレイブ

f:id:shigumaaa:20240205103753j:image

テラスタイプ:毒
性 格:意地っ張り
特 性:熱交換
実数値:222(252)-209(196+)-113(4)-*-107(4)-114(52)
持ち物:クリアチャーム
技構成:氷柱落とし / 巨剣突撃 / 氷の礫 / 守る
〈調整〉
A…11n
※Sは追い風下で準速スカーフイーユイと同速になっているためBD4振りをSに回した方が良い。

サーフゴーがどうしてもガオガエンに睨まれているため、スタン相手にはこちらを選出する。環境にいる多くのポケモンを+1等倍攻撃でワンパンできるため、1ターン目から不意に数的優位を狙いにいけるのが強み。

テラスタイプはハバタクカミ+悪ウーラオスの前でテラスを切る必要があるため毒。他がテラス依存しないため、縛られているならば渋らずに切ってよい。
毒テラスした際に自身を守ることができる攻撃範囲+隣のデバフにより生存能力が高いため、突撃のデメリットを解消できていない状況でも守るを挟まずに攻撃することができるだけで充分アドを稼げて詰めを見据えるところまでいけるため、状況に応じて守らない選択肢もあった。

 

化身トルネロス

f:id:shigumaaa:20240205104048j:image

テラスタイプ:鋼
性 格:臆病
特 性:悪戯心
実数値:186(252)-*-117(212)-145-100-150(44+)
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:木枯らし荒らし / 追い風 / 雨乞い / 守る
〈調整〉
HB…意地カイリューの災い鉢巻テラス神速を15/16耐え
S…準速ウーラオス抜き

過去作含めて初めて使った。

後発から投げて追い風をするだけだが、先発組みが7割前後削りを入れている状況で着地することが多く、ワイドブレイカーでデバフをかけておりある程度行動が保証できているため、木枯らし荒らしを当てればガン有利、外しても生存できるので即負けに繋がらないといったように本構築と噛み合っていた。それでも打たなきゃいけない状況はどうしてもあるので馬鹿技だった。

テラスタイプは後発パオカイの攻撃を抑えるために鋼。切った記憶はない。

水ウーラオス

f:id:shigumaaa:20240205104059j:image
テラスタイプ:水
性 格:意地っ張り
特 性:不可視の拳
実数値:183(60)-200(252+)-121(4)-*-81(4)-141(188)
持ち物:拘りスカーフ
技構成:水流連打 / インファイト / アクアジェット / 蜻蛉返り
〈調整〉
HB…意地カイリューの災い鉢巻テラス神速を確定耐え

普通のスカーフ水ウーラオス。後発組みの中で相手を倒しにいけるポケモンが水ウーラオスくらいなのと先発組みがガオガエンの処理に手間取るため基本的には選出することになる。

蜻蛉返りは水オーガポンを触れながら温存できるため打ち所があると考えて採用したが、実際には使い慣れてないのもあり裏目になることが多く変更点であると感じた。ガオガエンに後投げして叩き落とすを受けた際に打つことができる見切りが有力候補。

今回ダブルで恐らく初めて使用したが、相手の守るを渋らせることから隣のポケモンにも実質的に不可視の拳を与えており壊れていると感じた。

モロバレル

f:id:shigumaaa:20240205104120j:image
テラスタイプ:水
性 格:呑気
特 性:再生力
実数値:221(252)-*-121(156*)-105-113(100)-31
持ち物:オボンのみ
技構成:キノコの胞子 / 怒りの粉 / 花粉団子 / クリアスモッグ
〈調整〉
HD…控えめ赫月ガチグマの珠ブラッドムーンを確定耐え
S…最遅

対トリルだけでなくネット予選向きだと考えている寿司にも戦っていける枠。どうしても孤立しているため選出率は高くないだろうと考えていたが、トルネウーラが共にタケルライコが重いためなんだかんだ選出していた。このポケモンが選出できているだけで噴煙ギミックに固執せずに立ち回って戦えるので、臨機応変な立ち回りが求められる1700以上を相手する上で得に活躍した。

クリアスモッグは寿司とドブベトンに打つかと思ったが、実際には瞑想タケルライコに打っただけだったので変更点。実際にやらなかったが、ウガツホムラが威嚇を入れられて放置される場合にも打つこともできる。

 

選出

先発:f:id:shigumaaa:20240205104604j:image+f:id:shigumaaa:20240205104643j:imageorf:id:shigumaaa:20240205104646j:image

後発:他から二体(水ウーラオスは殆ど投げる)

 

各構築系統毎に予め選出を纏める段階に至れていなかったため手順だけ。
①セグレイブかサーフゴーか決める。
スタン系、トルネ系…セグレイブ
ガチキリン、イエカシラ、他ギミック系…サーフゴー

②先発できついポケモンがいるならそこに役割を持てるポケモンを選択。そのポケモンを強く動かすだけで充分戦えそうならバレルorトルネ、打点が不足している相手が複数いるなら殴れるポケモン二体選出。
ガオガエン入り、イーユイ入り…水ウーラオス
タケルライコ入り…モロバレル
ブリジュラス入り…サーフゴー
が確定程度。先発トルネウーラ後発ホムラ@1の展開も出来そうだが本番中に取り入れる勇気はなかった。

結果・戦績

TNゼラティク 最終112位 本戦権利獲得(本戦=オンライン二次予選。ここで64/450に入るとオフラインの決勝大会の権利を得られる)

f:id:shigumaaa:20240205133305j:image

f:id:shigumaaa:20240206025031j:image

最終日のレート・順位の増減を載せています。今回3日目夜にキン肉マン軍団と筋肉バトルしたところで勝てるとは微塵も思ってなかったので、2日目昼に25戦も消化しました。普段公式大会で2日目にこれだけ消化するのは有り得ないが、こういった部分も充分戦略だと思うので、ボーダーが1750程度の大会であれば筋肉バトルに自信ない方やシングル勢なんかはお勧めかもしれません。あとは16時から23時の様子見中は下手に仮眠を取りたくなかったので、スキップとローファーを見てました。誰かの参考になれば。

 

 

 

噴煙ギミックの雑感ですが、レート1700までは噴煙から入れることが多かったものの、スタンを握りがちな1700以上はちゃんと初手ガオガエンを投げてくることが多く、猫騙しにより安定した行動が両守るしかないため、噴煙無しでの戦いを強いられることが増えました(脳死噴煙を強力な勝ちルートとして取れない対戦が増えた)。結局気合いで何とかすることも多く、ギミックパとしては不完全なので強くお勧めはしたくないのが正直なところです。ただ、噴煙一発火傷が有効に働き勝った対戦はというと実は初手悪ラオスを燃やした対戦と他2~3戦で3~4/37(戦)だけしかなく、上振れ関係無しに戦えるポテンシャルは感じたので、改善して使ってもらえると嬉しいです。というかシンプルにホムラとセグレイブが単体として強かったですね。

そもそもレギュFダブル自体50戦前後しかできておらずあらゆる知識が不足している中で抜けたことが幸運であるので、これに慢心することなく本戦で勝ちきれるような構築を改めて考えていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

X:@zenchino115

【トリックマジック最終4位】No illusion【ポケモンSV】

どうも、シグマです!

皆さんトリックマジックお疲れ様でした! 久しぶりのシングルの公式大会ということで充分楽しみながら4位で終えることができました!

記録として簡潔に書くことにします。

 

f:id:shigumaaa:20231106205517p:image

f:id:shigumaaa:20231106202344j:image

 

考察

ルール…ゴーストタイプのみ使用可能のシングルバトル

まず手っ取り早い考察方法として使用可能ポケモンを纏めてみると同時にざっとtier表を作成してみた。
f:id:shigumaaa:20231106203117p:image

〈10/26段階tier Aまで左右差あり〉


基本的なことは確認して考察を進めるていくと、電磁波や呪いを筆頭に様々な絡め手を無効化にしつつ単体で積んで勝ち筋となれるサーフゴーが最強格であると感じた。そこから暫くランクマに集中して考察が進んでいなかった時期を挟んでもそれ以上は覆ることはないと纏まったので、サーフゴーを軸にすることに決めてサーフゴーを中心に考えることにした。

サーフゴーの対策として、HDラウドボーンが真っ先に上がった。HBサーフゴー+HDラウドボーンで半サイクルをするのは安定性が高そうであり、上位のトレンドになることを踏まえるとミラーが課題であった。特にラウドボーンは補助技次第でラウドミラーに直結するため、ラウドボーンの型をそこに寄せてあげてあくまでも軸はサーフゴーであるべきと考えていた。

サフゴラウドの考察を進めるにつれて、ラスタルを切れなかったもう片方の性能が極端に落ちてそこから崩されることが想像できたので、軸のサーフゴーを残しつつ取り巻きを対面に寄せる方針にした。また、ラウドボーン自体は毒菱を撒けるゲンガーの誘導且つ対フワライド入りに出すポケモンとして採用することにした。

「先発○○/二番目サーフゴー/ラス一○○」を基本の形にしてそれぞれ考えることにした。先発要員とラス一対面ポケモンを考える前に、この選出で不利を取るサフゴラウドへの対策を考える必要があった。こういった相手を崩す策として拘り持ちが挙げられるが、ラウドボーンに後投げすることを考えると炎半減が望ましく、イダイトウ♂とドラパルトが該当した。鉢巻ドラパルトは裏のミミカミサフゴまで考えると技が一貫しないので、イダイトウ♂を採用することにした。

話を戻すが先発要員の選定として、対ゲンガーを始めミミッキュサーフゴー以外に五分以上を取れるミカルゲを、ミカルゲが誘うハバタクカミに強く出し負けが少ないミミッキュをそれぞれ採用した。
ラス一襷ポケモンだが、イダイトウよりも早く影打ちが無効であり、後述するがラス一に置くことでイリュージョンではなく襷枠としての強さを引き出すことができるヒスイゾロアークを採用して構築が完成した。

 

f:id:shigumaaa:20231106203225p:image

〈最終tier表 Bまで左右差あり〉

 

 

単体解説

サーフゴー

f:id:shigumaaa:20231106031250j:image

テラスタイプ:電気
性 格:図太い
特 性:黄金の身体
実数値:193(244)-*-143(116+)-158(36)-112(4)-118(108)
持ち物:アッキのみ
技構成:シャドーボール / 10万ボルト / 悪巧み / 自己再生
〈調整〉
C…シャドーボールで無振りミミッキュを確定
 +4 10万ボルトでH244D4ソウブレイズを確定
HB…陽気ソウブレイズのA+1無念の剣を等倍時にアッキ込みで二耐え
  陽気ミミッキュのシャドークローを抜群時に確定二耐え
S…無振りミミッキュ抜き抜き、ミラー意識でできるだけ高く

今回の軸。スーパーマジレスポケモン

サーフゴーミラーが多発することを考えて、主流テラスの一つである水に強い電気&過剰な素早さ振りを使用した。電気テラスにすることで水テラスの利点である対ソウブレイズ・イダイトウの性能が大きく落ちるが、アッキを絡めて先に展開できておけば全然戦える点、1位を目指す上でやはりミラーにはできる限り有利を取れる・取られない必要がある点を加味して電気で採用した。

テラスとアッキのみを絡めると多くの物理ポケモンを起点にすることができ、先に展開しておくと裏からくるハバタクカミやサーフゴーにもそのまま勝ちきれるので、後述のミミッキュで目の前を倒し切らずにサーフゴーに交代して飛んでくる影打ち等を受けて起点にする動きを多様した。

イダイトウ♂

f:id:shigumaaa:20231106203531j:image

テラスタイプ:水
性 格:意地っ張り
特 性:適応力
実数値:201(44)-180(252+)-87(12)-*-100(36)-119(164)
持ち物:拘り鉢巻き
技構成:ウェーブタックル / お墓参り / クイックターン / アクアジェット
〈調整〉
A…特化
HB…A実数値132ミカルゲのしっぺ返しを15/16耐え(目安)
HD…臆病ハバタクカミのシャドーボールを確定耐え
S…最低限、S関係把握のためにサーフゴー+1

ラウドボーン崩し枠。サフゴラウド対面の怠けるorフレアソングに合わせて着地させてテラスを切らせながら崩しを狙う。水なら前述のサーフゴーで大きく削ることができ、それ以外ならウェーブタックルで破壊できるこの両対応の動きがこのサフゴイダイの強みである。またクイックターンにより欠伸に左右されずにテラス確認までできるのが強力だった。環境敵にHD振りしかいないのでワンパンできることもある。

その反面、相手のラウドの裏にいるイダイトウへの対処が難しく、後発ゾロイダイのような対面選出をされると仕事があまりできないので汎用性を落とすことなく崩すことができるポケモンを見つけるのが反省点であり、その選出択を抜け出せないのがこの構築の最大の欠陥だった。そのため襷イダイトウ相手に最悪同速の期待ができるASで素直に良かったように感じた。

 


ラウドボーン

f:id:shigumaaa:20231106203552j:image

テラスタイプ:水
性 格:図太い
特 性:天然
実数値:211(252)-*-133(4+)-131(4)-123(220)-90(28)
持ち物:厚底ブーツ
技構成:フレアソング / 大地の力 / 呪い / 怠ける
〈調整〉
雰囲気D厚く

要考察枠。ライド入りに投げたかったのとハバタクカミやサーフゴー等の特殊積みを相手にしてもらうことを考えてD振り。ゲンガーソウブレイズに投げる選択を取れるような構成にした。

このポケモンを選出に組み込める強い型を考えてサーフゴーとラウドボーンの選出を使い分けるところまで考察していればまた違ったかもしれない。
 

ミミッキュ

f:id:shigumaaa:20231106203609j:image

テラスタイプ:草
性 格:意地っ張り
特 性:化けの皮
実数値:135(36)-151(220+)-117(132)-*-126(4)-131(116)
持ち物:カシブのみ
技構成:じゃれつく / シャドークロー / 草分け / 影打ち
〈調整〉
A…草分け+じゃれつくでB4振りヒスイゾロアークを確定
HB…陽気ミミッキュのシャドークロー+影打ちをカシブ込みで77.74%耐え
S…準速イダイトウ抜き

初手置き。草分けを絡めると出し負けがヒスイゾロアーク入りのサーフゴーくらいしか存在せず、型の強さも相まって大体初手殴り勝ってくれるので基本選出になった。

深掘りすると、本来対ゾロアークは叩き→ゴースト技でカシブのみを叩かれて負けてしまうが、草分けがあるとそれを解決することができる。また、サフゴラウドミカルゲヤミラミ以外の殆どの相手に草分けから入ることができるため、ゾロアークかどうか問わずに怯える必要がないため初手の安定に繋がった。初手ミミミミ対面戯れつくか電磁波からしか入られなかったので首を傾げていた。

このポケモンに限った話ではないが、目の前のポケモンにゴースト技を押すかどうか問題について、テラスを切られても後出しで有利なポケモンを死に出しできる対面構築に於いてはローリスクハイリターンであると考えていたので、ゾロアークではないとわかっている盤面では積極的に押すことを心がけていた。

ただ、死に出しサーフゴーやソウブレイズの起点にされるのだけはハイリスクなので注意。


ミカルゲ

f:id:shigumaaa:20231106203619j:image

テラスタイプ:毒
性 格:腕白
特 性:擦り抜け
実数値:157(252)-140(220)-146(36+)-*-128-55
持ち物:ロゼルのみ
技構成:しっぺ返し / 影打ち / 呪い / トリックルーム
〈調整〉
A…しっぺ返しでB4振りドラパルトを確定、A-1
HB…陽気ドラパルトの鉢巻テラスドラゴンアローを98.05%耐え
HD… 臆病ゲンガーのシャドーボールを確定二耐え

基本選出の予定だったが、ミミッキュに展開渋いのと実際に使う上でミミッキュの信頼値が上がったのであまり選出しなかった。

トリックルームはイダイトウと同時選出した際に切り返しの動きを取れるようになると考えて採用した。

トリックマジックを終えて、選出画面のハバタクカミが相当嫌だったので先発適正のあるハバタクカミにした方がよかったかもしれない。要考察枠。


ヒスイゾロアーク

f:id:shigumaaa:20231106203624j:image

テラスタイプ:悪
性 格:陽気
特 性:イリュージョン
実数値:130-152(252)-81(4)-*-80-178(252+)
持ち物:気合いの襷
技構成:ゴーストダイブ / 叩き落とす / 影打ち / 剣の舞
〈調整〉
S…準速だと最速ミミッキュと同速なので最速

イリュージョンするつもりがない良心的なゾロアーク。構築にいるだけで相手の行動に歪みを発生させ仕事をすると言われているが諸説。

ラス一置きすることは本来のイリュージョンの強みを直接的に活かすことはできないが、それ以上にこのルールに於ける襷枠として強い要素が揃っていたので採用に至った。

お互いテラスを切り終えた状態での対面性能は飛び抜けており、影打ちのリーチを伸ばすために物理型&剣の舞で採用した。ゴースト技は他のシャドークローとポルターガイストの選択だが、ゴーストダイブはテラスができないと緊急的に拒否することができないのとそもそもケアされないので時間差のデメリットがないように感じたので採用に至った。シャドークローは攻撃の低さも踏まえると威力が不安であり、ポルターガイストはブーストハバタクカミに打てないのと単純に外すので見送った。

ゾロアークの弱みとしてミラーの際に叩き落とすしか打てないので同速が今後の展開に大きく左右される点があり、それを踏まえてゾロアークの選出は少なくとも初手は絶対に有り得ないと考えていた。しかし、今回ラス一に置くことで偶発対面が起きることを抑えることに繋がったのでゾロアークミラーをあまり考える必要がないのは大きかった。ちなみに避けられずに起きた同速は3/3負けでした(は?) 

また、ノーマルタイプを活かすこともでき、ミミッキュとサーフゴーが盤面に見えていてゴースト技が一貫する状況での引き先になれるのが偉く、この動きを取ることでサーフゴーの自己再生をする相手を選びHP管理ができるようになる選択肢を取りやすくなることに繋がった。

 

基本選出

先発ミミッキュ 後発サーフゴー+ヒスイゾロアーク
殆どこれ。ヒスイゾロアークはラス一運用ではあるものの状況に応じては死に出しで出すこともあるので二番目に置く。ミミッキュが削れることなくサーフゴーに交代してサーフゴーが倒れた場合にヒスイゾロアークから出すとミミッキュに化けるのがちょっとおしゃれ。

先発ミミッキュ 後発サーフゴー+イダイトウ♂
対ラウドボーン入り。

 

結果

最高レート1882最終レート1853最終4位
f:id:shigumaaa:20231106202401j:image〈最終順位〉

 

惜しいところまでいっただけに悔しいです。特に29勝1敗でしばらく1位から動かなかったときはこのまま逃げ切れるかと思っていましたがそう甘くはなかったです。

特に収穫として、やはり朝方5時以降のマッチングは極端なレート差マッチが起こりやすく、それ以外にも環境が進んだ分かり手プレイヤーとのマッチ率が体感高くなるので(今回なら電気ラウドボーン)、公式大会を取り組む上で潜る時間は重要な要素であり考察するべき戦術だと改めて実感しました。

ただ竜王戦予選の前に一つ弾みはつけられたと思うので、予選までの1ヶ月間更に励んでいこうと思います!

Youtubeでも今回の動画を出すつもりなのでよければそちらも見ていただけると嬉しいです~

www.youtube.com

ここまで読んでいただきありがとうございました!
X:@zenchino115

【S10最終19位】井戸雉サイクル【ポケモンSV】

シグマです。

遅くなりましたが前期の記事を公開します!

 

f:id:shigumaaa:20231008231255j:image

レギュレーションは変わりましたがレンタルパーティは暫く公開しています。

 

構築経緯

DLC解禁と共にオーガポン等が急遽使えるようになり、初日は炎オーガポンが注目を集めていた。初日の深夜に一旦水オーガポンを考えていた際、炎オーガポンに明確に強いラウドボーンが水オーガポンと相性補完に優れていることに気づいた。それだけでなく、S9のブリムオン構築の途中まで使用していた「カイリューサーフゴー+ラウドオー」のラウドオーの部分に水オーガポンを入れれば強いのでは?と考えてそこから組み始めた。
カイリューサーフゴーの枠をランドロストドロクツキサーフゴーで試運転してその週に開かれた対戦オフに持っていったところ使用感が悪くなかったため、オフ後の数日間引き続き考えていった。

f:id:shigumaaa:20231008225823j:imagef:id:shigumaaa:20231008225802j:imagef:id:shigumaaa:20231008230925j:image

原案とは変えてドオーを天然で使っていたが、貯水ではないドオーが水ウーラオスに役割を持つことができないため、ハバタクカミ以外に役割がおらず投げ辛いと選出時に困ることが多く、ハバタクカミを最低限受けることができればドオーである必要性は薄いように感じた。また、軸が遅すぎたため被弾回数が増えるのを抑えるために、電磁波等何らかの素早さ操作手段を持つポケモンを代わりに考えた。すると新ポケモンであるキチキギスがハバタクカミに後投げできるだけでなく、追い風+蜻蛉返りでサンダーに近しいカミに強いクッション枠として構築に合っていることに気づき採用を決めた。ここまで補完に優れる霊獣ランドロストドロクツキは替えが効かなさそうだったのでほぼ確定として、28日まで隠してそこから使い始めた。
f:id:shigumaaa:20231008225823j:imagef:id:shigumaaa:20231008225802j:imagef:id:shigumaaa:20231008225736j:imagef:id:shigumaaa:20231008225722j:imagef:id:shigumaaa:20231008225340j:image

回しているとチオンジェン絡みと鉢巻パオジアンの増加、ラウドボーンが出せない時のカイリューの対処が課題だった。そのため、スカーフを持たせていたトドロクツキをチオンドランに強い型に変更し、鉢巻パオジアンに後投げすることができてカイリューにも気持ち強い枠としてスカーフを持たせたパオジアンを採用して構築が完成した。
f:id:shigumaaa:20231008225823j:imagef:id:shigumaaa:20231008225802j:imagef:id:shigumaaa:20231008225736j:imagef:id:shigumaaa:20231008225722j:imagef:id:shigumaaa:20231008225340j:imagef:id:shigumaaa:20231008225320j:image

 

単体解説

オーガポン

f:id:shigumaaa:20231008225823j:image

テラスタイプ:水
性 格:意地っ張り
特 性:
実数値:187(252)-171(124+)-116(92)-*-114(4)-135(36)
持ち物:井戸の仮面
技構成:ツタ棍棒 / 宿木の種 / 身代わり / 光合成
〈調整〉
HB…意地カイリューのテラス神速を98.83%で二耐え
  意地カイリューの鉢巻飛行テラバを15/16耐え
HD…C4ヒードランのテラバがテラス時に身代わりが12/16耐え
  臆病テツノツツミのフリドラがテラス時に97.3%で二耐え
A…ウッドホーンでB4テツノツツミ、B4イダイトウ♂を確定、
  テラスツタ棍棒でB4パオジアンを15/16
S…準速カイリュー意識、追い風下でS179のブーストカミ抜き

この姿の強みは瞬間的に耐久を向上できるため状況に応じて対面性能を確保できる+岩とは違いテラス時に水単タイプと受けとして悪くない点である。特に環境にいて構築段階で意識する必要がある特殊はハバタクカミ、サーフゴー、テツノツツミ程度しかおらず、それを見るためだけに選出が歪み一部切り気味になるのは受け思考で選出をする上ではどうしても起きかねないので、そこを圧縮できる水オーガポンはサイクル適性が高いと言える。元から対面的に使うのであれば他の姿で良いため、強みを活かすためにサイクルに仕上げる必要がある。

オーガポンは補助技が豊富であり、それらは特に受け崩しや誤魔化し性能が長けているため水オーガポンの性質と噛み合っている点だと言える。今回は「宿木の種」「身代わり」を両採用することで受け駒+高速エースの両方にテラスタルと合わせて対応できるようにした。これが非常に強力だった。

身代わりをする上で食べ残しを持つこともできないのでHP管理をするためにウッドホーン光合成を採用する必要があるが、主にウッドホーンが必要なテツノツツミ、水ウーラオス、イダイトウはそれぞれ他と合わせて対処でき、2サイクル目の受け出しやTODのしやすさを重視して光合成を使用した。

貯水は一見死に特性のように思えるが、この構築に出してくる水ウーラオスが殆どスカーフだったので、主にキチキギスと合わせてHPを維持したままサイクルをすることができたので生きた。また、基本的な構成のヘイラッシャ(+ディンルー)にも非常に強いのも魅力だった。

レギュEでは新たに追加された赫月ガチグマに強く立ち回ることができるため、更なる開拓に期待している。

 

ラウドボーン

f:id:shigumaaa:20231008225802j:image

テラスタイプ:フェアリー
性 格:図太い
特 性:天然
実数値:211(252)-*-167(252+)-130-96(4)-86
持ち物:厚底ブーツ
技構成:フレアソング / 祟り目 / 鬼火 / 怠ける
〈調整〉
HB…カイリューパオジアン意識で振り切り

炎オーガポンに安定して受けることができるだけでなく、テラスと合わせて物理全般見ることができる。

テラスタイプは鉢巻カイリューの逆鱗、鉢巻パオジアン、悪ウーラオスを意識してフェアリー。トドロクツキやガブリアスのアイヘが痛い。

最終盤は鉢巻パオジアンの増加により水オーガポン+悪半減が基本選出になったため選出率は低めだったが、レギュDでも充分やれるスペックだと感じた。

キチキギス

f:id:shigumaaa:20231008225736j:image

テラスタイプ:飛行
性 格:図太い
特 性:毒の鎖
実数値:195(252)-99-136(196+)-90-153(60)-119
持ち物:食べ残し
技構成:ムーンフォース / 蜻蛉返り / 追い風 / 羽休め
〈調整〉
HB…意地パオジアンの氷柱落としを食べ残し込みで確定耐え
  意地ガブリアス地震を確定耐え、意地カイリューの+1地震を15/16耐え
  陽気悪ウーラオスのテラス鉢巻暗黒強打を食べ残し込みで確定二耐え
HD…臆病ハバタクカミの眼鏡シャドボを食べ残し込みで確定二耐え

※S個体値26~27だと追い風下でS4振りブーストカミ抜かれになり電磁波を避けた場合下から蜻蛉できるが、一度もそんな状況になることはなかったためSVで良い。

見た目以上に耐久が高いだけでなく、独自の耐性、毒菱回収、上振れ要素付きの対面操作が強み。特に耐性面が非常に優秀であり、ハバタクカミやウーラオス、パオジアン辺りの環境TOPに仕事ができるため、どんな構築にも不自由なく選出できるクッション枠として活躍してくれた。

追い風はサイクルしながら相手を一体持っていった際、蜻蛉返りと合わせることで裏の高火力ポケモンを追い風下で2ターン動かすことができるため、自分視点でのみ見える詰め筋として非常に機能した。特にランドロス+キチキギス水オーガポンと選出することが最終盤は増えて(対キョジオーン軸やカミパオウーラ三体入り全般)、ランドロスか水オーガポンのどちらかで一体持っていってもう片方を追い風下で通す展開が本構築で最も強い勝ちパターンだった。

霊獣ランドロス

f:id:shigumaaa:20231008225722j:image

テラスタイプ:飛行
性 格:陽気
特 性:威嚇
実数値:167(12)-196(244)-111(4)-*-101(4)-155(236+)
持ち物:拘り鉢巻
技構成:地震 / テラバースト / 岩雪崩 / 蜻蛉返り
〈調整〉
A…出来る限り高く
HB…意地パオジアンの礫を威嚇込みで15/16耐え
  陽気炎オーガポンのA±0テラスツタ棍棒を確定耐え
HD…臆病ハバタクカミのテラスムーンフォースを11/16耐え
S…準速ガブリアス抜き、追い風下でブーストツツミ抜き

軸の三体で切れていない地面、電気の一貫を切ることができる補完枠として採用した。キチキギスの追い風が早い段階で決まっており、ここまで簡単に火力を出せるポケモンがいないため鉢巻で採用した。

追い風との兼ね合いもあるが、眼鏡イーユイや耐久に振った遅いオーガポンが増えていたため陽気が生きることは多いように感じた。

ランドロスはあまり使ってこなかったが、遅いポケモンや対面操作と組み合わせることで相手の交代先に下から着地して威嚇を入れる両対応の択が取りやすくなるので、そこを意識して構築を考えると世界が変わるように感じた。この先もっと使い熟したいと感じさせてくれた素晴らしいポケモン

トドロクツキ

f:id:shigumaaa:20231008225340j:image

テラスタイプ:毒
性 格:陽気
特 性:古代活性
実数値:211(244)-166(52)-116(196)-*-122(4)-155(12+)
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:叩き落とす / 地震 / 挑発 / 羽休め
〈調整〉
A…叩きでH4サーフゴーを13/16
  地震でH4イーユイを13/16、H252B4ヒードランを確定
HB…あまり、できるだけ高く
HD…ヒードランのC4フェアリーテラバを確定耐え
S…準速イーユイを抜きたかったのでついでにガブリアス抜き

叩き落とすの追加により追い風を受けたツキ。軸で明確に重いイーユイやイダイトウ、チオンドランに強い補完枠としてこの構成で採用した。

ゴツゴツメット+挑発で受け崩し性能も兼ね備えており、キョジオーン絡みや受けループは水オーガポンで、チオンジェン絡みはトドロクツキで見ることができるといった風に異なる崩しを用意できているため、構築の隙を無くす補完枠として適任だった。

 

パオジアン 

f:id:shigumaaa:20231008225320j:image

テラスタイプ:地面
性 格:意地っ張り
特 性:災いの剣
実数値:155-189(252+)-107(52)-*-87-181(204)
持ち物:拘りスカーフ
技構成:氷柱落とし / 噛み砕く / 聖なる剣 / テラバースト
〈調整〉
HB…A4振りディンルーの地震を75.79%で二耐え
  意地パオジアンの鉢巻噛み砕く+鉢巻テラス噛み砕くを61%で耐える程度
A…張り切り
S…ブーストカミ意識

パオジアンに最低限後投げできるポケモンとして抜擢されたのがパオジアン。

終盤は鉢巻パオジアンが大流行していたがそれでも電気テラスは一定数いて、ラウドボーンが選出できていない場合に電気テラスも重くなりがちなのでどちらにも勝てるように地面テラスで採用した。他にもテラスを切った炎オーガポンやヒードランジバコイルや鋼テラスガブリアスにも刺さるためスカーフ以外でも選択肢として入ってくるように感じた。

 

結果

メイン最終19位
サブ最終59位

ここ数ヶ月の中でも自信あっただけに満足いく結果を残すことができず悔しいです。

まだまだランクマ頑張ります。

本構築を使用した最終日動画を数本あげているので、よければ見てください!最近動画頑張ってます。

www.youtube.com



ここまで読んでいただきありがとうございました!

X:@zenchino115

 

【S9最終6位】森の魔女ブリイー【ポケモンSV】

シグマです

シーズン9お疲れ様でした!

 

f:id:shigumaaa:20230901153310j:image

 

構築経緯

レギュレーションDの覇権構築である「ディンカイサフゴパオカミウーラ系統」にある程度勝てないと話にならないので、今期はそこに出していける初手置きのポケモンを中心に考えていた。要素としてはサーフゴー以外にはフェアリーの通りが良いため、フェアリータイプかフェアリーテラス〇〇を中心に模索していた。色々試したものの勝率8割を叩き出せるほどの解答と呼べるポケモンは出せないまま時間が過ぎていった。
29日、いつものように案としてふと浮かんだ瞑想ブリムオンがパオウーラを筆頭に戦えるだけでなく、瞑想バトンタッチをイーユイに繋ぐことで重いサーフゴーを解決できれば意外といけるのではないかと感じたので、最終日に向けて考察することにした。
f:id:shigumaaa:20230902144946j:image

前述の通り、バトン先にもなりスカーフを持つことでパオジアンを始め幅広く殴り合えるスカーフイーユイを採用した。また、サーフゴーの他にもハバタクカミが重いので、今期別の構築で考えていたドオーをそのまま採用した。ドオーを使う上で浮いているポケモンは必須であり他の面でもカイリューか水ロトムになるが、ブリムオンがステルスロックを撒かせない・瞑想バトンをカイリューに繋げばそのまま詰め筋になれると考えて龍舞羽休めカイリューを採用した。
f:id:shigumaaa:20230902144946j:imagef:id:shigumaaa:20230902145007j:imagef:id:shigumaaa:20230902150113j:imagef:id:shigumaaa:20230902150110j:image

ブリムオンの選出率が高くなることが予測できることから、ステルスロックが撒かれていない状況が増えるのであれば襷枠を自然と組み込めて選出の幅が広がると考え、ドオーとも相性が良いパオジアンを採用した。最後に最低限テツノツツミとヘイラッシャに強くディンルーラッシャ+鋼にブリムオンと合わせて戦うことができて、鉢巻神速の一貫を切ることができる補完枠としてサーフゴーを採用して構築が完成した。
f:id:shigumaaa:20230902144946j:imagef:id:shigumaaa:20230902145007j:imagef:id:shigumaaa:20230902150113j:imagef:id:shigumaaa:20230902150110j:imagef:id:shigumaaa:20230902145010j:imagef:id:shigumaaa:20230902150724j:image

 

単体解説

ブリムオン

f:id:shigumaaa:20230901160901j:image

テラスタイプ:水
性 格:呑気
特 性:マジックミラー
実数値:163(244)-*-161(252+)-158(12)-123-30(個体値0)
持ち物:フィラのみ(1日0時までオボンのみ)
技構成:ドレインキッス / サイコショック / 瞑想 / バトンタッチ
〈調整〉
HB…意地水ウーラオスの鉢巻テラス水流連打をオボン込みで確定耐え(水流連打を受ける状況が持ち物とテラスで異なりすぎるため、回復量が多い混乱実の方が得)
  陽気パオジアンの氷柱落としを98.9%で二耐え(等倍ドレキの回復+きのみでもう一回耐える)
HD…臆病ハバタクカミのシャドーボールを15/16耐え
C…+1サイコショックでH4B44振りまでのハバタクカミを確定
  ドレインキッスでH252D4水ウーラオスを確定二発
S…後攻バトンタッチできるように最遅

本構築の軸。サーフゴーとハバタクカミを除き環境的に戦えるだけでなく、ステロを撒かせないことにより最強のカイリューとパオジアンを強く動かす役割も果たす。

また、特性により対ドヒドディンルーや対チオンジェン性能も極めて高く、サーフゴーと合わせて相手に攻めの選出を強制させることでノーマルテラスカイリューを通すことにも繋がった。マジックミラーは数ある壊れ特性の中でも最強寄りだが、実はトリックや呪いは効くので覚えておきたい。

基本的な戦い方だが、パオジアンをウーラオスを筆頭に対面的に勝つか、テラスを強要させながらドレキで回復→後攻バトンタッチでクッションとして扱うか、余裕がある対面で瞑想を積んで不利な相手がくるor回復が間に合わず次の攻撃で倒れてしまう時にバトンタッチでイーユイやカイリューに繋ぎ強く使うのが主に出来る事である。これらを出来る限り行えるように混乱実を持たせた。一方、初手サーフゴーやハバタクカミと対面してしまった際に引き先を用意する必要がある点やドレキに対面性能が半分依存しているためテラスを切られると充分な削りを行えない点が今回の型だと弱みである。

水テラスに関して、ヘビーボンバーや水流連打に耐性を付けるだけでなく、後投げサーフゴーに対して耐性を付けながら瞑想の起点にすることができる。また、HDヘイラッシャへのドレインキッスの最低回復量>=無振りヘイラッシャのウェーブタックルの最高ダメージ量なので、地割れが無ければヘイラッシャを詰める事も可能。

技はドレインキッスと瞑想は確定。サイコキネシスだとウーラオスやテツノツツミへの強力な削りとなるがハバタクカミを意識してサイコショックを、瞑想を引き継ぐだけでなく後攻対面操作として優秀なバトンタッチを採用した。単体で完結させるならバトンタッチをほっぺすりすりにすることで高耐久と合わせて必ず仕事ができるため、この技を活かして構築を組むことも選択肢ではある。

申し分ない耐久と特有の性能のお陰で使用率の低さからは考えられない活躍をしてくれた。

 

イーユイ

f:id:shigumaaa:20230901155713j:image

テラスタイプ:フェアリー
性 格:控えめ
特 性:災いの霊
実数値:153(180)-*-106(44)-190(140+)-141(4)-138(140)
持ち物:拘りスカーフ
技構成:火炎放射 / 悪の波動 / オーバーヒート / テラバースト
〈調整〉
HB…意地キノガッサマッハパンチを確定耐え
  意地カイリューの+1テラス神速を15/16耐え
HD…控えめハバタクカミの眼鏡ムーンフォースを確定耐え
C…できるだけ高く

S…最速テツノツツミ抜き

サーフゴーに明確に強いポケモンの中でも、瞑想バトンの引き継ぎ先としても相性が良いポケモン。フェアリーテラバーストはウーラオスカイリュー・ディンルーに一貫しており、選出が絞れた状況であればまだタイプ受けしようと交代してくる相手を崩すことができる。そのため、二サイクル目までにこのポケモンを通しにいくのかある程度切り気味に扱うかの判断が求められた。

素早さに関して、対ランドロスは後述のカイリューのために型を判別できるように準速スカーフ以下に、対ウーラオスはドオーやテラスカイリューで充分立ち回ることができるため最低ラインに留めた。

ドオー

f:id:shigumaaa:20230901155841j:image

テラスタイプ:ノーマル
性 格:慎重
特 性:貯水
実数値:237(252)-95-102(172)-*-144(84+)-40
持ち物:オボンのみ(1日0時まで黒いヘドロ)
技構成:地震 / 毒々 / ステルスロック / 自己再生
〈調整〉
HB…意地ディンルーの地震を確定耐え
HD…臆病テツノツツミのフリーズドライを確定二耐え

防御と特防振り分けの調整。

貯水に関して、選出画面でウーラオスを見ても臆することなく選出に組み込める点が一番の強みであり、ウーラオスとハバタクカミに後投げしてから毒々を回しにいくのが基本的な戦い方になる。それに加えてウーラオスの氷技の有無を確認できるため、他の構築で起きがちな「カイリューウーラオス対面の氷技割り切り」を無くすことに繋がった。

持ち物はオボンのみにすることでウーラオスの氷技を2回耐えるため、レギュDにおいては貯水だとオボンのみを推奨する。

ラスタルは積極的に切りたいわけではないため、貯水と合わせて増加していたイダイトウ♂を詰ませることができるノーマルで採用した。余談だが、今期暫くイダイトウを使っていたからわかるが、本当に何でも勝てるが故イダイトウ使いは非常に選出しがちなので、チオンジェンのような直接的な対策よりも見え難い対策の方が勝率を確保できるように感じた。

カイリュー

f:id:shigumaaa:20230901160159j:image

テラスタイプ:ノーマル
性 格:意地っ張り
特 性:マルチスケイル
実数値:193(212)-189(140+)-131(124)-*-121(4)-104(28)
持ち物:食べ残し
技構成:神速 / 地震 / 龍の舞 / 羽休め
〈調整〉
A…テラス神速でB84パオジアンを98.8%で二発
     +1テラス神速でH252B4ウーラオスを確定二発
HB…意地霊獣ランドロスの蜻蛉返りをマルスケ時に15/16で食べ残しでマルスケ復活
  意地パオジアンのマルスケ時氷柱落とし+聖剣をテラス時に食べ残し込みで89.8%耐え

S…+2で最速テツノツツミ抜き

構成はよくあるものだが珍しい防御振り。

今期は増加していたランドロス入りにも勝つ必要があり、クリアチャームも試したが構築と噛み合っておらず、食べ残しで蜻蛉返りを受けられるように調整した方が汎用性を落とすことなく戦えることに気づいたため、防御に厚く振ることで対策とした。単純に物理全般との対面性能が向上し、神速を打てる回数や起点にできる状況が広がるため使用感は非常に良かった。

ただ、最低限の火力はあるが最低限しかないため、ドオーで削りを行ったり龍舞を積む回数が充分かどうかよく考える必要がある。

 

パオジアン

f:id:shigumaaa:20230901160339j:image

テラスタイプ:ゴースト
性 格:意地っ張り
特 性:災いの剣
実数値:155-189(252+)-101(4)-*-85-187(252)
持ち物:気合いの襷
技構成:氷柱落とし / 噛み砕く / 聖なる剣 / 氷の礫
〈調整〉
後発から投げることが多くディンルーを意識する必要がないためAS振り切り

普通の襷。

パオジアンを使っていて舐めて居座ってくるサーフゴーが一定数おり、ブリムオンが誘う点からもそれを許さないために噛み砕く+意地っ張りで採用した。それに伴い、先制技を氷の礫にしてパオミラーやイーユイへの打点として聖なる剣を採用した。

氷の礫に関して、先制技で縛られる状況下において二種の先制技を考えた際に不意打ちを優先的に意識して選択してしまう点や先制技で狩られる対象である点により、先制技が絡む択が他の襷枠よりも発生しやすいのでそこを解消できる安定性は威力以上に評価している。

サーフゴー

f:id:shigumaaa:20230901160620j:image

テラスタイプ:格闘
性 格:控えめ
特 性:黄金の身体
実数値:193(244)-*-137(172)-168-111-116(92)
持ち物:隠密マント
技構成:シャドーボール / テラバースト / 悪巧み / 自己再生
〈調整〉
HB…陽気パオジアンの氷柱落としをテラス時に確定二耐え
C…余り
S…最速ガチグマ抜きの113~115付近のカイリュー・サーフゴー意識

ディンルーヘイラッシャの裏にいるパオジアンイーユイ+チョッキ鋼に一貫するだけでなく、フリドラ等倍やパオジアンのテラバーストで切り返され難い耐性面も評価して今期は格闘テラスをシーズン通して使っていた。

格闘テラスで使用する際はハバタクカミやフェアリーテラバイーユイに切り返されてしまうため、他にフェアリーの一貫を切れて無理なく選出に組み込めるポケモンを採用する必要がある。今回は貯水ドオーが非常に選出しやすいポケモンであるため、積極的に崩しにいく選択を取ることができた。

選出

基本選出

①先発f:id:shigumaaa:20230902144946j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902150110j:image+f:id:shigumaaa:20230902150113j:imageorf:id:shigumaaa:20230902145007j:image
②先発f:id:shigumaaa:20230902145007j:imageorf:id:shigumaaa:20230902145010j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902150110j:image+f:id:shigumaaa:20230902150113j:image
③先発f:id:shigumaaa:20230902150113j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902150110j:image+f:id:shigumaaa:20230902145007j:imageorf:id:shigumaaa:20230902145010j:image

基本的にこのどれかで戦う。①はブリムオンが六体全てにある程度戦えそうな場合、②と③はブリムオンが厳しい&イーユイやパオジアンの攻め駒を出さないと選出が纏まらない場合に使い分ける。ステロが撒かれ難いことを活かしてカイリューを通すことを目指しつつ削りやブリムオンドオーでの展開、パオイーユイでの詰めを狙う、ら

vsディンカイサフゴパオカミウーラ

先発f:id:shigumaaa:20230902144946j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902145007j:imagef:id:shigumaaa:20230902145010j:image
殆どパオジアンか水ウーラオスから入られる。ドレキから入ることでテラスを切られても二耐えするため(鉢巻は無理)、ドレキ→後攻バトンタッチでイーユイを着地させてブリムオンをクッションとして扱いイーユイとパオジアンを通しにいく。ディンルー対面では瞑想スタートが安定であり、状況によってはテラスタルを切って荒らしながらバトンを繋ぐことを狙う。イーユイのフェアリーテラバが強力な勝ち筋ではあるもののパオジアンの霊テラスの詰めやブリムオンのテラスの判断が必要になる。初手ハバタクカミは気持ち出し辛くはあり一度も出されなかっただけで、正直なところやばい。

 

vsディンラッシャ

先発f:id:shigumaaa:20230902171215j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902171142j:image@1

vsキョジオーン軸

先発f:id:shigumaaa:20230902171308j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902171142j:image@1

前者はブリムオンが出しやすいためそれから展開、後者はキョジオの前でステルスロックを撒いてからサフゴを着地させて対戦を始めたいためこの二体。この構築を見てキョジオーン使いがどういう判断を下すかは正直わからないため、キョジオ入りには隠密サーフゴーを流石に投げるべきだと自分視点で考えて極力投げるようにしていた。

 

vsガチグマ入り

f:id:shigumaaa:20230902145007j:image f:id:shigumaaa:20230902150110j:imagef:id:shigumaaa:20230902145010j:imagef:id:shigumaaa:20230902150724j:imageから三体
ガチグマの圧で低速組を出したくないので対面的な動きを意識する。ドオーを選出できないため、ハバタクカミ入りにサーフゴーを投げれない点のみ注意。

 

vs初手テラスっぽい対面構築

先発f:id:shigumaaa:20230902145007j:image 後発f:id:shigumaaa:20230902150110j:imagef:id:shigumaaa:20230902150113j:image
初手カイリューを悪の波動+ノマテラ神速→神速で倒した後にノマテラカイリュー+ドオーでミミツツミやイダイトウと戦うことができる(飛行テラスを一旦読みするなら初手オバヒ→ノマテラ神速でステロ圏内に入るため、2回目でミミッキュに引かれても楽になる)。悪ウーラオスのみきついため選出画面で感じ取ろう。

 

結果

S9シングル最終6位 最高レート2196最終レート2173

f:id:shigumaaa:20230902144421j:image
f:id:shigumaaa:20230902144424j:image

 

終戦負けてしまい一位を逃してしまったので、また修行してきます。
今期こそはディンカイサフゴパオカミウーラに対して解答を見つけたいです。


Youtubeにて今回の構築の動画も投稿する予定なので、よければそちらも視聴していただけると嬉しいです!

www.youtube.com



ここまで読んでいただきありがとうございました!

f:id:shigumaaa:20230902170016j:image

X:@zenchino115