未来へのバトンタッチ

主にポケモンのシングルバトルやインターネット大会の構築記事を書いていきます。

【S27最終14位】無限連動ダイナオーガ【剣盾シングル】

構築名に無限ってつけておけばそれっぽいなってだけで実際は無限じゃないことを先に謝ろうかと思ったけどやっぱりやめておきます、シグマです

 

皆さん新環境お疲れ様でした!やっぱり煮詰まった環境よりも未開拓な環境の方が好みな自分に取ってはとても楽しめたシーズンでした!

結果としては全く満足していませんが、1シーズン目は流石に記事書き得なので書きました。まだまだ資料不足なので皆さんも書きましょう!

ということで本題へ(自然な導入)

 

f:id:shigumaaa:20220301154429p:imagef:id:shigumaaa:20220301154408j:image

レンタルは少なくとも3月までは公開しておきます!

 

構築経緯

今月からは禁止伝説2体使用可能の新ルールということで何もかもが手探りな中始まり、それは他のプレイヤーも同じであった。禁止伝説を2体使えるということで単純に掛け算で考えるとこれまで以上に幅広い構築が環境に存在すると考えられる。それらの多くの並びに五分以上の勝負を仕掛けるためには軸になれる強力な禁止伝説を初手から展開することが重要だと感じたためそこから考えることにした。

スカーフ壁ホウオウや電磁波ルギア等が候補ではあったが、マジカルフレイムがカイオーガとザシアン両方に刺さることに着目してムゲンダイナf:id:shigumaaa:20220301153418j:imageから組み始めた(2月13日)。初手に展開するムゲンダイナの型としてリフレクター+毒で後続と合わせて立ち回りの幅を広げれる点が自分好みであったため、2月中旬以降の400戦以上は固定しており今月はこのポケモンでいこうと決めていた。

このルールにおいて相手の構築に左右されることなく可能な限り禁止伝説を2体選出できるのが理想であるため次に相方の禁止伝説を探していたが、中々決まらなかった。試したのは以下の通り。取り巻きが定まっていなかっただけでどれも可能性は感じたので悪しからず。

①チョッキホウオウ…不自由なくダイマックスを使うことができるため、ダイナが重いイベルや黒バドを初め幅広く打ち合うことができる。地面やステロで簡単に崩されるor一方通行になってしまうため、ムゲンダイナと組ませるなら厚底ブーツにしたいがそれならそこまで強くないかなといった感想。

②珠イカサマイベルタル…ムゲンダイナのリフレクターを日食ネクロズマサイコファングで破られるのが嫌だったので高種族値且つ日食ネクロズマに後投げ可能な悪タイプとして着目。イベルタルイカサマダブルウィング不意打ち羽休めで使っていたためザシアン入りに選出できず、対ザシアンの勝率が悪かったため没。鋼の翼なり珠ではない型にしたら充分やれるといった感想。

③龍舞日食ネクロズマ…リフレクター+マジフレのデバフを盾にでできるため耐久を削りHASベースに自然とできるのがポイント。3桁に多かったゼルネクに強かったり対ムゲンダイナへのサイクルパーツとして活躍したりと全然悪くはない。止まるテッカグヤをムゲンダイナ単体では解決できないため構築単位でテッカグヤ対策をする必要がある。

カイオーガカバルドンを始め耐久ムゲンダイナが面倒な地面タイプに最も強く選出圧力もトップレベルなので、相手視点ではカイオーガを対面で処理するか受けポケモンを用いながら立ち回るかが求められそこに耐久ムゲンダイナが刺さる。カイオーガに強くダイマックスを使えるのも評価点。

※ダイナザシアンも20戦くらいは試しましたが没

 

先に一般枠について、今期は特にジガルデに負けたくなかったので初めはエルフーンをずっと使っていたが、ジガルデ含めて日食ネクロズマや黒バドレックス、重い霊獣ランドロス等を纏めて見れそうなポリゴン2f:id:shigumaaa:20220301153640j:imageを、後投げからザシアンを流しつつあわよくば崩せることからサンダーf:id:shigumaaa:20220301153703j:imageを、終盤増えていたザシアン+黒バドレックスメタ且つ選出画面で鋼に圧をかけるポケモンとしてエースバーンf:id:shigumaaa:20220301153729j:imageをそれぞれ採用。このムゲンダイナサンダーポリエスバは③、④共に固定だった。

①と②は悪くはなかったものの早い段階で見送った。③と④は最終日まで決まらずメインロムとサブロムで使い分けている中でどちらも2000までは乗った。最後まで悩んだが、③の方のロムが中々順位が上がらなかったので最終的にカイオーガf:id:shigumaaa:20220301153744j:imageを使用することに決めた。

ここまで電気の一貫が切れていないこととゼルネアスが重いことにより、自然とドリュウズf:id:shigumaaa:20220301154350j:imageに決まり完成した。

 

単体解説

ムゲンダイナ

f:id:shigumaaa:20220301192237j:image

性 格:臆病
特 性:プレッシャー
実数値:247(252)-*-117(12)-166(4)-135(156)-177(84+)
持ち物:くろいヘドロ
技構成:マジカルフレイム /  リフレクター / 毒毒 / 自己再生

〈調整〉

HB…特化ホウオウの珠ダイジェット+ダイアースを対面リフレクターからで確定耐え

HD…特化カイオーガの珠130ダイアイス3回+霰ダメージをマジフレ→自己再生→自己再生でほぼ耐え

  特化イベルタルの珠ダイジェット+ダイアークを対面マジフレからで確定耐え

S…削っているザシアンや耐久ムゲンダイナをあわよくば抜けたらいいなライン。雨潮吹き最高乱数切り耐えのザシアンのSラインが174~176を意識。

軸であり基本的に初手に出すポケモン。構築経緯のところでは触れていなかったが、特性のプレッシャーにより相手との素早さ関係を把握できるのが非常に偉い。そのため、どんな構築にも初手から投げることを考えると最低限まで素早さを抑えたザシアンくらいは抜いてほしかったのでここまで素早さに振ったが、体感7割はザシアンに上を取られていた。カミツルギやルギアを考えると少しだけ削ってもいいがカミツルギはこの構築に出てこなくルギアの最速身代わりはいないと判断。また、このポケモンを通して終盤になるにつれてザシアンのSラインが高くなるのを感じていた。

コスモパワーと比較してリフレクターの強みは自分だけに留まらず、他のポケモンを強く扱える点である。このインフレ環境で単体で全てを補うのは無理があるため、構築単位で他のポケモンと以下に能動的に連動させることができるかがこの環境で重要になってくると感じた(タイトル回収)

上からリフレクターを貼れないザシアン以外は物理に振る恩恵が感じられなかったため特防に厚く振ったが、マジフレ込みで初手ディアルガの様子見流星群や遅いムゲンダイナのダイマックス砲を耐えて流したり初手スカーフカイオーガ対面で毒毒から入ってよくなったりと他にも様々な利点があり特防振りは正解だった。

マジフレとリフレクターによる安定行動が大切故に毒を入れるタイミングが慣れないと難しいが、後発のサンダーやポリゴン2でどう詰め切れるかをある程度考えることを意識していた。

 

カイオーガ

f:id:shigumaaa:20220301192732j:image

性 格:控えめ
特 性:あめふらし
実数値:199(188)-*-111(4)-204(124+)-161(4)-134(188)
持ち物:命の珠
技構成:潮吹き / 冷凍ビーム / 雷 / 瞑想

〈調整〉

HB…特化ザシアンのじゃれつくを確定耐え、陽気ウーラオスの鉢巻インファイトを確定耐え

S…準速マンムー意識。ミラーやジガルデ、ディアルガより早ければ嬉しいくらいで最悪削っても良い。

既に決まっていたサンダーポリエスバの型が皆積極的にダイマックスを切りたい型ではなかったので、ダイマックスを強く切れる型として命の珠で採用した。トリトドンが予想より環境から減らなかったのと後述のサンダーのダイジェットバトンから繋げてより強い点を踏まえて食べ残し瞑想型にするか悩んだが、ザシアンを倒し切ることが大切だと判断して最後まで命の珠を使用した。

ダイマックス状態で最高の火力を出したい」「ムゲンダイナの展開+積み技の強さは日ネクが見せてくれた」「ダイナが誘い数値受けで見にくるラッキーをちゃんと崩したい」これらを全て取り入れたことで水タイプは潮吹きだけの瞑想採用に至った。

命の珠カイオーガは他全ての持ち物と比較してもダイマックスの必要性が最も高い型(そして最もダイマ中で平均値を出せる型)だと思うので、中途半端にダイマックスを渋る要因となる波乗り等は採用しなくて良いと前向きに捉えていた。ダイマックスが切れた際に行動できる盤面があるが、そこは案外サブウェポンで事足りていた。

 

サンダー

f:id:shigumaaa:20220301192633j:image

性 格:図太い
特 性:静電気
実数値:197(252)-*-150(252+)-145-110-121(4)
持ち物:アッキのみ
技構成:放電 / 暴風 / バトンタッチ / 羽休め

ザシアンに後投げすることで飯を食べてもらった。今までHBサンダー後投げ爆弾は謎に避けていたが、最後の方は1ターン目から無心で後投げする自分が怖くなっていた。

それでいて電磁波ではなくバトンタッチを採用、久しぶりの「未来へのバトンタッチ」要素。この技のおかげで防御上昇を他の受けに渡して立ち回りの幅を広げることができた。電磁波は環境単位で流行りすぎており、身代わりザシアンを考えると接触2~3回+放電で麻痺らせる&バトンタッチの使用頻度がそこそこあったことにより不採用。構築単位でテッカグヤが面倒なため身代わりはあり。

ここまで対ザシアンみたいな顔をしているが、それでもやはりサンダーはサンダーなので多くの構築に投げることができる。この型だとムゲンダイナの毒と合わせると性能が数倍に跳ね上がる。

 

ポリゴン2

f:id:shigumaaa:20220301192825j:image

性 格:呑気
特 性:アナライズ
実数値:191(244)-*-156(252+)-125-117(12)-72
持ち物:進化の輝石
技構成:冷凍ビーム / イカサマ / 丸くなる / 自己再生

ジガルデに黒バド、日ネク、ゼクロム、白バド等々様々な禁止伝説を纏めて相手してもらった。

丸くなるは相手視点で考慮の優先度が低いため、ジガルデや日ネクで積んで勝ちと考えている相手を有利な急所ゲーにまで詰ませに持っていくことができるだけでなく、一度積み始めると詰んでしまう構築が多く後投げザシアンに勝ててしまうこともあるため、今回の構築内の全ての技で最も勝利に貢献した技だと言える。本当に強かったので、これを機会にみんな電磁波を止めて丸くなってほしい(座布団2枚)

 

[追記]

連動求めるんだったらそれこそ電磁波じゃね?って今になって思ったが、とにかく丸くなるで勝てた試合が多かったので忘れることにした。

 

エースバーン

f:id:shigumaaa:20220301192843j:image

性 格:意地っ張り
特 性:リベロ
実数値:155-184(252+)-95-*-96(4)-171(252)
持ち物:拘りスカーフ
技構成:火炎ボール / 跳び膝蹴り / ダメ押し / 蜻蛉返り

終盤、特に2桁帯で増えたと感じたザシアン+黒バドに一般枠込みで強く戦えるポケモンとして採用した。実際はカイオーガが出せないザシアン入りに対して後発に置くことも多々あり思いの外選出した。

相変わらずの高い初手性能であることは言うまでもなく、1サイクル目はダメ押しを隠して蜻蛉から入ったり状況によってはリフレク化で強引にザシアンに後投げしたりしていた。

他には構築上TODになる展開が多いため、選出したものの場に出さなくなることは何度かあった。

[追記]

前期スカーフ黒バドレックスが結果を残したため、今期はあまり活躍できないのかもしれない。

 

ドリュウズ

f:id:shigumaaa:20220301192849j:image

性 格:意地っ張り
特 性:砂かき
実数値:185-198(196+)-80-*-104(148)-129(164)
持ち物:突撃チョッキ
技構成:地震 / アイアンヘッド / ロックブラスト / つのドリル

〈調整〉

A…11n

HD…特化ゼルネアスの+2ダイナックル2回を対面ダイアースからで確定耐え

  特化ホワイトキュレムのダイアースを確定耐え

S…砂化で+1準速エースバーン抜き

電気の一貫を切れてここまで重いゼルネアス、ホワイトキュレムディアルガに強いポケモンとして綺麗にハマったため採用した。

禁止伝説は基本的に地面+岩の通りが良く、天候を変えながら上から殴るシンプルな動きが今でも通用するのは終盤流行ったガマゲロゲが証明してくれているのもあり、この環境でも十分に戦うことができた。

つのドリルはダイナカグヤを破壊するためだけに採用した。他の選択肢としてザシアン+黒バドに強く出せるシャドークローもあるが、対ザシアン黒バドは後述するが他のポケモンで事足りているため採用には至らなかった。ちなみに撃ったのは2戦でそれぞれ1回ずつ撃ち1戦だけ当てて試合を破壊してくれた。その日人類は思い出した。。

 

選出

対ザシアンオーガ

先発f:id:shigumaaa:20220301180441j:image後発f:id:shigumaaa:20220301180436j:imagef:id:shigumaaa:20220301180438j:image(9割)

先発f:id:shigumaaa:20220301180436j:imagef:id:shigumaaa:20220301180441j:imagef:id:shigumaaa:20220301180438j:imageorf:id:shigumaaa:20220301181149j:image(1割,再戦)

初手速いザシアン以外はムゲンダイナで相手にできるため、ザシアンに対しては素早さ関係を見ながらサンダー引きで気合いで麻痺させてダイナオーガでザシアンを処理しやすくした後に両方通すことを目標にする。初手カイオーガガマゲロゲダイマックスを切ることしか考えていない相手には比較的イージーウィンできる。終盤ドラパルト入りが一定数いたためこの選出だと無理だが、ポリゴン2を出しても腐るのが目に見えるためカイオーガで早期処理を狙うなど頑張っていた。また、初手ザシアン率は比較的高くこちらのカイオーガが受からない構築が多いため、初手にカイオーガダイマックスを切ってザシアンを飛ばした後ムゲンダイナで詰ませるのも一考の余地はある。

 

ザシアンイベルタル

f:id:shigumaaa:20220301180441j:imagef:id:shigumaaa:20220301180438j:image@1(ドリュウズ以外)

ここまで触れてこなかった対イベルタルの物理特殊じゃんけんだが、マジフレから入れば物理であろうが特殊であろうがダイナを切りつつサンダーで倒すことはできるため、相手が受けよりか対面よりか次第で@1を変えればいける。

ただ実際は相手の並びを見て判断することが多く、特に物理型の方は見分けやすい(サンダーが一緒にいる、ラッキーが重そう等)ためリフレクターから入ることもあった。正直じゃんけんって言われても現状言い訳しかできない。

(この構築とは関係ないけど初手ゲロゲでダイマするかミミッキュで荒らすかしかない?どなたか良い案があれば教えてください)

 

対ザシアン黒バド

初手f:id:shigumaaa:20220301181149j:image後発f:id:shigumaaa:20220301180436j:imagef:id:shigumaaa:20220301182616j:image

3体全てが動きやすく、相手の選出を見てどのポケモンを雑に扱って他を通すかを決めたいため初手は例えスカーフがバレるにしてもエースバーンから入るのが安定する。黒バドのサイコショック率やメタモン意識でザシアンに剣の舞が入ってないことを踏まえるとポリゴン2の丸くなるが非常に見え辛い勝ち筋として機能するため、火力ないランドロス等を切って死に出しで殴ればいいと考えている相手には詰ませることができる。ガマゲロゲトリトドンがいると途端に面倒になるが、それでも十分有利マッチ。

 

対イベル日ネク

初手f:id:shigumaaa:20220301180441j:image後発f:id:shigumaaa:20220301180436j:imagef:id:shigumaaa:20220301182616j:image

初手イベルタルを考えるとムゲンダイナから入りたく、下手にマジフレを撃つと後投げ日ネクに弱点保険を発動させて負けに直結しかねないため難しい相手。貯水枠がいなければカイオーガで荒らしにいけるがほとんどいるためそれもまた厳しい。しかし貯水枠だけでなくランドロスの被選出率が高いのもあり禁止伝説を両方出されることが少ない(特に日ネクは出されない)ため、構築相性以上に勝つことができた。

 

対ゼルネクロ

初手f:id:shigumaaa:20220301180436j:imageorf:id:shigumaaa:20220301180441j:image後発f:id:shigumaaa:20220301183845j:image@1(日ネクやランド止めるためにポリゴン2多め)

この相手も水が一貫しがちなので、瞑想を絡めて先に崩しにいくかドリュウズダイマックスを温存させるためにカイオーガを出さずにドリュウズ以外で頑張って戦うかの選択。ゼルネアスを止めるためにはドリュウズダイマックスをする必要があるためムゲンダイナを出したいが、テッカグヤ入りが少なくはないため微不利マッチ。ただ数が少ないこともありなんとかなった。

 

対ダイナホウオウ

初手f:id:shigumaaa:20220301180441j:image後発f:id:shigumaaa:20220301180436j:imagef:id:shigumaaa:20220301180438j:imagef:id:shigumaaa:20220301183845j:imageから2体

初手ホウオウから入られることが多いが、相手目線は引き先のラッキーかハピナスがいない場合はメテオビームを耐えるために誤魔化しのダイマックスを切るしかなく、そこにリフレクターが刺さる。非常にリフレクタームゲンダイナの強みを感じる相手。相手にラッキーがいる場合は裏のムゲンダイナまで受け型の可能性があるためムゲンダイナで時間を使いながらラスト5分とかでオーガかドリュウズに交代してダイマックスを用いてTOD勝ちを狙いにいき、ラッキーがいない場合はムゲンダイナが攻撃的な型であっても前述の通り相手はダイマックス権を失っていることが多いため殴り勝てる。速い初手ムゲンダイナだけが面倒だが、ドリュウズ引き等で流した後2サイクル目にカイオーガで対面突破してもらうことが多い。

 

対ジガルギア,ジガザシアン

先発f:id:shigumaaa:20220301180441j:image後発f:id:shigumaaa:20220301180438j:imagef:id:shigumaaa:20220301182616j:image

基本的に相手の初手がHPを削ってくれるため、初動からTODを意識して戦っていた。ムゲンダイナがジガルデやルギアに麻痺させられても問題ないと判断したならダイナで毒を入れて裏に引きダイナを場に出すことなくリソース差で勝つのを狙う。ムゲンダイナ+サンダーで毒菱を回収できるのも高評価。サンダーに雑にダイマックスを切れる選出なので対ザシアンも何とかなることが多い。ちゃんとギミック?構築耐性がある構築を使っているときにこれらを引くと気分が良くなる。

 

結果

TN Night*Spider 最高レート推定2103最終レート2084 最終14位f:id:shigumaaa:20220301190309j:image

 

雑感

最近特にランクマの調子が良かったのと今月は時間があったので、新ルールで楽しかったのも相まり序盤からいろんな並びを触りながらかなり対戦数を熟して1位を目指す月にしました。それでも終盤中々勝てず構築は定まらず、1位を目指せるラインに立ったのが最終日朝方だったのでまだ自分ではわからない、足りない部分があるのだろうなと実感しました。9世代も発表されたので、これからも楽しみながら残り期間を戦っていきます!

と思わせて、2月はシングルやりすぎたので2週間ほど休憩でダブル回していきます〜 来週のINCで予選抜けるぞ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

あとあと、最終日7時以降の録画ができていなかったため深夜帯の5時間程度しかありませんが、今月も垂れ流し動画を上げました!

今でも他の人の昔のシーズンの垂れ流し動画見るくらいには好きなので環境がある方は是非やってみましょう👍

https://www.youtube.com/watch?v=dEe3j96Uoxg

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあればTwitter @zenchino115まで