未来へのバトンタッチ

主にポケモンの記事を書いていこうかと思います

【S15スペレ】終焉

1900を越えることができたので記録としてメモ程度に思考を書いていきます。

 

f:id:shigumaaa:20190407015101p:image

いいねしてね〜

 

使用QR

1800まで https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F7E-9B20

 

1900まで https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-C3F4-4C73

 

☆初日

・ゲンガーが強すぎる、他の人もゲンガーが強すぎるとしか言っていない

そこでゴツメジラーチの強さに気づき多少選出していたら上振れて2人目の1800到達

・この時点では、有象無象>カビゴン>ゲンガー>ゴツメジラーチ>有象無象(結局変わらなかった)

 

☆それ以降

・相手のジラーチの選出率の増加、強さが認知

ゲンガーとジラーチ以外はゲンジラの片方に有利が取れるとしても選出するだけ無駄

チャーレムエテボースなどの悪あがきで火力が出るポケモンがゲンガーに強いという誤情報の知識がある人のために選出誘導枠として機能できる(対ゲンガーが1番安定しないため)

・相手にカビゴンがいるとジラーチを出したくなる

・マッチングがいい時に潜らないと後戻りできないので情報入手が必要

・4/6の某配信者によりその時間帯は上位層(1800~)でエレキブル入りQRしか当たらなくなる

→このQRのゲンガーの型がゴミなためジラーチしか出されることはないのでイアゲンガーを合わせ微有利な戦い(1900突破)

・某配信者がトスに近い行動をしたことによりレートの需要が無くなる、みんな萎える

 

1番言いたいのは赤字。カビゴンがきのみ残飯ゲンガーに微有利、ピクシーがゴツメジラーチに五分~微有利などいろいろ考察したがゲンジラを使わないとレートが上がらないのが想像できたので2体で固定。

 

 

運がよかっただけなので嬉しいという感情は湧いてきません

 

 

ゆびふり自体は久しぶりだったのでおもしろかった

 

 

終わり

f:id:shigumaaa:20190407014921j:image 

【S14シングル】才色兼備チラチーノ【最高2022最終1939】

S14お疲れ様でした!

今回はチラチーノと共にS11,12,14と戦い続けてなんとか2000を達成することができたので記事を書くことにしました!

 

 

【使用構築】

f:id:shigumaaa:20190402182539p:image

 

 

 

【結果】

S11…最高1986

S12…最高1980

S14…最高2022

f:id:shigumaaa:20190402090112j:image

 

 

 

【個別紹介】

f:id:shigumaaa:20190402083811g:image

チラチーノ@王者の印

性格:陽気
特性:スキルリンク

努力値:H84 A108 B164 D12 S140

実数値:161-129-101-*-82-168
技構成:タネマシンガン / ロクブラ / 叩き落とす / 電磁波

HB…意地ガッサのマッパ  ~100%

        陽気メガメタグロスのアイへ  ~91%

        陽気メガマンダの恩返し  ~98%

        陽気メガギャラの1↑滝  ~102%

        実数値142ミミッキュのミミZ    ~110%

HD…臆病コケコのフィールド10万  ~100%

        臆病メガゲンガーのヘド爆  ~101%

        特化テテフのムンフォ  ~95%

S…最速100属抜き

A…タネマシンガン(5発)

      H4ミミッキュ  49~61%(中乱2)

      H196B140ミミッキュ35~45%(中乱3)

      H252B140↑カバルドン ~46%

      H252レヒレ  ~67%

      B4ゲッコウガ  102%~

      B4テテフ  ~51%

      B4ガブリアス  30%~

      H4ギャラドス(A1↓)  26%~

      HB252↑霊獣ランド(A1↓)  ~20%

     HB252↑ドヒドイデ  19%~

     B4メガメタグロス  12%~

ロックブラスト(5発)

     B4メガリザX  ~78%

     H252ヒトム  ~82%

     H252テッカグヤ  ~31%

     HB252↑エアームド  ~23%

     H4メガボーマンダ  52%~

     H4メガボーマンダ(A1↓)  ~46%

叩き落とす

     H252ギルガルド(持ち物有り)  33%~

     H252ギルガルド(持ち物有り・ブレード) ~95% 

     B4メガメタグロス  24%~

     B4メガゲンガー  47%~

 

帰ってきた相棒枠!

まずはチラチーノの強みから!

早いSからの展開力

印を持たせた時の低速ポケへの圧力

・見た目ミミッキュに強い

・岩と草タイプの範囲

・マイナー特有の読まれ難さ、舐められやすさ(?)

選出誘導(鋼めっちゃ呼ぶ)

 

弱み…

・タイプ受けができないので耐久の無さを誤魔化せず後投げができない

ゲッコウガやカプ・コケコなど環境に素早さが負けてるポケモンが多い

・ABミミッキュに対面だと不利

・火力がかわいい

 

こんなところ。特にS115の速さからの行動がポイント。

チラチーノは自分より遅い相手に対して好き勝手できることが多く、後続のポケモンと合わせて崩していくことが王者の印型の完成形と言える。そのため相手のメガゲンガーへの切り返しとして耐久振り+電磁波の採用。

叩き落とすは受けサイクルに対してあると後続での崩しがだいぶやり易くなるのであると便利。

 

スイープビンタは命中不安と接触技で削れるのを嫌い採用してない。この技に関しては技スペが絶妙に足りないので鉢巻や珠アタッカー以外には持たせない方がよい。

他に入れるのならばアンコールや蜻蛉返りの2つだが、役割として電磁波叩きが優秀なため採用には至らなかった。

 

チラチーノの型としては他にもあるので時間があるときにでも単体考察を書きたい。

 

f:id:shigumaaa:20190402181429j:image

かわいい!

f:id:shigumaaa:20190402202440j:image

かわいい!!

 

 

そんなチラチーノをみんなもすこれ!!!!!!!!!!!!

 

(うまくまとまらなかったので更新していきます)

 

 

f:id:shigumaaa:20190402084514g:image

メタグロス@メガストーン

性格:陽気
特性:クリアボディ

努力値:A252 B4 S252
技構成:アイアンヘッド / 冷凍パンチ / 地震 /雷パンチ→岩石封じ

チラチーノと相性がいいメガ枠は他にもゲンガーやリザードンがいるが1番グロスが手に馴染んでいたので採用。

マンダガルドに隙を見せたら試合が終わりかねないので冷パンと地震は必須。

リザードンがあまりにも重いため岩石封じに変更したが、後述のサザンドラミミッキュの取りこぼしを仕留めるためにバレパンを採用しても良かった。

チラチーノの化身アームドしてるし怯ませて当然である。うん。

 

 

f:id:shigumaaa:20190402084526g:image

サザンドラ@拘りスカーフ

性格:控えめ
特性:浮遊

努力値:C252 D4 S252
技構成:流星群 / 悪の波動 / 大地の力 / 蜻蛉返り

チラチーノグロスが不利を取る鋼タイプに強めで補完が優れているので採用。

性格は火力が絶妙に足りないので控えめで正解だと思う。

蜻蛉返りはミミッキュの皮を剥がす以外にもグロスと合わせて混乱実カバルドンを処理するのにも生きた。

 

 

f:id:shigumaaa:20190402084547g:image

・霊獣ボルトロス@格闘Z

性格:臆病
特性:蓄電

努力値:H4 C252 S252
技構成:10万ボルト / めざめるパワー氷 / 気合玉 /悪巧み

この構築のエース且つ崩し枠。

レボルト自体に混乱実が増えていたのとカビゴンの増加によりシーズンが進む度に刺さりやすくなっていると感じた。

対ループはゲンガーヌオー入りが増えており以前よりも崩しにくくなり勝率がよくなかったので改善の余地がある。

 

 

f:id:shigumaaa:20190402084555g:image

ミミッキュ@襷→霊Z

性格:意地っ張り
特性:化けの皮

努力値:H4 A252 S252
技構成:じゃれつく / シャドクロ / 影うち / 剣の舞

襷を扱うのが慣れていなかったので鋼意識てま霊Zを持たせた。

パーティ単位でマンダやバシャ、ギャラが重たいのでHAbの霊Zにしてもよかったかもしれない。

 

 

f:id:shigumaaa:20190402084606g:image

ドヒドイデ@黒いヘドロ

性格:図太い
特性:再生力

努力値:H252 B252 D4
技構成:熱湯 / 毒々 / 自己再生 / 黒い霧

※S12終盤、S14使用

最近のメガバシャーモはみんな打点を持っていて安定しなかったが、マリルリとは違いクッション性能が高いのが偉くゲコが辛いこともあり最終的に落ち着いた。

 

 

f:id:shigumaaa:20190402153057g:image

マリルリ@拘り鉢巻

性格:意地っ張り
特性:力持ち

努力値:H112 A252 B4 D12 S128
技構成:滝登り / じゃれつく / 馬鹿力 / アクジェ

※S11、S12中盤まで使用

少し早めの火力バカ。

ランドバシャ系統に強く、選出率は控えめだが見せポケとしても活躍してくれた。

 

 

 

【基本選出】

基本的にはサザンドラメタグロス@1

 

受けサイクル相手にはチラチーノボルトロス@1

 

 

 

【感想】

長い間目標としていたチラチーノと共に2000を達成することができて本当に嬉しかったです。

ただインフレシーズンということもあり、知っている中でのチラチーノ最高レート(2035画像なし)(何か情報があればください)を超えることができなかったのは悔しすぎたのでまたいつかリベンジしたいです。

 

記事を書いてて改善点が何処にでも転がっていることに気づいたので、文字でまとめるという大切だと実感できました。

 

あとは2022で2週間前から放置してサブロムでラスト10日くらいメガネサザンドラ+意地グロス+氷Zドヒドイデを使っていたこともあり感覚が鈍っていたのは間違いないのでそういうところも甘いなーと思いました。

 

しばらくはシングル触れないと思うしウルトラルールもやるかわからないけど、この記事を見てふぁぼりつしてくれた方を全力で応援していきたいと思います!!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何かあれば@zenchino115 まで

【シンプルシンフォニー】3Z不完全交響曲【最高1816】

おはこんこん、皆さんお疲れ様でした!
早速ですがパーティ紹介へ↓↓



〈使用構築〉



〈コンセプト〉
⚪︎毒を絡めて受けから攻めの切り返し(目標はなごしパ)
⚪︎ギミックに負けない



〈個体紹介〉

チラチーノ

持ち物:きあいのタスキ
特性:スキルリンク
性格:陽気
配分:151(4)-147(252)-80(0)-×-80(0)-138(252)
技:スイープビンタ / 叩き落とす / 電磁波 / アンコール

場を荒らすことで崩しの補佐、電磁波+アンコールでの起点回避、襷+電磁波での切り返し、削りなど多くの役割をこなす。

ブシンがいない対面構築や受けよりの相手、相手のエース(オノノクスなど)を誤魔化さないといけないときによく出すので活躍してくれた。

久しぶりにスイピンを使ったが思っていたよりダメージが出て驚いたが、命中85%はさすがだと感じた。




トルネロス

持ち物:ヒコウZ
特性:再生力
性格:臆病
配分:169(116)-108(0)-101(4)-152(172)-111(4)-184(212)
技:暴風 / 蜻蛉 / 毒々 / 身代わり
HD…眼鏡ニンフのハイボ ~102%
C…余り
S…最速115族抜き

受け攻めの基点、特性と蜻蛉よるサイクル性能、初手身代わりでの有利展開、ヒコウZでの処理性能などパーティの軸となるポケモン

初手身代わりの安定感がすごく、出てきやすいジャロへの安定行動となり、引かれても身代わりを盾に毒を入れて蜻蛉で逃げる動きがとても強かった。

後述の火炎玉ミロカロスを後投げする際に毒を回避するための中継役としても機能した。




カビゴン

持ち物:フィラのみ
特性:食いしん坊
性格:慎重
配分:254(148)-133(20)-117(252)-×-155(84)-51(4)
技:すてみタックル / 鈍い/ 欠伸 / リサイクル
よくある意地個体の調整を慎重で使っただけ
HD…臆病ジュモクの+1デンキZ ~99%

クッション、流し、詰め、削りなど役割が多いかつ安定感あるMVP枠。

数値があり弱点が少ないのが偉大でこのパーティの数少ない命中安定ポケなので1番信用していた。

例え毒を貰っても捨て身でHP調整しながら欠伸連打で退場することができ、裏で展開する動きに切り返すことができるのが偉かった。
欠伸での流しは特にテクスチャーZポリゴンZに対して機能したがラムのみオノノクスがストレスだったので一考の余地がある。




ミロカロス

持ち物:火炎玉
特性:不思議な鱗
性格:ずぶとい
配分:201(244)-×-144(252)-120(0)-147(12)-101(0)
技:熱湯 / 毒々/ 黒い霧 / 自己再生
毒が効かない受け、詰ませ性能、対バトンなど。

このルールではイーブイバトンを割り切るのは賢くないと考え、黒い霧を覚えた中で1番使えそうだと考え採用。

火傷のダメは毒が効かないと考えれば然程気にならなかったが、叩かれるとブシンに勝てなくなる(叩かれてなくても火炎玉ブシンだと突破できない)のとHP管理が大切であった。

また自覚がありえないほどなく、焼いてほしい相手には1割ほどしか焼かないくせに毒を入れたい相手には8割は焼いてたので毎回お前ならできると語りかけてた。結局直してくれなかった。悲しい。。




デンジュモク

持ち物:デンキZ
特性:ビーストブースト
性格:控えめ
配分:159(4)-×-93(12)-238(188)-105(108)-128(196)
技:10万ボルト / エナジーボール / 蛍火 / エレキフィールド
HD…控えめポリZのさわぐ ~99%
C…余り
S…+1で最速120族抜き

崩し枠として他に龍舞ZオノノクスポリゴンZ、草笛爪研ぎジュカインなどが候補だが、低速相手を考えると1舞でのパワーが他より1つ抜けているジュモクを採用した。

エレキフィールドがあることによってデンキZの使い分けで対応範囲をあげることができ、また瞑想ピクシー相手にも勝つことができるのが偉かった。





ギギギアル

持ち物:ノーマルZ
特性:クリアボディ
性格:意地っ張り
配分:163(220)-167(252)-136(4)-×-106(4)-114(28)
技:ギアソーサー / ギアチェンジ / 身代わり / 毒々→ギガインパクト
H…余り
A…火力が足りないので振り切り
S…+2で準速オノノクス抜き

対ゴーリ軸、対毒びしなど。意外とジュモクよりもこいつで崩したい相手もいたため第二の崩し枠として活躍した。

また、こいつをジュモクで見ている相手に対してギガインパクトで飛ばして詰ませれる場面が多い感じたためサブロムでは毒から変更した。

こいつのおかげでゴーリを一度も出されることはなくストレスを感じることがなかったが、その分こちら視点からするとそれでもゴーリが重いため選出せざるを得なく、きつい対戦が強いられた。





〈選出〉
相手に合わせて組み替える。攻撃2+受け1が多め。
トルネロス+カビゴン+ミロカロスがすんなり選出できるのが1番強く勝率も高い。




〈結果〉

本ロム
最高1816(29勝4敗) 最終1740
残り6戦あったがノーマル統一にギアソーサー3連外しからの勝ち確回線切れ×2が続いたので萎えて解除した( ´△`) 今考えると絶対最後までやるべきだった…

サブロム
最高1746 最終170*
残り8戦あったが萎えたので寝た。スヤッスヤだった



〈反省会〉
⚪︎命中不安が多い!
1番の反省点なので次のルールは命中安定を徹底する

⚪︎電気の一環!!
適当にボルチェン+ブシン投げされるだけで終わる
このルールは電気タイプが強いということに確信を持てたのが大会が始まってからだったので考察不足

⚪︎そもそも欠陥構築!!!
これが全て




悔しいので敗北の味を噛み締めて次のインターネット大会はさらに考察に励みます!
ここまで読んでいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )
何かあれば連絡ください

【INCsun】ルナゼルネ親衛隊【最高最終1813】

初めまして、シグマと申します!
皆さんお疲れ様でした。今年は3回に別れていて、ウルトラルールはその時期に私情がありあまりできそうにないこと、ムーンルールはZによりうまく勝つことが難しそうなことからサンルールで出来るだけ足掻こうと考察しました。結果としてはボーダーが想像よりも高く恐らく30位には入ってませんが、自分なりに満足できたので記事を書くことにしました。 最後まで読んでいただければ嬉しいですヽ(*´∀`)

※以下常態



【サムネ用】

【結果】

最高最終1813
最終??




【構築経緯】
どの伝説も有利不利がありどれもそれなりの対策がされてる以上、
・メインウェポンが命中安定な点
・上から押し付けれる点
・イージーウィンができやすい点
・選出、勝ち筋がわかりやすい点
これらの理由によりゼルネアス+自己暗示ルナアーラに決定。
そこでルナゼルネ+ガエンクロバットドクロッグドーブルの並びがあることを知り試したところ、ドーブルの選出がよくわからなくトリル耐性をつけたかったのでピッピに変更して完成。




ポケモン紹介】


B…余り
C…同じ調整のゼルネアスをムーンフォースで確定2発
HD…特化オーガの雨ダブルダメ潮吹き耐え
S…同速意識で最速
構築の軸。このポケモンを周りで援護しつつどのようにルナアーラに繋げるかというゲーム。
調整は同速意識で最速。
技に関しては変更の余地なし。
ジオコン後に行動できる場面であっても盤面を整えるために守るの使いどきが大切だと感じた。
最初は使うの避けてたけど使ってみると最強ポケモンでした。




ゼルネアスが苦手なポケモンに打点を持ち行動保証があることより採用。
調整はミラー意識で最速、出来るだけ火力を出したかったため特攻に振り切った。
持ち物はカミツルギイベルタル、ガエンなどの前で行動できるようにナモの実を持たせたが発動する場面が多く正解だった。バレルを確1にできカイオーガを少しでも多く削れるエスパータイプのプレートでも面白いかもしれない。
ゼルネが守る→自己暗示の動きが強かった。




HD…C2↑臆病ゼルネのムーンフォース確定耐え
S…最遅グラカイより-1
実質禁止伝説ポケモンスマブラ参戦してるしなんだこいつ
ゼルネアスと相性がよく猫蜻蛉で有利に展開しやすいのが強かった。




挑発での展開阻止や追い風を張りたい時に出していた。
猫騙しが効かないのがとても偉く、相手のゼルネ+猫の並びに対して追い風からの黒い霧で相手のゼルネの能力を下げつつ、上から自分だけジオコンを成立させる動きでミラーには負けなかった。
挑発を受けても行動できるのはまじで偉かった。
前歯での削りもgood




A…余り
B…端数
HD…C2↑臆病ゼルネのムーンフォース確定耐え
S…端数
オーガ入りに対して出していきたいポケモン
襷は余っているが、削れることが案外多かったためチョッキを持たせた。これにより暴風も抑えてくれるためオーガゼルネ等への並びに強く出すことができた。
毒技だがダストシュートだとフェイント込みでゼルネアスを倒せるようになるが当たらずに削れれないのが1番最悪なので毒づきを選択。




日食ネクロズマ入りや単純にゼルネアスの通りがいい時、あとは消去法で出していた。
ルナアーラや襷持ちを削れ挑発されても何かしらできるように凍える風、隣を守るためのこの指、火力補助の手助け、相手にモロバレルがいない時にトリル中で味方を先に動かすためのお先にどうぞを採用。
他の選択としてはアンコールや癒しの波動などだが最終的にはこれで落ち着いた。




【基本選出】
先発ゼルネアス+何か
後発ルナアーラ+何か


・対オーガゼルネ…先発クロバットorガオガエン後発ドクロッグ
・対グラゼルネ…先発クロバット
・対ルナゼルネ…先発クロバット後発ガオガエン
・日食ネクロズマ入り…先発ガオガエン後発ピッピ
・その他…相手に合わせて




【反省】
バレル+トリルルナアーラの並びがどうしようもなくきつかった。

ルナアーラが自己暗示をできる=有利展開から勝ちに一気に繋げるみたいなものなのでメガネの方が良かったかもしれない

初手ゼルネが固定されていて完全に対応されることがあったため、初手ルナアーラ+何かの選出の仕方を学んでおくべきだった。

INC前1週間は別の並びを触れていたため感触がイマイチで最初の10戦くらいのうちもったいないミスで負けたのが3戦はあったので考えが甘かった。





〜☆おまけのサブロム☆〜

グライベルでいい勝率でここまでこれたが、モロバレルが自分で食べたマゴの実で自傷して負けたところで完全に流れが途切れたww
うーんこの




ここまで見ていただきありががとうございました!またいつかお会いしましょう( ̄^ ̄)ゞ


何かあれば@zenchino115 まで

【トリックホリック】全対応サザンドヒド【最終1861,1857(2位4位)】

トリックオアトリート!皆さんお疲れ様でした!

今回はインターネット大会「トリックホリック」でそれなりの結果を残すことができたので思考などを書いてみることにしました。 慣れていない+構築が2つあるため少し長くなりますが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

※以下常態

 

 

〈サムネ用〉

f:id:shigumaaa:20181029163232p:plain 

  • 環境考察

1.ミミマシャの大繁殖

2.グライドヒドが多い

3.対面系よりもサイクル系

4.ギミックは少ない

 

1,2,4は予想できていたが3は外れ。体感では1日目はミミマシャアゴガモスのような縦に強い並びが多く3日目になるとドヒドグライが増加していた感じ。

 

  • 構築経緯

ミミマシャなどの物理対して安定した引き先となり、複数体で多くの相手を見ることができるドヒドイデ+ドヒドと縦にも横にも相性がよく、ミラーなど崩しとして優秀な龍Zサザンドラの並びからスタート。この2体の並びが苦手なウルガモスデンジュモクダークライ等を見ることができるチョッキ枠 (ベトベトンエレキブル)。ゴーリへの選出段階での圧力をかけることができ、基本選出ができない場合の対面的な選出のコマとして優秀なマーシャドー。対戦を有利に進める枠としてスカーフ枠(デンジュモクウツロイド)。ラスト1枠は構築の穴をできるだけ埋めるための補完枠(グライオンクロバット)。

構築の組み方として、サザンドヒドマシャスカーフチョッキ自由枠が自分の中での結論だった。

 

  • 当日の思考

せっかく2つの構築を作ったがエレキブル入りの自信がなかったため、ジュモクベトンの方を先に参加してみて最終レートがそこそこあるor環境への刺さり方次第でサブロムをどちらにするか考えた。

結果としてジュモクが大量にいたためサブロムでエレキブルgoさせることにした。

 

 

 

 

*本ロム*

f:id:shigumaaa:20181029123234j:image

最高最終1861(35勝5敗)

結果2位

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164410j:plain

ドヒドイデ

性格:図太い

努力値252-0-252-0-4-0
特性:再生力
持ち物:黒いヘドロ

技構成:熱湯/毒毒/再生/黒い霧

マシャミミに安定させるためにHB特化。裏次第ではあるがマシャミミと対面した場合は毒から入る。

サザンドヒドミラーでサザンと対面した時、

メガネで何か→タイプ受けか流星受かるのに引く

スカーフで何か→大地以外は再生、大地はタイプ受け

挑発or身代わり→サザン経由で流星群の有無を確認

等で全対応ができる。このように複数で対応できる範囲を広げやすいので選出率は高め。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164447j:plain

サザンドラ

性格:臆病

努力値0-0-0-252-4-252

特性:浮遊
持ち物:ドラゴンZ

技構成:悪の波動/流星群/羽休め/身代わり

グライ意識での臆病最速。

突発するべきところはドラゴンZ。身代わりを見せると悪波ワンウェポンだと思われることが多く予想外の一撃を入れることが簡単にできる。またアクZと比べて単純に威力が高いのが偉い。

挑発を切っているためドヒドグライにはPPを枯らされるのでは?と思われるかもしれないが、グライが身代守する時にこちらもみがわりを3回ほど押すことで相手もPPを温存してくれるので攻撃技が通りやすくなる。実際に記憶では一度も負けていない。

また、このルールでサザンを使うにおいて1番気をつけていたことは、ドヒドグライに後投げするタイミングを見極めること。すなわち、単体で対面系の構築にサザンを入れるのではなくドヒドグライのような毒を打ちにくい味方と組ませることで最大限に役割を果たすことができる。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164544j:plain

マーシャドー

性格:陽気

努力値0-252-0-0-4-252
特性:テクニシャン
持ち物:気合いの襷

技構成:シャドースチール/影うち/インファイト/いばる

ストッパー兼対面要員。襷マシャは補完として採用してるため基本出さない …はずだったが対面寄りの構築が想像以上に多く思いの外選出してしまった。

マシャの@1枠について多くの議論があるが(あるか?)、岩石封じを打つ相手はチョッキ枠や他で受けることができるので✖️。冷凍パンチはグライピンポ気味であり対面から処理したい場面よりもいばるが生きる場面が断然多いため✖️。

よって自分はこの構築においてはいばるしかないと思っている。一見運に身を任せているように思われるが、1番厄介なアーゴヨンにドヒドが入っている構築に対して投げることができるいばるが必然的に決まった。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164517j:plain

ベトベトン

性格:意地っ張り

努力値172-252-0-0-84-0
特性:どくしゅ
持ち物:突撃チョッキ

技構成:叩き落とす/毒づき/岩石封じ/冷凍パンチ

ダークライ、ガモスに強めのチョッキ枠。回復ソースがないので何サイクルかされると崩されるので体力管理が重要になる。

冷パンはグライに対してそこで地震は打てないよね?って場面とサザンにしか打つことがなかったので影うちでよかったかもしれない。

叩きでグライの毒玉を落とした後特性で毒らせた確率100%(3/3)。毎回おーーーーーーーいって笑ってた。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164605j:plain

デンジュモク

性格:控えめ

努力値4-0-0-252-0-252
特性:ビーストブースト
持ち物:拘りスカーフ

技構成:10万/ボルチェン/めざ氷/マジシャ

電気の一環が切れてない構築全般にイージーできる。切れてない=ミミマシャなので先発ジュモク裏ドヒドマシャで全勝している。

また、相手はジュモクに対して隙を見せることはできないのでZを消費せざるを得ないことが多いためボルチェンで逃げて試合を有利に進めることができたことも高ポイント。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164624j:plain

グライオン

性格:慎重

努力値212-4-12-0-212-68
特性:ポイズンビール
持ち物:毒玉

技構成:地震/氷の牙/羽休め/ステロ

構築を手堅くしているように見える諸説枠。

ステロはミトムのような回復ソースがないポケとのサイクル戦を有利に進めるために採用。

氷の牙はサザンの身代わりを破るため採用したが空元気の方がよかったかもしれない。

このポケモンもまた熱湯を撃たれないタイミングで繰り出す必要があるが、相手にすると普通にドヒドに投げてきて普通にギロチンぶっ放してくるし恐ろしい。ギロチン採用はねーよ

信用がなかったためあまり出さなかった。

 

 

  • 基本選出

 ・全対応出来そうな相手

サザンドヒドベトンorグライ

・サイクルできなさそうな対面相手

デンジュモクマーシャドー@1

 

  • 反省

ビルドZマシャがきつい

ステロまで撒かれたら止められない。

アゴとジュモクがきつすぎる

マシャの選出を渋った際にボコられた。

グライの型

諸説すぎる。

 

全く全対応じゃないしただ言いたかっただけです

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*サブロム*

f:id:shigumaaa:20181029145544j:image

最高1860(28勝2敗)、最終1856前後(37勝8敗)

結果4位

 

ドヒドイデサザンドラマーシャドーは上と同じのため省略

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164729j:plain

エレキブル

性格:勇敢

努力値252-156-0-0-100-0
実数値:182-179-87-115-118-103

特性:やる気

持ち物:突撃チョッキ

技構成:ワイルドボルト/岩石封じ/地震/ボルチェン

HD…C220ジュモクの+3 10万  ~51%

A…ワイボで無振りミミッキュ  73%~

       地震で無振りジュモク  93%~

C…ボルチェンでH252ドヒド  35%~

ルール発表初日に可能性を感じて信じて使ったというのは建前で、性格厳選中の5匹のうち2匹が色違いという変な運を使ってしまったため後に引けなくなった外国人と言えば?代表ポケモン

ベトンと比較するとジュモクには強めだがサザンダークライは見れない、ボルチェンによる対面操作ができるが相手にグライがいるだけで選出しづらくなる、など。

しかしジュモクに強いと言っても特性はやる気のため催眠Zにだけ殺意を覚えており、スカーフに対してはボルチェンで逃げられてゴリゴリ削られていってしまう残念ポケモン。でもジュモクいると90%は出してた。

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164752j:plain

ウツロイド

性格:控えめ

努力値4-0-0-252-0-252
特性:ビーストブースト
持ち物:拘りスカーフ

技構成:パワージェム/ヘドロウェーブ/サイキネ/ステロ

考察段階ではあまり信用なかったがよく選出した。

特性は100属を最速で採用する意味が薄いと感じたため控えめにしたが、ガモスに後投げしたときにエスパーZで飛ばされたのが2回、最速だったのが1回あったため全部返り討ちにされた。かなしい。

スカーフステロは個人的に好きなので採用。

f:id:shigumaaa:20181029152317j:image

マンダssはいいぞ 

 

 

f:id:shigumaaa:20181029164840j:plain

クロバット

性格:陽気

努力値60-172-52-0-4-220

特性:すりぬけ

持ち物:ヒコウZ

技構成:ブレイブバード/蜻蛉帰り/怒りの前歯/挑発

HB…マシャのシャドスチ+影耐え

A余り

S…最速125族抜き

火力も足りないし前歯の命中率0%(0/2)だし選出した半分は負け試合だしで変えるべきポケモン。ちなみにHが偶数で恥ずかしい思いをしたしなんだこいつ

 

  • 基本選出

・基本

 サザンドヒドウツロイドorエレキブル

・対面系

マーシャドー@2

 

  • 反省

サザンドヒド+何かの選出をする際にどうしても安定感がなくなる

エレキブルが必然的に出せる相手ならばまし

クロバットが微妙

グライオンでよかったか?

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  • 総括

30戦の段階で27-3,28-2と調子よく勝つことができたのはサザンドヒドへの理解が他の人よりもあったからだと思う。ただそこから勝ち悩んだのは自分の甘さを実感したのでもっと力をつけていきたい。

 

 

ここまで見ていただきありがとうございました(^。^)

 次のルールでも頑張りましょう!!

 

〜☆SpecialThanks☆〜

デンジュモクを貸してくれたRYO

マーシャドーを貸してくれたプクリン

一緒に考察してくれたてふ

【ピカブイ】2匹のねむねむイーブイ【最終1759】

おはこんこんです、お疲れ様でした!

ルール、環境等は四畳半さんhttp://yojyosyugi.hatenablog.com/entry/2018/07/31/201518 の記事に詳しく載ってるのでわからない方は先に見ていてください。

 

結果報告、自分用メモみたいな感じなのでそこまで長々と解説はしません。

 

⚪︎本ロム

f:id:shigumaaa:20180805214915j:image

結果22-8 最高1734最終167*

負…3.4.12.21.22.28.29.30戦目

負ける型…特殊ピカ、特殊or毒持ちアンコピカ、ノーマルZ特殊イーブイイーブイZ特殊イーブイ、軌跡恩返し眠るイーブイ、他(電磁波ピカチュートZ急所に1敗)

 

☆対眠るミラーPP合戦

・眠るを不発で終わらせないために毒を入れられる&攻撃技を狩らせる分の眠るPPに余裕があるならば早めに眠るを押す。

・ハイボを押す時は連続で押して相手に眠らせないように心がける。

・PP合戦になるとわかったら寝言は起きている時に使うようにする。

☆反省

・PP合戦で有利を取るためにハイボは恩返しでいい気がした

・ねごとを入れることにより役割遂行力を上げることができるが勝ちの幅を広げるために嘘泣きなどでもよかったかもしれない。参加する前に嘘泣きを寝言にしたが正解だったかはわからない。

・結果論だが、回線がいい方ではないため、サブのように比較的早く終わる型を使うべきだった(21戦目に勝ち確PP枯らし中回切れ)

⚪︎サブロム

f:id:shigumaaa:20180805220218j:image

結果24-6 最高最終175*

負…1.6.7.11.24.25戦目

負ける型…A振り猫きあパンZ、S負け&確2取られるイーブイZ、欠伸恩返し石火軌跡イーブイ(最長眠り)、意地スカーフイーブイ

 

努力値振りについて

・Hを削りピカチュウをほぼ切った形にして、H振りミラーに確2とれるCと85辺りまでSを振ってもよかったかもしれない。

・Sを意地スカーフイーブイ抜きまで振るつもりだったが振り直すのを忘れていた。

 

☆眠るいびきについて

2日目の夜にある方と考察していた時に教えてもらった。欠伸守るイーブイZに対して怯み込みで有利をとれると思ったが、なぜかみんな初手イーブイZから入ってきて悲しくなった

 

☆反省

・上に行くためにはミラーで勝てるようにするべきだった(24.25戦目ミラー負け)

・いびきで拾った試合もあったが他にいい技があるのかもしれない

 

 

 

⚪︎総括

初日はピカチュウ多め、2日目は軌跡イーブイが勝てる、3日目はZイーブイが勝てるみたいな環境だった(多分)ので決して悪くはない選択だった。ただ、甘えるイーブイに関しては諸説。

マッチングに関しては17台で15前半を3連続で引くことがあるなど決して良いとは言えなかったが比較的に事故ることがなかったのでよかった。

自分は最初の数戦で負けているため25-5などの人に最終が勝っている可能性があるのは救い。

 

 

ギリギリ2ページ目くらいだと思っています。雑ですがここまでありがとうございました!!

 

追記

結果が出ました…!!

 

 

 

 

 

1ページ目頼む!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shigumaaa:20180814131239p:imagef:id:shigumaaa:20180814131208p:image f:id:shigumaaa:20180814131213p:image

 

 

4

【USUMs7最高2106最終19**】special・S

はいどうも

今作からアーゴヨンなどの新UBや教え技などが新しい要素として加わり、環境も一週間とかでいろいろと変わった(らしい)のもありずーっと迷走していた。積み展開やシズクモ+めざ地ゴツメジャロなどいろいろなものを触っていたが、どれも2030からは上がらず…(一応それでも自己最高更新) そこでメガ枠のグロスから考えていき、なんとなくできたものを回しててみたら自身初のレート2100を達成することが出来ました。

 

〈使用PT〉

f:id:shigumaaa:20180123213609p:image

 構築名は上からそれぞれsteel.sun.sand.swagger.scarf.sporeの6つのSから

強引とか言わない何も思いつかなかったししゃーなし

ちなみにボルトは威張りません

 

〈構築経緯〉

ジャロシズクモを使っていた時に補完として入っていたアムハングロスがナットやポリ2をサイクルの中で返り討ちにできたことから強いと思いスタート。次にグロスの上から殴ってくる初手に来やすい高速アタッカーを持っていけるスカーフ。 そこで初手ゲッコウガの持ち物をカモフラージュしつつそこそこいたハッサムサイクルへの崩しとして電気Z。ここまでメガゲンガーやガルド、バシャーモがきついのでイアの実。物理受けが欲しく、定数ダメを稼げるゴツメ。最後に受けルや対面性の高さ、崩しの性能ももつ剣舞を採用して完成。

 

 

〈個体紹介〉

メタグロス@メガストーン

 

 陽気 155-187(252)-150-*-111(4)-134(252)※メガ前

アイアンヘッド・冷凍パンチ・雷パンチ・アームハンマー

特に調整はせずにASに振り切った。 中盤によく見たマンダナットドランはボルトと一緒に崩していた。アムハンはナットレイカミツルギポリゴン2ブラッキーに交換読みでよく打っていた。が、この構築だとガルドが裏にいることが多かったから地震の方がよかったのかもしれない。

確率を押し付けるのは強いと再確認できるポケモンでした(アイヘおっけい)(パキパキパンチ)

 

 

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

 

やんちゃ 147-161(252)-87-124(4)-81-174(252)

ダストシュート・岩雪崩・冷凍ビーム・蜻蛉返り

 誘う先発コケコをよく吹っ飛ばしてイージーWinさせてくれた偉い子。技構成は草結びや水技など欲しかったがこれしかないと思う。 初めて使ってみたものの蜻蛉の火力が結構あって驚いた。拘っているので相手に起点されないように選出したり立ち回らなければならない。

 

 

・化身ボルトロス@デンキZ

 

 臆病 155(4)-*-90-177(252)-100-179(252)

10万ボルト・めざ氷・悪巧み・挑発

 懐かしく感じさせてくれる背中だった。 霊獣ボルトと違う点は110属を上から抜けることと優先度からの挑発で確実に展開を防ぐこと、これだけで充分に感じた。 こいつを通していく勝ち方が多かったし21チャレは三縦してくれたので採用してよかった。

 

相手視点からするとわざわざボルト使ってるからゲコもいるし襷+残飯とかやろ!と思ってほしく採用したのが8割なんだけどね(実際にどう考えられたのか知りたいから当たった人は教えてほしい)

 

 

ウルガモス@イアのみ

 

控えめ 185(196)-*-102(132)-176(36)-126(4)-138(140)

 大文字・ギガドレインサイコキネシス・蝶の舞

http://asami1108.hatenablog.com/entry/2017/11/10/164617 さんの参考にさせてもらいました(許可済)。想像以上の活躍をしてくれた。バシャをフレドラの反動+サイキネで倒し、残りで詰める動きがよく刺さった。 舞わないとサイキネでアーゴヨンが~102%と本当に火力が足りてないので出し時を考えないといけない。

 

最終日前日から最終日にかけて岩技持ちバシャーモに3連続で負けたことからレート落ちが始まってしまった気がするが仕方ない、うん

 

 

 

カバルドン@ゴツゴツメット

 

腕白 215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67

地震・氷の牙・欠伸・怠ける

特に語る必要が無いポケモン。 無難に硬くて強い。

 

キノガッサ@きあいのタスキ

 

 意地っ張り 135-200(252)-101(4)-70-80-122(252)

タネマシンガン・マッハパンチ・キノコの胞子・剣の舞

今まで陽気岩石封じの子しか使ってなかったがプンレク配信者のを見て強そうと思い使ってみたところとても使いやすかった。剣舞があることで死に出しで出てくる先制技がないポケモンに負担をかけることができるのが非常に強かった。 

 

〈選出〉

基本選出は特になく、相手によって変えていく。選出率もカバルドンが若干低いくらいであとはどれも同じくらい戦わせた。

終盤に上位層の方達が使っていたカバマンダゲココケコガルドはほとんどが初手コケコから入ってきたのでゲッコウガでアドを取っていた。しかし最終日には警戒されてガルドに引かれていたので勝てなくなっていた。 所詮は初見殺しであるので完成度が高いパーティを作れるようになりたい。

対受けループはガッサでムドーを強引に倒し崩していた。ゲンガー入りはゲッコウガボルトロスを絡めてどうにかするしかない。 バレル入りは降参。

 

〈結果〉

最高f:id:shigumaaa:20180123210650p:image←最終日5日前くらい

最終1923(そこからパーティ変えて結局1830くらい(^。 ^))

 

 

〈2100帯での唯一の試合内容〉

ゲッコウガが初手の珠コケコに先手を取られてあっさり負け!w  サブロムでスカーフポコモンを使って戻すのを忘れているアホさ、さすがに本人も笑うしかない

f:id:shigumaaa:20180123211438j:image

 

〈最後に〉

とりあえず1つの目標としていた2100にいけたことは素直に喜んでおきます。しかし、今期はだいぶインフレしていてうまく波に乗れた感じがしたけどそこから勝てなかったため、来シーズンからはもっと上へ行けるように頑張ります! ここまで見ていただきありがとうございました! 来期も宜しくお願いします!!

 

質問があれば@zenchino115 まで